}

萩原悠.com 2017年 アクセスランキング BEST30 •̀.̫•́✧

どうも、あけおめ!萩原悠です!

今年もやります、萩原悠.comアクセスランキング!

このページでは2017年一年間でのアクセス数ベスト30のページを紹介します。

別にアクセスが多かったからなにがえらいとかすごいとかではないのですが、

それだけ役に立ったページだと思い込むには十分なデータかなと。

とか言ってわざわざこんなページ作るのは自分を褒めてあげるだけかもしれませんw

もしよかったらおつきあいくださいませ!



スポンサードリンク

このランキングの見方


このあとアクセスランキング第30位からカウントダウンしていきます。

気になったページ、役に立ちそうなページがあったら是非立ち寄ってください!

過去のページなのでちょっと情報が古かったりリンクが切れてたりするかもしれませんが、

それは→2018年の目標にも入れてます、これから改修していきます!

ちなみに、今年は
  • 執筆日
  • 2016年のランキング(30位以内に限る)
  • 2015年のランキング(20位以内に限る)
も記載してみました。

このページでは2017年1月1日〜2017年12月31日までの集計なので、

当然それより前に公開したページの方がランキングに入りやすいわけです。

ですが今年はなかなか豊作で、30位以内に2017年公開のページがなんと11ページも!

これは書き方がようやく上達してきたってことですかね。

喜ばしい!

あとちょっと面白いのは、公開日が軒並み”○月28日”とかの月末に集中してること。

2017年は月内になにをアップするかを決めて取り組んでいたので、

締め切りに追われる姿が目に浮かびますねw

ではいってみよう!


第30位:ワシントン条約とローズウッド材



これはコラムのように見えてニュースです。

2017年、ワシントン条約

通称CITES(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora(後半が略語に活かされてないww)

によってローズウッド種の木材が絶滅危惧種認定されました。

ローズウッドというのは楽器の世界では広く使われていて、

それらの楽器が簡単に輸出入出来なくなりました。

楽器業界はじわりと在庫不足、価格高騰の道を歩んでいます。





第29位:インシュレーターとは



数少ないDTMer用の記事!

どんなにいいスピーカーを手に入れても、それが活かされる環境でなければ意味がありません。

インシュレーターはスピーカーの下に置いて……

というより、モニタースピーカーをこのインシュレーターの上に置くのです!

そうすると余計な低音が響かなくなり、マスキング効果がなくなり高音域もスッキリ、左右の定位もわかりやすくなる!

いいことだらけの、まさに縁の下の力持ち!

DTMerの必需品です、是非導入してね!

(2018年はDTM関連もいっぱい書くつもりです)




第28位:VOX / Adio Air GT



自宅練習用アンプでまたひとつ新しい革命製品が!

モデリングアンプとしていろんなサウンドが出せるのはもちろん、

個人的にはBluetoothスピーカーとして使えるところが気に入ってます。

しかもめちゃめちゃいい音だし。

YAMAHA/THRの独壇場を崩した革命のジャンヌダルクです!

2017年6月末に公開したページなので、

実質2017年の下半期だけでこの順位に食い込んだというのがAdio Air GTの人気の高さを物語っています。




第27位:ハミングバードとダブの違い



え、このページが?

ちょっと意外でしたが、これがブログの面白いところです。

みんな気になってるんですね、ギブソンのハミングバードとダブの違い。

どちらも同じ、デカいアコギ。

ピックガードには鳥が描かれている。

あ、それがハチドリなのかハトなのかの違いか!

それだけ?

そんなわけねーだろww

ってことで比較をまとめました。




第26位:SHURE SM58



ボーカル用マイク不動の大定番!

よくわたしは皆に言います、

SM58を知らずにマイクを語ることなかれ!

それぐらい基本となるダイナミックマイクです。

まずはこのマイクを使いこなしてね!



第25位:Ibanez GSR320



ベースを始める方はもうみんなこれでいいよ!

軽いボディと薄いネックは初心者さんでもめっちゃ弾きやすい!

作りもまぁまぁよくて、これで2万円台!

キャンペーンやってればチューナーとかストラップとかもついてくる!

コスパ最強のGSR320と、木目がカッコイイGSR370

音や機能は全く同じなので好きに選べ!




第24位:FG820とFS820の違い



ヤマハの入門用アコースティックギターの代表格であるFGシリーズ

最近はめちゃめちゃよく似たFSシリーズってのもあります。

……なにが違うの?

そんな疑問に答えます!

FSSは Small……あ、いや、Shortかな……Smartかな……

え、わかんねぇや、でもつまりそういうこと!



第23位:10万円でおすすめのエレキギター



このシリーズはもう狙って書きました。

絶対求められてるって。

ってことで、販売店さんやメーカーさんともつながりのある今の立場と知識をフル活用しておすすめブランドを紹介しています。

10万円の予算だったら割と各メーカーが本気出して作ってきてるし、

だからこそ悩みますよね。

そんなときはこれ見てね!



第22位:1万円で買える激安ギター特集!



ギターって今や1万円を切る値段でも買えちゃうんです。

正直作りの悪さは最高ですww

でも、そんなのわかった上でもしょうがない、予算ってのは限られてますもんね。

ってことで、1万円程度で買える激安ギターをまとめました!



第21位:ゼンハイザーe935マイクのレビュー



ダイナミックマイクとしてはめちゃめちゃスッキリとしたクリアなサウンドがするゼンハイザーのe935

さわやか系女性ボーカルは是非このマイクを使って欲しい!

微妙な型番違いのe945とかe835との違いもしっかりまとめましたので、

マイマイクの購入を検討中の方は是非!

みなさんの知り合いでもマイク迷ってる人がいたら教えてあげてね!



第20位:
何故ギタリストは何本もギターを買うのか



ギタリストって結構たくさんのギター持ってる人が多いんですよね。

なんで?

同時に何本も使うわけでもないし、結構な値段するぞ?

中古のギターってのもあるから、売ればそこそこのお金になるっていうのになんで売らないの?

てかまた似たようなギター買うの?

そんな理由をがっつりと書きました。

ギタリストさんたちには沢山共感してもらえて、

ギタリストの家族とかパートナーにはしみじみと呆れられるという、そんな良記事になってますw



第19位:Marshall CODE25アンプ



ロックギターアンプの雄であるマーシャルアンプ。

その伝統をガッツリと覆すような、いや逆に全てを踏襲しているような、

そんなモデリングアンプが登場です!

なんと過去のマーシャルアンプのサウンドが全てデジタルで再現されているというとんでもない製品なんです!

自宅用サイズからライブ用サイズまで豊富なラインナップです!



第18位:Audio Technicaコンデンサーマイク比較



Audio TechnicaATシリーズはリーズナブルだし、音質もクセがないので使いやすい!

初めてのコンデンサーマイクはこのあたりから使い始めるのがいいと思います!


この記事は以降ちょこちょこ書いてる比較系記事の先駆けであり雛形になったページで、

今見返したらこのときに
  • 表でデータをまとめる
  • それぞれの特徴を順に紹介する
  • どんな人にはどのモデルがオススメか明確にする
  • 個人的にどれがおすすめかもしっかり言う
という流れが出来たんだなと気付きました。




第17位:Gibson J-15



主催イベント“アコ庭”を開催するために購入したギブソンのアコギ、J-15についての記事です。

そりゃみんなJ-45が欲しいですよ、でもやっぱり予算ありますもんね。

ってことで、結構J-15いいですよ!

書いた当初はこんなみんなに見てもらえる記事になるとは思ってなかったので、

あまりレビューっぽくなくて、

「結局このギターにしましたー!」

的な緩い記事です。今年少し内容を買い換えようと思ってます。



第16位:ヘッドフォンアンプ Amplug2



新時代のギターアンプ!!

ヘッドフォンで聴くんです!

これが全部なんです!

3,000円台で買える!結構音質いい!エフェクトも入ってる!AUXinもある!種類も豊富!

今の日本の住宅事情を考えたらこの消音エレキギターアンプはめっちゃ便利!


第15位:BOSS MS-3マルチスイッチャー



BOSSからまた新しいエフェクターが!

え、エフェクター?スイッチャー?

その両方です!

スイッチャーなのに100を超えるエフェクトが入ってる……

いや、マルチエフェクターなのに3つの外部ループを持っている!

もうどっちがどっちだかわからないけど、そんなすごいやつです!

正直2018年、買おうと思ってます!

(追記:買いました!)



第14位:セミハードケース



ソフトケースじゃ保護が不安、でもハードケースは重くて不便。

そんなみなさん!

セミハードケースにしよう!


軽いのに丈夫、背負えるしネックの保護も万全。

おすすめのSELVAのセミハードケースはポケットも多くてコスパも最高です!


第13位:10万円で買えるおすすめエレアコ



10万円という絶妙な予算でのエレアコ選びをサポートするページです。

入門アコギでは物足りない、でも上を見るときりがない……

とりあえず10万前後でどうかな。

そんな方は是非こちらのページを参考にしてください!



第12位:Roland JC-22



クリーン系ギターアンプの代表であるRoland ジャズコーラス

そのジャズコの家庭用サイズが登場!

こんなに小さいのにやっぱりサウンドはジャズコーラス!

このアンプを使って自宅で音作りしておけばスタジオでもライブハウスでも即完成された音!



第11位:JUNO-DS / Roland



バンドでキーボードをやりたいならとりあえずJUNO-DSにしちゃっていいです!

それくらいよく出来てます。

簡単に音色選べて、スプリットもレイヤーもワンタッチ。

光るパッドには音色切り替えをアサインしたりSEをサンプラーの様にアサインしたり、簡易シーケンサーとして使うことも出来ます!

1000音色を超える膨大なライブラリーを是非ご堪能ください!



第10位:THR10、THR10C、THR10Xの比較



ヤマハの自宅用ギターアンプTHR10

かなり評判いいのですがよく調べたらいろんな機種があるじゃん!

XとかCとか何が違うの?

それはですね、サウンドのキャラクターが違うんです!

機能はほとんど一緒!

どんなジャンルが好きかで選びましょう!

Classicか、EXtremeか!!



第9位:防水スプレー AMEDAS



ここへ来て全くの雑記!!

わたし靴が好きなんですけど、防水スプレーはこれが最強らしいです!

汚れも防いでくれるし、新しい靴を買ったらとりあえずこれ吹きかけてます!




第8位:機材運ぶならマグナカート



いわゆるガラガラってやつです。

台車ね。

ミュージシャン界隈では一番人気だと思いますが、

使ってみたらわかります、ほかのキャリーとは別格の使いやすさです。

こちらを長年使い続けているわたしから、

マグナカートの5つの長所と7つの短所(多いww)を一挙紹介します!




第7位:ポップガードとは



コンデンサーマイクを使うなら必須です!

マイクにポップノイズが入るのを防ぎ、

人間のクチという超湿気地帯からの湿気を防ぎます。

コンデンサーマイクを持ってるのにポップガード持ってないなんて考えられません!

必ず用意すべし!



第6位:初心者におすすめ,PACIFICA



初心者ギタリストはみんなこのパシフィカから始めたらいい!

それくらいおすすめのエレキギターです。

3万円でこれはよくできていると思うな。

カラーバリエーションも豊富なので、

きっとこの中からお気に入りの1本も見つかると思う!



第5位:安いギターの注意点



ギターって見た目が同じでも値段がかなり違いますよね。

でも、そんなになにが違うもんなのでしょうか。

値段が10倍違っても、質は10倍とまではいきません。

じゃあどんなところが……

というのを、11の項目にわけて紹介したいと思います!




第4位:YAMAHA THR10



自宅練習用ギターアンプとして最高峰でしょう!

YAMAHAのTHR10!!


真空管アンプっぽい歪みサウンド、

ヤマハのホームシアタースピーカーの技術を応用したエクステンデッドステレオ機能、

オーディオインターフェイスとしても使えるなどなど、

“自宅用アンプは小さい音で音が出るだけでOK”

という時代を終わらせたパイオニアです。






第3位:5万円でおすすめのエレアコ



手軽にエレアコ始めるならまずはこの辺のラインナップから!

とりあえずエレアコを集めたので、ライブをやるにも安心です!

リーズナブルながらも完成度高めの製品をまとめてみたので、

あとは自分の使い道と……見た目で決めていいと思います!



第2位:予算15万のおすすめアコギ



これが初めての“○万円のおすすめギター”系記事でした。

自分がJ-15を買うときに散々色々迷ったという体験を、

そのままブログに書き残しておいたというのが始まりで、

まさかこんなに人気コンテンツになるとは。

やっぱりみんな予算ありきで下調べしますからね。

自分が知りたかったことはみんなも知りたいことなんだということに気づき、

以降は些細なことでも体験をブログに残しておこうと決めました。

そんなきっかけになったのがこの記事です!




第1位:BOSS GT-1



2016年9月に公開して、2016年の年間ランキング1位になってしまったほどのバズり記事が今年も堂々の一位!

それだけこのエフェクターはすごいんです!

驚きの音質ってほどでもないんだけど、

この価格このサイズでこの音質だったらやっぱりすごいですよ!

自分が学生のときに出会ってたらどれだけ幸せだったか!

でもね、わかってます、こんな便利なものがなかった時代だったからこそ、

今わたしはエフェクターが好きなんです。

それくらい時代を変えたエフェクターです。

さすがBOSS!!


まとめ


2017年はギターに特化した記事を多く書いたため、

それっぽいランキングになりましたね。

でもまだ全然書き足りない!

もっと書きたいことめっちゃある!

ってことで、2018年もよろしくお願いします!


2016年 アクセスランキング BEST30 (*´ڡ`●)


2015年 アクセスランキング BEST20\(・ㄇ・)/









コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }