}

おすすめ自宅用小型ギターアンプまとめ

どうも、萩原悠です!

エレキギターはアンプがないと全く楽しくないので、

必ずアンプが必要になると思いますが、

どれにしたらいいのかわからない!

最初ってどれがいいの?

今はどれが流行ってるの?

そんな話をよく聞きますので、ここらでまとめてみようと思います!


Sponsored Link

自宅練習用アンプ


それでは早速紹介していきますね!

詳しいことはそれぞれ別ページに書きましたので気になったアンプは是非リンクから飛んでください!

Sponsored Link

Vox Pathfinder10







全世界で一番売れている自宅用ギターアンプです!

5,000円程度というコスパも素晴らしいし、とりあえず迷ったらこれでいいと思います!

それくらい信頼と実績を持ったアンプで、”初心者セット”にもよくこのアンプが含まれています。

むしろこれより小さい(安い)アンプだとろくなのがないですw





YAMAHA THR10






家庭用ギターアンプの歴史を変えた(とわたしが思ってる)革命的アンプです!

この小ささでこの真空管風サウンド!

コーラスやリバーブをかけたときのステレオ感!

豊富なラインナップ!

自宅用に3万円(ワンサイズ落としたTHR5なら2万円)はちょっと高いかもだけど、やっぱり最強のアンプです。




ROLAND JC-22



あのジャズコーラスが部屋にやってくる!

今やどこのライブハウスにもスタジオにもあるソリッドステートアンプの代表格であるJCシリーズ

家庭用サイズで登場です!

出力サイズはもちろん小さいけれど、このサウンドはまさにジャズコ!

エフェクターで音作りする人に好まれるジャズコが家でも使える、つまりは家で作った音ほぼそのままライブで使えるということ!

便利!





BOSS KATANA-MINI



BOSSが最近力を入れて開発している“刀アンプシリーズ”からまさかの自宅用サイズ!

この小ささでもKATANAを語るだけあって、特に歪みサウンドなんかはとてもよくできてます!

1万円だったらとりあえず買っちゃってもいいのかもしれない……





VOX Adio Air GT



THRに匹敵するアンプが現れたなって感じ。

数多くのモデリング、THR以上に豊富なエフェクト、軽量、電池駆動……

これはすごい!

めちゃめちゃ音がいい!

しかもかっこいい……

Bluetoothスピーカー機能もついてるってだけで危うく買いそうになりましたw




ライブでも使える


ここから先はラインナップにサイズ違いなどもあって、

小さめのライブスペースだったらライブでも使えちゃうモデルです!

MARSHALL CODE



歪みアンプの雄、マーシャルから、なんだかとんでもないアンプが出ています。

歴代のマーシャルアンプの全てが自社モデリングにて収録されています!

今となってはビンテージになっているアンプや、サイズが大きすぎて持ち運べないアンプも全て内臓されていて、

しかもそれらを自由にワイヤリング、そしてエフェクトもかけられる!

これはマーシャルの歴史が作り上げたロマン!

サイズの大きいCODE50はライブでの使用も可能な十分な出力です!





FENDER MUSTANG GT



CODEがMarshallの歴史の集大成なのにたいして、

こちらのMUSTANG GTはFenderの歴史の集大成です!

カラーディスプレイを見ながらアンプやエフェクトを操作して、もはや作れない音はないというほど!

これはスピーカー内臓マルチエフェクター兼アンプシュミレーターだと思う。

小型アンプもついにここまで来てしまったのね……




ROLAND Acoustic Singer



こちらはアコギ用アンプ。

アコギの音をかなり自由に作り込めることだけじゃないっす。

40秒のフレーズループがついているので、バッキングをループさせておいてそこにソロを載せるなどの使い勝手のよさ。

最大の特徴はマイク端子を装備していて、そちらも十分すぎる音作りができ、そして曲のキーを自動検出してハモりをつけてくれる機能があります!

めちゃめちゃおもしろい!

ちょっとしたカフェライブとかに大活躍する予感ですね。




番外編


“家庭用小型アンプ”のくくりにするとちょっと違うかも、でも紹介しておきたいのがあるので見てくれ!

MARSHALL MS-2



これは超小型アンプ……というより、もはやインテリアですねww

安かったから買ったけど、玄関を彩るオブジェとしてのみ活躍しています。

いやそのつまりで買ったからいいんだけども。

繋げばちゃんと音は出ますからね!




VOX Amplug2



これはギターのアウトプット端子に直接挿すタイプのアンプで、

ヘッドフォンアンプと呼ばれるようになりました。

このヘッドフォンアンプの分野には一応ほかのブランドも参入しているけれど、

いやいやVOXのAmplug一択でしょう!

それくらい他社に大差をつけて圧勝しています。

音色の種類も豊富なのでお好みで!





アンプの使い方


一応、おせっかいかもですが初心者さん用にアンプの使い方もまとめました!

アンプの音の出し方



アンプってのはとりあえず繋げば音が出るんだけど、そんなこと言われても最初はよくわかんないですよね。

順を追って説明します!




ゲインとボリュームの違い、使い分け





アンプにはゲインってのとボリュームってのがあって、

どちらも音量が変わるんだけどこれってどう使い分ければいんだろう?

むしろどっちががゼロだと音出ないんかい!

ってことで、それぞれの役割について説明します。






音が出ないときは



アンプから音が出ない!

そんなときは慌てずにこちらのページを見てください。

だいたいが初歩的なミスだということに気づくから!




これからもちょくちょく更新します!


そんな感じで、アンプに関してまとめてみました。

今後も少しずつこのページは加筆される予定なので、どうぞよろしく!





Twitter(→@hagiwarau)からもお待ちしてます!

初心者さんのためのギター講座ページを作りました!







sponsored link

IBanner_Review_02.jpg












萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }