}

おすすめのオクターバーエフェクターまとめ

どうも、オクターバーにちょっとハマってました萩原悠です!

やっぱりコンパクトエフェクターって楽しいですね!

最近はオクターバーにハマってて、

複数台買ったり借りたり試奏したりしましたので、それらのまとめをしたいと思います!

それぞれ個別にレビューページがありますので、気になったエフェクターは是非ページを読んでくれると嬉しいです!



おすすめオクターバー一覧


まずはここで紹介するオクターバーをざっと一覧にしたいと思います。







OC-3 王道,ポリフォニック,歪み 1万円ちょい
OC-22oct下,アナログ廃盤
POG2 超速,2オクターブ上下,ポリフォニック,多機能4万円前後
nanoPOG超速,オクターブ上下,ポリフォニック3万円前後
QUINT MACHINE 5度上,ポリフォニック約20,000円
Sub’n Up mini小型,意外と多機能一万円ちょい
EOT-01激安3,000円

それぞれのモデルについてちょっとだけお話しますね!

BOSS / OC-3






ギター用エフェクターといえばBOSS!!

そんなBOSSさんの最新オクターバーです。

ポリフォニック検知の精度もいいしこれが1万円ちょいで買えるのは本当にすごい!

しかもドライブモードもあって、これ単体で歪みます!

デジタル臭くはなるけれどかなりかっこよくて好き!

モード切り替えで2オクターブ下も一応出ます!

【BOSS/OC-3】SUPER Octaveポリフォニックオクターバーで和音も検出してくれる!


BOSS / OC-2



BOSSのOC-3が出る前の機種。

基本的にOC-3の多機能っぷりに完敗ですが、

OC-2はアナログオクターバーなんです!

それ故に雑で暖かいサウンドはなにものにも代えがたい!


BOSS OC-2とOC-3の比較

ELECTRO-HARMONIX / POG2






1oct下、2oct下、1oct上、2oct上のそれぞれのバランスを細かく決められる上に、

アタックタイムの調節、ローパスフィルター、デチューンなどなど、

かなり色んなサウンドが作れる超すごいやつです!

しかもセッティングを複数プリセットしておくことが可能なので、色んなセッティングを瞬時に読み出すことが出来ます。

本当にすごすぎる……

エレハモ POG2のレビュー!nanoPOGの違いも比較!



ELECTRO-HARMONIX / nanoPOG






POG2から一番基本の機能だけを取り出してシンプルにしたのがこのnanoPOG

POGシリーズの超音質、最速検知はそのままに、1oct上下のみになりました。

サイズも小さめでボードにも嬉しい!

nanoPOGは検出速度最速でオクターブ上も出るしポリフォニック!!


T-rex / QUINT MACHINE



なんと言っても5度上が出せるという面白いオクターバー。

単弦パワーコード奏法(今名前つけた)も出来るし、オルガンのような広がりも持たせることが出来ます。

これでしか出せない煌びやかさサウンドは是非一度体感して欲しい!

T-rex QUINT MACHINEは独特の使い心地で好き!


TC Electronics / Sub’n up mini





TCのSub’n upの追従性にもびっくりです!

POGほどではないけれど瞬発力があって明るいサウンドです。

ミニサイズの方でもほとんど出来ることは変わらず、個人的にはコチラがおすすめです!







RevoL effects/UP OCTOVER EOT-01



とにかく安い!

税込3,000円だったので買っちゃいました!

まぁまぁそこそこです!

急遽必要になったならこれも視野に入れていいと思います!

RevoL effects/UP OCTOVER EOT-01の機能や音質をレビュー!



まとめ:オクターバーも奥が深い


オクターバーなんて、ただオクターブ下を生成するだけであまり面白くないと思ってました。

でも実際にいじってみると楽しいですね!

それぞれにこんなに個性的なサウンドになるのかという発見もあったし、

どれも違ったインスピレーションを与えてくれるので違ったフレーズが思いついちゃうし。

是非みなさんも自分にぴったりな一台を見つけてみてください!


ってことで今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!













sponsored link

  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点

  • IBanner_Review_02.jpg



















































    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }