}

音楽の基本!Cコードを弾いてみよう!

どうも、レッスンとかやってます、萩原悠です!

作曲のお仕事よりレッスンに力を入れてる昨今ですが、

やっぱり始めのうちはコードをひとつずつ覚えるのがいいですね。

このページでは、音楽の基本とも言えましょう、Cというコードをやっていきたいと思います!


スポンサードリンク

Cコード


LowChord 13
これです!

最初に教わる方も多いかもしれません。

とてもよく使うことになるコードなので、是非ともマスターしてください!


Cコードとは


C
まずは簡単に理論のお話。

超簡単に済ますから一応読んで!

コードってのは、全て楽譜に置き換えることが出来まして、

Cコードってのはつまりドミソの和音なんです。

これ、音楽業界では基本になる和音なため、ギターを弾けるようになろうってタイミングでもこれを最初に教える人も多いです。

個人的にはギターの場合あんまり初めてのコードに向かないような気がするんだけれど……まぁよい!

とにかくCはドミソである、一応頭の片隅に入れておいてください!

Cコードの押さえ方


ChordTab 5
では早速押さえてみましょう!

この画像、見方わかりますか?

横線が6本の弦で、縦線がフレットですね。

フレットってのはこの銀色の金属のこと!

IMG 8771 2
つまり、上の図のように押さえるとこうなります。

LowChord 13
人差し指が2弦、中指が4弦、薬指が5弦です。

この状態で弦をジャラ〜ンと弾く!

一番手前にある一番太い弦、6弦は弾かないほうがいいです!

5弦,4弦,3弦,2弦,1弦を肘の振りで弾きます。

綺麗に鳴りましたか?

これがCというコードです!

Cコードを綺麗に鳴らすコツ


初めてギターを触る方にとって、このCコードはなかなか難しいんじゃないかな。

今まで生きてきて指をこんな不自然な形にしたことないですもんねww

しかも、ちゃんと押さえたはずなのに何故か音がペタペタしてしまってジャラ〜ンにならない。

むむむ、見えるぞそなたの指が!

そしてうまく鳴らないその原因が!

指が寝ちゃってるんですよね。

こんな感じになってませんか?

LowChord 41
指がうまく立てられてないと、隣の弦にぶつかっちゃうんですね。

指をできるだけ真上から下ろす、これがポイントです!

コードをきれいに押さえるコツは別ページにまとめましたのでそっちを見てね!

▶︎ギターのコードを押さえるためのたった2つのコツ

それと、Cコードに限っては、遠い指、つまり薬指から順番に押さえていくってのもうまく押さえられるコツかもしれません。

人差し指から押さえていくとどうしても手首の位置が下がってしまいがちなので!


6弦は鳴らさない


6弦は鳴らすなと言われても、これが結構難しいですね。

じゃかじゃかやってるとどうしてもピックがあたってしまって音がバイーンって鳴ってしまいます。

極力ピックを当てないということのほかに、6弦を指でちょっと触ってミュートするという手段があります。

ミュートとは


ミュートとは、日本語で言うと消音

つまり音を鳴らさないためのテクニックです。

ギターの弦って、結構しっかり押さえないと音が鳴りませんよね。

それを逆手にとって、中途半端に触っておくことによって、その弦を弾いてしまっても音が出ないで済むというわけです。

Cコードを押さえるときは、是非6弦をちょっと触っておきましょう!


……どの指で???

薬指でミュート


まずは薬指でミュート。

と言っても、薬指は5弦を押さえるというとても重要な仕事があります。

ミュートの仕事も兼ねるなんて出来っこ……ある!!

LowChord 43 2
わかりますか?

5弦を押さえて音が出るようにしながらも6弦にちょっと触ってミュートもしている。

コイツ……例えるならゼノと戦いながらシルバへの警戒も全く怠らないクロロ=ルシルフルのよう。(わからなくて結構ですw)

親指でミュート


突然の親指参戦!!

こうなります。

LowChord 42 2

ニョキって感じですねww

シェイクハンドのコードのように押さえるわけでもなく、ただちょっと触るだけ。

ただちょっと触るだけ……痴漢かよ。

で、わたしはなんならこのとき、薬指もちょっと触れてます。

つまり親指と薬指の二枚ブロックということですね!

ミュート大事!


ミュートをしておかないとCコードにとって必要のない音がなってしまうので、

是非このミュートもセットで覚えましょう!

でもまぁDコードの6弦と比べたらそこまで”鳴らしてはいけない音”ではないので、

始めのうちはそこまで気にしなくてもいいとわたしは思う……

Cコードをちょっとおしゃれに


このCというコードが弾けるようになったら、それにちょい足しでCのバリエーションコードが作れるようになるのです!

今すぐ使うかどうかは別として、綺麗な響きのコードなので是非やってみてください!

CM7


ChordTab 13
シーメジャーセブンス
と読みます。

これはもう超簡単!

Cコードを押さえて、そこから人差し指を離すだけ!

めっちゃ簡単!

それでいてこの美しい響き……

え?

なんか音が濁ってるって?

それはね、チューニングが合ってないからです!

メジャーセブンス系の繊細なコードはチューニングに敏感です。

チューニングをしてからもっかい弾いてごらんなさい!

とても綺麗だから!

▶︎チューニングの仕方を改めてお教えします!


Cadd9


ChordTab 15
みんな大好きアドナインス!

もう最高ですよね!

Aadd9やDadd9は全弾き語りアーティストが色んな曲で使いまくってますが、

Cadd9はそこまででもないかな?

でもとても綺麗なコードなので、Cを押さえたら小指をそっと2弦に置いてみてください。

新しい世界の扉開けちゃいます。


まとめ:Cコードは絶対早めに覚えるべき必須コード!


さて、弾けるようになりそうでしょうか?

このCコードは色んな曲を弾いてると何度となく出てくる、超大事なコードなんです。

絶対弾けるようになりましょう!

ってことでこのページではここまで!

続きはまた別のページで!





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }