}

Bmを弾いてみよう!

どうも、みなさんギターは着々と弾けるようになってますか?
萩原悠です!

コードも4つ5つとちょこちょこ弾けてきて、バレーコードってのもおぼえてきた頃でしょうか。

このページではBマイナー(Bm)、そしてCマイナー(Cm)の押さえ方を紹介します!

スポンサードリンク

Bマイナー


ChordTab 27
ではやっていただきましょう!

こちらがBマイナー(Bm)です!

ちなみに、もうFBbは押さえられますか?

まだ押さえられない人にとってはこの図を見てもさっぱり弾ける気がしないかと思います。

人差し指どうしたwwwwってなりますよね。

これは人差し指の先で5弦を押さえて、人差し指の腹……付け根あたり?で1弦を押さえるという曲芸です。

それに他の3本の指も加えて、こんな感じになります。

LowChord 45
どうでしょう、なんとかなりそうかな?

割とFやBbよりあとに練習し始めることの多いこのBmですが、実はFよりBbより簡単です!

頑張って押さえられるようになろう!

Bマイナーの押さえ方のコツ


どうしても開放弦を使ったAとかDとかEとかに比べたら難しく感じてしまうのがバレーコードたちの宿命。

しかしこのBマイナーは、実は手の形的にはFとほとんど一緒なんですよね!

中指薬指小指の位置関係もまさにFと全く一緒で、Fが押さえられる方はそのまま移動してくればいいのです!

そして弦が1本ずつ細い方に移動しているので、指も近くて済むし、無理な力も入らないはず!

問題は人差し指の付け根で押さえる1弦ですよね。

ちなみに人差し指が担当しているのは5弦と1弦だけですが、別に全部の弦を押さえちゃってもよいのです。

2〜4弦に触ってはいけないなんてこと全然ないので、ベタっと全部押さえられるくらいでちょうどよいです!

この人差し指さえ出来ちゃえば、Bマイナーはもう弾けたも同然です!

ミュート


このBmというコードは5弦から1弦までの5本を鳴らすわけですが、

つまりは6弦は鳴らさないということ、鳴らしてはいけないということです!

6弦の音がうっかりなってしまうとBmとしての響きが盛大に崩れてしまうというわけ。

なので絶対に鳴らしたくない6弦、そのためにはピックを6弦に当てないというのももちろんなのですが、

ぶっちゃけ演奏中にそれはなかなか難しいものなのです。

てことで、実は人差し指の先でちょっとだけ6弦に触っています!

LowChord 46
こうすることによって、6弦が不要な音を鳴らさなくなり、Bmの音が綺麗に鳴らせます!

5弦と1弦両方を押さえなければいけない人差し指にさらなる負担が増えてしまうけれど、

どうにか頑張ってミュートもできるようになってください!



Cマイナー


LowChord 47
EコードとEマイナーコード、
DコードとDマイナーコード、
AコードとAマイナーコード、
FコードとFマイナーコードなど、

普通の(メジャー)コードとマイナーコードで割と押さえ方が似ているものも多いですが、

CコードとCマイナーコードは全然違う形だったりします。

そんなCマイナーコードがこれ。

ChordTab 28
おや、Bマイナーとほとんど一緒では?

そう、Bマイナーコードを1フレット移動しただけです!

Bマイナーの形はこうして平行移動していくことによってCマイナー、C#マイナー、Dマイナー……と無限にマイナーコードを作っていくことができるのです!


まとめ:Bマイナーをマスターして弾ける曲の幅をひろげよう!


Bマイナーというコードは割と簡単めな曲にも出てきちゃいます。

ここでつまづいてしまうと先に進めなくなってしまうので頑張って乗り越えよう!

逆に言えば、これが弾けたら一気に弾ける曲が増えます!

そんな自分を夢見ながら、人差し指の感覚をつかんでください!

がんばれーぃ!


ご意見ご感想ご質問もこちらからどうぞ!
友だち追加数
更新情報もこちらからお届けしています。

Twitter (→@hagiwarau)からも受付中!





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }