}

ギターのFが押えられなくてもいいじゃない!

ども、衰退系ギタリスト萩原悠です。マジでどんどん弾けなくなってる!

ホント弾かない期間が長くなればなるほどどんどん衰えます。
日本に帰ったら”1曲弾かないとトイレのドアが開かない物件”に住みたい…
でもそれきっと漏れちゃう…


えっとですね、今日はギター初心者に立ちはだかるの最初にして最大の難関
Fコードについてです。


F

これが弾けなくてギターLifeが終わるギタリスト未遂がどれだけいるのだろう。


もったいないよっ!


ってことで、今日はその押え方のコツ……ではなくて、
楽しくギターと付き合ってくコツについてです。


スポンサードリンク

何故Fだけがこんなに難しいのか


ちなみに、こんなにも全てのギター初心者が口を揃えていうFの難しさ、
なんでなのでしょうか。

それはこの訳の分からない形にあります。


たしかに、他のどんな手先仕事をしていても、また他の楽器をしていても、
こんな変な形でキープするって仕草はなかなかしないですよね。

たしかにこれは難しいわ…

でもちょっと待って!





出来ないのはFだけですか?


ちょっと意地悪なこと言うようだけどちょっと聞いて!


Fが押えられないくらいの時期だと、ぶっちゃけCもちょっと厳しいですよね?



C
とびとびで[押えなきゃいけない弦]と[触れることさえ許されない弦]が入り乱れるこのコード、
Fほど難しいとされてないけどEとかに比べたら指が強張りますよね。


じゃあDはどうですか?


D1 D2
きっとそろそろ慣れて来たけど、ぶっちゃけコードチェンジに時間がかかりますよね?

その理由は、他のコードではとかく中指が遠く(太い弦、地面から遠い方)にいるけど、
Dでは急に下に行きますよね。

人によって、フレーズや前後の動きによって2つの指使いがあるけどどちらも中指が低め。


しかも6弦(と5弦もだろうね)を弾いちゃいけないって言われてるのに毎回ピック当てちゃって不協和音鳴らしてませんか?


ちなみにAmなら出来ますよね?………ホント?


Am
意外と下の方に固まってるもんだから、ちょっと力入れて引っ張っちゃってませんか?

ギターにはチョーキングという演奏法があって、つまりは弦を少しでも引っ張ると音程が変わっちゃうんですよ。
コードを押えるときは真上からボードに垂直に押すべし!

チョーキング1 (チョーキングこれ。ニュイーって。)


Bbとか論外だわ…

Bb
このあたりで苦戦してるあなたにとってBbとかBとかってもはや人間業じゃないように見えますよね。
なにその串刺し指…じゃない、人差し指から離れたとこにいる団子三兄弟みたいなやつら!





どうやらギターって、すごく難しいみたいorz


出来なくてもいいんじゃないかな。Fコード!


別に……いいんじゃないすかね、ちゃんと弾けなくても。

そりゃちゃんと弾けた方が楽しいのをわかってて、
弾けるようになりたくて始めたわけだからいっぱい練習しなきゃなのは当たり前。


それにいつまでたっても弾けないようじゃそれはさすがにヤバい。



でもさぁ、なんか始めたての頃って色々障害があるわけじゃないですか。

弾き方が合ってるのかもわからない、チューニングも合ってるのかわからない、
弦が切れちゃって張り方がわからない、同じギター使ってるのに同じ音にならない、
保管方法がわからない、持ち方がわからない、モテない、
近所迷惑になるスレスレの音量がわからない、つまみがいっぱいついてるけど効果がわからない、

もうわかんないことだらけや!





ちゃんと弾けるようになるまで一生懸命右手で左手の指を正しい位置まで持ってって、
弦を押えるためにめちゃくちゃ力いれて…ってやるわけだけど、

そんなに頑張らなくてもいいんじゃないかなって思うんです。


一番大事なのは楽しく続けることじゃないかなと思うんです。



モチベーションの維持が上達に繫がるよ


僕が初めて持ったギターはアコギでした。
しかもフォークギター!

フォークギターっつうともうレスポールとかの比じゃないくらいにネックが太いのね。
それはコードをじゃかじゃかする用のギターじゃないからなんだけど、
それでGLAYにハマってじゃかじゃかを始めたわけ。

正直その頃は全然音もちゃんと出せなかったと思う。
力入れすぎて音程はシャープしてただろうし(上記のチョーキング現象ね)、
リズム感もなかったしコードチェンジも遅れ放題だった。

それでもね、楽しかったんですよ。

もうそれが全てでした。

ひたすら楽しいもんだから何度も弾くわけ。
弾けなくて指も心も痛いから休憩とか言わずに、
とにかく楽しかったから弾ける曲の弾けるとこだけループで弾くわけ。

そうすると、いつの間に同じコードを何度も弾くことになって、
何度も何度もコードチェンジをしていく中で段々弾けて来るんだよね。


それがまた嬉しくてどんどん弾いて、
他の曲も弾きたくなってそこでまた初めて見るコードを知って…


気付けば私、結構弾けるようになってました♪


まとめ


大丈夫かな……僕のライティングスキル次第では

「ギターは適当でもいいんだ!」

みたいになってないか心配ですがもちろんそういう意味ではなく、

「最初は細かいことに捕われないで、ギターと仲良くなることを優先してほしい」

ってことです。

仲良くなった先には厳しい試練もあるでしょう、

でもギターとの絆が出来てからならきっと乗り越えられますよ。

頑張ってギターを楽しんで下さい!


最後まで読んでくれてありがと〜萩原悠(→@hagiwarau)でした

ちなみに使ってるギターはこれです→Gibson Historic Collection ’59


【テスト】T

この記事がお役に立ちましたら、シェアして下さると励みになります!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }