}

ブルーノートスケール(マイナーペンタ+♭5)を弾こう!

どうも、ペンタトニックスケール講座始めました萩原悠です!

ギターのアドリブやフレーズ作りのためにペンタトニックスケールを使いこなしてもらう連載を始めましたが、

今回はマイナーペンタトニックスケールに1音だけ足してちょっと雰囲気を変えようというお話です。

ここで追加するのは

♭5(フラットファイブの音です。

そしてそれはつまるところブルーノートスケールというものになるのです!

どんな音なのか、ポジション内のどこにあるのか、どんな使い方すればいいのか、

そんなお話をまとめました!

ペンタ4 6

動画版はこちら





今回の講座はYou Tubeにほぼ同じ内容の動画が上がっています。

実際に音を聴くために動画を、

じっくりとポジションを確認するためにこのページを活用してくれたら嬉しいです!


ペンタトニックはこのポジションで



そもそも、今回の講座は基本的にマイナーペンタトニックスケールを元にそこから発展させていきます。

「マイナーペンタしか弾けない!」

というギタリストがそこから一歩先に進むためのってのがコンセプトなので!

ってことで、このポジションでのマイナーペンタトニックスケールが弾けることが大前提となっています。

赤い印がスケールで一番大事な1度の音ですね。

この辺もまだちょっと自信ないという方は、

【まずはマイナーペンタトニックスケールを弾けるようになろう】

という回のページがあるのでそちらから順にマスターしてください!







ブルーノートスケール


今回マイナーペンタトニックスケールに追加するフラットファイブという音は

この青くしたポジション!

ファイブ(5度)をフラットさせた(半音下げた)音だからフラットファイブですね。

6弦ルートのパワーコードの5弦が必ず5度になるので、その1フレット隣と覚えるのもアリです。

マイナーペンタトニックにおいてこの青いポジションの音のことをブルーノートと呼び、

そしてこのブルーノートを足したマイナーペンタのことをブルーノートスケールと言います!


Sponsored Link

音階的にはこうなってます


ペンタ+b5 2
わからなくてもいいけれど、

一応見た方がわかりやすいって方もいると思うので解説しておきます。

ブルーノートスケールってのはこうなってます。

赤印の音を基準に、緑印を足したのがマイナーペンタトニックスケール

そしてそこに青印も足すことによってブルーノートスケールになるってことですね。

おや、青印を足したことによってその辺りが随分と密集しましたね。

半音半音でスケールの音が繋がってます。

このあたりが最大のポイントで、

ブルーノートスケールらしさを出す特徴になる音の並びです!


ブルーノートスケールの使い方


基本的な使い方は普通のマイナーペンタトニックと同じで構いません。

そこに一番の特徴であるフラットファイブの音をどう織りまぜるかがカギなのですが、

基本的には半音上や半音下から来て、またそのどちらかに戻るのが安パイです。

つまりは

・半音下から来て半音下に帰る

・半音下から来て半音上に行く

・半音上から来て半音上に帰る

・半音上から来て半音下に行く



この4パターンが圧倒的に多いです!

それぞれの特徴を見てみましょう。

半音下から来て半音下に帰る


スライド2 2
この使い方が1番ブルージーになるイメージです。

本来4度の音からちょっと上がったら5度の音になるはずなのにその半分しか上がらなくてフラット5度の音になる。

この”届いてない“感じ、”いなたい“感じがなんともブルージー!


半音下から来て半音上に行く


スライド2 3
こちらもかなりよく使われます。

上がって行く進行は力強さを醸し出しますが、

そこを半音で刻むことによってもったいぶった感じ、ジワジワ感が加わります。

♭5の音はかなり不安定な音になるので、5度に上がったときに安心感と力強さが増すんですね。

ブルースセッションなどのベースラインにも頻繁に使われます。

半音上から来て半音上に帰る


スライド2 4
次は半音上、5度の音から降りてくるパターンです、

不思議なことに、これだとあまりブルージーには聴こえないんです。

むしろロック色が強くなる感じがしませんか?

5度の音の装飾音的意味合いになるので、より5度の”ドミナント感“が強調されます。

ロック系のリフを作るときに覚えておくと、ペンタトニックだけにとらわれない面白さが出せますよ!

半音上から来て半音下に行く


スライド2 5
こちらはつまり5度から4度にスムーズに行くための経過音になります。

本来かなり不安定な音になるはずのフラット5ですが、

経過音として使うと全然気にならなくなるから不思議!

という観点では先に紹介した“半音下から来て半音上に行く”でも同じなはずですが、

下降ラインの方がよりサラッと使えますね!

ちなみに、この半音移動を上がったり下がったりするのもありです。

それ以外の音に行ってもいいんだけど……


以上の4パターンが圧倒的に多くて、とりあえずは“隣のフレットからお邪魔するスタイル”を覚えておけば大丈夫です。

もちろんそれ以外の使い方をしちゃいけないわけじゃないのですが、

そうするとフレーズが難解になりすぎて、かなり明確に意図を持った上でやらないと聴いてる方もキーが迷子になっちゃって、あまりオイシくありません。

番外編:1度はノーカウント


これ動画で言い忘れちゃった!笑

ちょっとした特例として、1度の音はどこに挟んでもノーカウントです。

全然問題ない!

絶対的な安定感すぎて前後の音に影響を与えなくなる感じなので、

先に上げた4パターンの間に挟むフレージングがかなり使われます。

4度から半音チョーキングでフラットファイブ


ギターらしさを加速させる奏法のひとつであるチョーキング

これを使ってフラットファイブを鳴らすというのもかなりオイシイです!

やり方は超簡単。

4度の音でいつもの半分だけチョーキングしましょう。

たったそれだけです!

“マイナーペンタトニックでチョーキングをしよう!”の回でも説明しましたが、

4度の音でのチョーキングはめちゃめちゃ使われます。

その理由のひとつに、”ここにフラットファイブが絡むから”ってのもあります。

1音チョーキングして5度に行ってももちろんいいのですが、

ここをちょっと足りないくらいのチョーキングにしてフラットファイブを効かせましょう。

そうするとなんかすげぇブルージーになる!

アドリブでちょっとやる分にはもはや5度まで上がっても、フラットファイブまでしか上がらなくてもどっちでもいいのですが、

両者の違い、フラットファイブの醸し出す空気感がわかって来たら是非このポジションでのチョーキングを使い分けられるようになりましょう!

ブルーノートスケールに最適な萩原式拡大ペンタポジション


スライド6
これまではマイナーペンタトニックスケールのひとつのポジションの中でごにょごにょと弾いて来ましたが、

もっと自由にフレーズを弾けるようになるために、

ポジションをちょっとだけ拡大してみましょう!

それがこちら、

萩原式拡大ペンタポジション

名前はさっきつけましたww

基本的にはこれまで弾いて来たペンタのポジションで、

1〜3弦だけポジションがちょっと増えるというものです。

これを覚えておくことにより、

・ブルーノートの半音階が3弦でも1弦でも弾けるようになり、

・スライドを用いたポジション移動によるフレーズの幅も広がり、

・その割に今まで弾いて来たペンタにちょっとプラスだけで覚えられる。

というすごく便利なスケールです!

是非これを覚えて、マイナーペンタトニックスケール、ブルーノートスケールをもっと自由に使いこなしてください!


ってことで、次のページではこの萩原式拡大ペンタポジションのもっと詳しい説明です!

このページはひとまずこのへんで。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!











sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }