}

DコードとDマイナーコードを弾いてみよう!

どうも、Key=Dが大好きな作曲家萩原悠です!

ギターで弾くとちょっとクセのあるコードになりますが、さわやかでとても気持ちいいので是非とも使いこなしましょう!

このページではDコードとDマイナーコードについてのお話をします!


スポンサードリンク

Dコード


ChordTab 4

これがDというコードです!

どうです?

ぶっちゃけ苦労することなく押さえられると思います。

こうなります。

LowChord 7

まぁ似たような場所に3本の指が集中するから頭がこんがらがるかもしれないけれどww

で、このDコードは押さえるのは簡単なんです。

問題なのは5弦や6弦を鳴らさないということなんです!

鳴らさないためにはどうしたらいいんだ?

ピックを当てなければいいんだな。

でも曲を演奏してる最中だとそれもなかなか難しく、どうしても当たっちゃうんですね。

そこで大事になるのが、ミュートという技術です。

注目して欲しいのが親指。

LowChord 8 2
ネックの上から顔を出して、6弦にちょっとだけ触ってるんです。

親指に関してはしっかり押さえてはだめ!

中途半端に触っておくことによって音が伸びなくなって、これがミュートという技術なのです!

で、5弦は……出来るだけピックが当たらないようにしましょうwwww


いやあのね、実は5弦に関しては鳴っちゃってもまぁよいです。

厳密にはDじゃなくてD/Aという別のコードになっちゃうとも言えるのでしっとりめのアコギ弾き語りだったら気をつけないといけないんだけど、

じゃかじゃか系弾き語りだったり、バンド内のエレキギターパートだったらもうあんまり気にしなくてよいです!

ただし、6弦は絶対鳴らしちゃダメだぜ!


Dマイナー(Dm)コード


ChordTab 25
これがDマイナー(Dm)コードです!


ちょっとさっきのDコードと似てますね。

図での見た目より実際に押さえてみると手の形は割と違うかも。

こんな感じ。

LowChord 37

こっちの方が自然な手の形に近いから押さえやすいかも?

ちなみにDコードと同じくDマイナーコードも5弦6弦はミュートです。

6弦は親指の助太刀にて完全ミュート。

5弦は心がけ程度の”えせミュート”ww

そんな感じでシクヨロ!

あ、ちなみに押さえかたはこっちでもOK!

小指が使い慣れてなければ薬指を……

ChordTab 19
こっち使う人の方が多いのかなぁ。

でも薬指をフリーにしておくと、なにかと便利なので自分は小指を使ってます。

(色々とコードが弾けるようになるとわかるよ!)


Dコードはこんな押さえ方もある


ChordTab 20
これはもう指使いだけの話なんだけど、ちょっと違う押さえ方を紹介します。

このように押さえると指2本でDが押さえられるんですね。

そうすると小指と薬指がフリーになるので、前後のコードとの連結がよくなったり、様々なアレンジが可能になったりするのです!

LowChord 10

アレンジってなんやねんって思いますよね。

紹介しましょう!


Dコードの簡単おしゃれなアレンジ術


↑なんか意識高いタイトルになったw

コードってのはね、基本的なアルファベット1文字だとかそれに小文字のエムがついたもの以外にもたくさんのバリエーションがあります。

でもそれらってほんとにちょい足しのエッセンス部分だったりするのです。

ここでは、Dを使った簡単おしゃれちょい足し術を紹介します!

Dsus4


ChordTab 2
ディーサスペンデットフォース、通称Dサスフォーです。

わたしがDコードが好きな一番の理由がこのサスフォーの存在な気がします。

ただでさえさわやかになるサスフォーの中でも一番高い位置で鳴るのがこのDsus4なため、

ちょい足しの効果がわかりやすく現れるというわけ。

DとDsus4を行き来してるだけでもうさわやかギタリスト決定だわ!

Dadd9


ChordTab 9
出ましたアドナイン

みんな大好きDadd9!!

みんなを虜にするDadd9!!


このコードを使いたいがためにキーFの曲も3カポつけてDにする人がいるくらいに大人気なんです。

一度弾いてみれば納得の超アコースティックおしゃれコード!

しかも指2本で出来るというお手軽さも相まって、アコギ弾き語り系アーティストに

「あなたの一番好きなコードはなんですか?」

とアンケートをとったら8割くらいの人がこのコードと答えるでしょう!

使っちゃダメなタイミングも少ないので、細かいことはわからないけどとりあえず弾いてる方も多い。

一気におしゃれな気分になれるのでおすすめです!

まとめ:Dコードは6弦をミュートしてさわやか軽やかさんになろう


DコードもDマイナーコードも5弦や6弦を鳴らさないため、

他のコードに比べて軽い印象になりがちなコードです。

でもそこがいいとも言えますよね。

楽しい気持ちになるDコード、

虚無感のあるDマイナーコード、

是非自由自在に操ってください!

ご意見ご感想ご質問もこちらからどうぞ!
友だち追加数
更新情報もこちらからお届けしています。

Twitter (→@hagiwarau)からもどうぞ!





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }