}

いくつかコードを覚えたら、好きな曲の練習をしよう!

どうも、ギター講師やってます、萩原悠です!

最近は作曲の仕事よりもレッスンに力を入れてまして、

そこでわたしが教えていること……というより逆ですね、

みんなから教わってることをこうしてウェブ上にまとめています!

ギタリスト養成講座、是非見てみてくださいね!

▶︎ギタリスト養成講座トップページ

で、今日のお話は、とにかく早い段階で好きな曲に合わせてギターを弾いてみようってお話です!


スポンサードリンク

ギターの練習で始めにやるべきこと


エレキギターでもアコースティックギターでも、

始めは簡単なコードを押さえたりドレミを弾いてみたりがよいです!


特にギターを始める前からピアノだったり他の楽器をやってたって方は、

ギターでドレミが弾けるようになると楽譜を見ながら色んなメロディが弾けるので楽しいと思います。


でもギターをやるならやっぱりコードをね、じゃかじゃか弾いてこそギターですよ!

是非とも弾いてみるべき!

難しいことはいいから、まずは弾いてみましょう!



コードはいくつ覚えたらいいのか


Chord 27
基本的なコード、

EがあってAがあって、DがあってCがあって……

マイナーコードってのもEmとかAmとかあって……

超難関のFがあって……

読み方とかよくわからないけどCM7とかEm7とかもあって……

わけもわからず基本だからと言ってこのあたりまでコードだけジャラ〜ンって練習してる方はいませんか?

おーけーおーけーよくやった!

もうコード単体の練習はその辺でおしまいでいいです!

そもそもコードはほぼ無限と言っていいほど種類があって、その全てを瞬時に押さえられる人なんて世界のトッププロでもそうそういません。

みんな必要になったら覚えるとか自分なりに作るとか、それでいいのです。(プロはこれが格段に速いというわけ)

ということで、いくつかコードも押さえられて、コツも掴めてきたら、よし、曲を弾こう!

曲はもはやなんでもいい


まだ1曲も弾いたことがないという初心者ギタリストにとって、

実際に曲を弾いてみるというのはハードルが高そうに思えるかもしれません。

しかもどの曲やったらいいのかとかよくわからないし……

どの曲でもいいです!

好きな曲をやったらええねん!

それが一番モチベーション上がるしさ。

ポップスなら今はネット上にコード進行がゴロゴロ転がってるから、それを見てやったらよいのだよ!

そうすると、どうしたって今までやったことないコードが出てきます。

そしたらその都度調べて覚えていけばいいんです!

全部のコードを勉強するんじゃなくて、使うコードだけ覚えていく、

これがギタリストがコードを覚えていく正しい手順なんです!

さっきも書いたけど、全てのコードを覚えているプロなんてほとんどいないし、覚えている必要なんてないんです!

だから、君も今すぐ好きな曲を弾いてみるべきなんです!

カポタストがあると便利


このとき、カポタストってのがあるともっと色んな曲が弾けるようになるのでオススメです!



初心者セットとかで買った人は場合によっては入ってたかも?

使い方はこちらのページにまとめたので見てね!

▶︎あると便利!カポタストの使い方と効果

曲を選ぶコツ


曲はなんでもいいと言ったものの、やっぱり少しは選んだほうがいいですww

で、そのコツですが、簡単に言うとこんな感じ。

  • バンドの曲
  • ジャズっぽくない曲
  • テンポが速くない曲

です!

それぞれちょっとずつ説明しますね。


バンドの曲


これは絶対そうしたほうがいいです!

出来なくはないんだけど、オーケストラっぽい曲となるとコードに対する考え方が根本的に違うので、

ギターでカバーするのは難しいです。

また、エレクトロニカ系とかのギターが入ってない曲だと、コード的をさらうことはできるんだけど、

イマイチ「これであってる!」感がないので、わかりにくいです。

だったらギターパートの入ってる曲で、そのパートっぽいことをやるのがいいです!


ジャズっぽくない曲


バンドとは言え、ジャズはちょっと敷居が高い!

ジャズのコードはCとかAmとかそんな簡単な感じじゃなくてめちゃめちゃ難しいコードがたくさん出てくるので、

初心者さんには難易度が高いです。

なので、最初はもうちょっとストレートなバンドの曲をやりましょ!

(注:東京事変はジャズコードの人たちなので難しいです)

テンポが速くない曲


これはもうね、おわかりでしょう、速いと大変だからwww

コードチェンジも追いつかないし右手もなんか難しいとなるとこれは難しいので、

出来ればちょっとゆっくりめな優しい曲とかがいいですね。


完璧に出来なくてもいい


最初は曲に合わせてたって、どうしたってうまくいきません。

ここで気付くんです。

ギターはコードが難しいんじゃない、コードチェンジが難しいんだ!

ひとつひとつのコードが押さえられないわけじゃないのに、

曲のテンポに合わせて瞬時に変えていくのが難しいんです。

それでも、曲においてかれ続けても何回かやってみましょう!

そうすると少しずつですが曲のテンポにおいつくようになってきます。

効率のいい押さえ方とか力の抜き加減とかが自然に身についてくるというわけです。

そして次第に、しかもいつの間に、弾けるようになるときが来るのだよ!

ちなみにわたしが初めて弾けた曲は……





わたしが人生初めて弾けた曲はGLAYのHOWEVERです!

実はそんなに好きだったわけでもないですし、今思えばボサノバっぽいリズムのバラードなのでギターでは弾きにくかったのですが、

それでもこの曲が初めて弾けたときは嬉しかったなぁ。

弾けたと言っても全然グダグダでテンポにも追いついてないし Fの音なんてほとんどペチペチだったけれど、

それでも曲に合わせて弾くってのがこんなに楽しいのかと感動して、

毎日何回も弾いてたんですよ。

そしたらいつの間に少しずつ弾けるようになって、今に至るという感じです。

是非皆さんにもこういう階段をのぼってほしいんだなぁ。

まとめ:曲が弾けたらギターは100倍楽しい


やっぱりね、コードが弾けるのは嬉しいけれど、

コードを覚えるのは曲を弾くためなんです。

つまり逆に、曲を弾きながらその曲に必要なコードを覚えていけばいいんです!

今日言いたかったのはそういうこと!

では頑張れよ!





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }