}

右手ストロークの振り方のコツ

どうも、最近は講師としても生徒さんが増えてきました萩原悠です!

ギターを始めたばかりの頃はとにかく左手のコードを押さえるのが大変ですね!

でも、実は右手も見よう見まねでやってるからあってるのかわからない!

そんな方に今日は右手のストロークのコツを学んでもらいましょう!

スポンサードリンク

まずはピックを持ちます


ストロークを振り始める前に、まずはピックを正しく持てているかな?

ピックの持ち方については色んな人がいて、厳密にどうしなければいけないってのはないのだけれど、

ひとつ確実に言えることは、

あまりピックを力強く締め付けすぎない

ということです。

はじめはピックを落っことしてしまったりピックがくるくると回ってしまったりだろうけれど、これはもうね、慣れです!

慣れてくると絶妙な力の入れ加減がわかってきて、ピックが安定しますよ!

なので、力を入れすぎない! をまずは覚えておいてくれ!


ストロークは肘から振る


まず大前提として、ギターのストロークってのは肘から振るイメージです。

ここから。


イメージとしては、画びょうかなんかが肘に刺さってるイメージ。

Stroke 32 2
こうなってしまっては肘より上はほとんど動かすことができませんね、

その分……というとちょっと違うけれど、肘より先は割と柔らかく動く感じです。

Stroke 31
“柔らかく”って言ってもね、肘より先にそんな柔らかくなる部分なんてほとんどないですね……

つまり、気をつけて欲しいのは手首です!!


最重要!!手首は柔らかく!!


これが一番重要です!

手首がね、みんな硬いんですよ!

多分ピックが落ちるのを恐れているのかなと思うんだけれど、

どうしても手首が固まってしまっていてストロークがぎこちなくなってしまっています。

そうすると弦を強く引っ掻いてしまうから弦も傷めてしまうし、

音が綺麗に鳴りません。

特に後述するアップストロークのときなんかは壊滅的な弾きにくさになってしまうので、手首は柔らかくしましょう。

で、そのコツはですね、手を洗った後、その水を切る感じ、が望ましいです。

手を洗うときに肘まで洗う人ってあまり多くはないですよね。


手首から先しか濡れてないのに、肘から振ってますよね。

あれって手首には力いれてなくて結構ブラブラにしてるでしょ?

その感じです!

それくらいでちょうどいいんです!

つまり手首を固めようとか振ろうとか意識しないレベル、でもピックは落ちない!

そんな手首が理想です。

これだったら全然疲れないしね!

アップストロークとは


ギターのストロークは肘を振る、そしてピックが弦に当たる。

で、下げながら弦に当てるとき上げながら弦に当てるときがありますね。

これをそれぞれダウンストローク,アップストロークと言います。

ギタリストを見てると、ひたすら上げ下げしながら弾いているのがわかると思います。

つまり、アップストロークとダウンストロークを意識せずともスムーズにやり続けることが必要になるのです!


試しにやってみてください、下げて上げて下げて上げて……

絶対難しい!

何故なら、アップストロークのときにピックが弦に引っかかってしまうから!

これを解消するためにも手首の力を抜くべきだったのです!

アップストロークでピックが引っかからなくなるためのコツ


ダウンストロークのとき、そもそもピックの角度がこれくらいになってるんじゃないかと思います。

Stroke 4
弦に対して微妙に角度がついているので、ピックがひっかからないで済んでます。

全部の弦を振り下ろすとこうなりますよね。

Stroke 3  
で!

帰り(アップストローク)はこの真逆の角度になってるのが望ましいわけです!

アップストロークし始めるホンの一瞬前に、手首をちょっとだけ返してこの角度にして! 

Stroke 2
わかりますか?

これでダウンストロークのときと同じく、ピックが弦に引っかからないようになります。

このまま肘で動かして上までストロークしきるとこんな感じになると思います。

Stroke 1
それでまたダウンストロークのときには最初のようにこっち向きの角度に腕をちょっとだけ捻ります。

Stroke 5
手首や腕が硬いとこの”返し”がうまくいかないのだ!

これを高速で繰り返すということになるのだけれど、
はじめはゆっくりでいいのです、下げるときと上げるとき、それぞれの角度に気をつけながらゆっくり弾いてみましょう。

慣れてくればどんなに速く弾いてもこの動きができるようになります!

まとめ:肘に画びょう,手首は水切り


さて、出来ましたか?

なかなか出来ないかもしれませんね。
でもみんなそんなもんです!

うちの生徒さんたちもいつもすぐ手首に力入っちゃったり、力抜きすぎてピックがくるくるまわっちゃったりしてます。

どうでもいいんだけどわたしは、

手首が硬い人を”イッツアスモールワールド”、

肘から振ってる人を”椎名林檎”と呼んでからかってますw







(注:椎名林檎さんは映像用にわざとやってるんだよー。)

どうしてもギターの初心者さんは左手ばかりに注力しがち。

でも実際右手が弦を弾いてるから音が鳴るわけなので、とっても重要なんだぜ!
手首がうまく使えるようになったら全然疲れなくなるし、速い曲もどんどん弾けるようになります。

左手の指が痛くなったらでも構いません、ちょっとは右手のこともきにかけてあげてくださいww

ってことで今日はここまで。

最後まで読んでくれてありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

わからないこととかあったらお気軽にLINEください!
友だち追加数
更新情報もこちらからお届けしています。





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }