}

ZEPPELINの腕時計が磁気帯びで修理費2万円orz

どうも、ZEPPELINの時計の電池が切れたーと騒いてた萩原悠です!

購入から3年を目前にして突然派手に狂ってしまったわたしの腕時計。

ZEPPELINのとても気に入ってたやつで、まぁどう見ても電池切れだろうなという症状だったので時計屋さんに持っていったら!

まさかの!

まさかの!

磁気帯びだそうで!

脱磁をしてもらわないといけないそうです!

しょっぼーーーーーーん!!!!!



……ところで、磁気帯びってなに?

スポンサードリンク

これまでのあらすじ


磁気帯びの件の前に、まずはZEPPELINの腕時計とわたしのあらましをば。

2014年 Zeppelinの時計買った!



仕事で1年海外に行くと決まったときに、今まで腕時計なんて苦手だったけれど、
やっぱりあった方がいいよなぁと思って買いました。

結構色々悩んで決めたやつだったのでこの時点で思い入れはたっぷりでした。

▶︎Zeppelinの時計買った!


2016年 Zeppelinの腕時計のベルトを交換した!



台湾での仕事も終えて帰ってきて、日本でもそれなりに仕事して生活して……

そういやベルトめっちゃ汚いなwww

ってことで、ベルト部分だけ新調しました!

▶︎Zeppelinの腕時計のベルトを交換した!


2017年 電池切れ?



ある日、朝起きたら時計が遅れている!

なんでなんで!!

と思って調べてみたけれど、まぁ普通に電池切れでしょうね。
3年近く使ってるし。

ってことで時計屋さんに持って行ったら、メーカーに出しての電池交換修理になるとのことでした。

3週間くらいかかるって言われたけど……まぁしょうがないか!


▶︎Zeppelin時計の電池交換してもらおう!


と思っていたら、実は電池切れではなかったようです。

磁気帯びぃぃぃいい!!


ということで今に至ります。


磁気帯びとは


で、磁気帯びってなんだろう……

実は腕時計をそんなにしたことながかったので、今回初めての経験でした。
恥ずかしながら磁気帯びなんて知らんのよ!

で、時計屋さんに伺った話を元に、いろいろ調べてみたところ、



電化製品とかが微弱に発し続けている磁気。

時計も磁石で動いているので、その磁気の影響をがっつり受けちゃうと時計が正しく動かなくなるようです。

この症状が電池切れに似ていることから、
電池切れと間違えられることもあるらしい。


脱磁のための修理代金が2万円!!!


まさかの修理が2万円!!(税抜き)

さすがにちょっとびっくりしました。

心臓部がイカれるとまぁそうなりますよね……

電話でそれを告げられたときは、
ぶっちゃけちょっと気分を変えるために別の時計を新しく買い直そうかとも思って一旦保留にさせてもらいました。

三十路を過ぎて、社会人としてもうちょい高い時計をするべきなのかなぁなんて、そんな社会のアレとかも気にしましたが、

でもやっぱりこの時計はもっと大切にしていきたいし、
割と周りの方々にもこの時計はイイネって褒めてもらえるので、
5時間後くらいに
「お願いします……(泣)」
と電話をかけなおしましたw


一応オーバーホールということで、電池も交換してくれたし、防水テストとかも色々やってくれたみたいです。

見た目には全然わからないけれど、しっかりリフレッシュされてます!

よかったよかった!

でも、磁気帯びってなんで起きたの?
なにが悪かったの?


磁気帯びの原因


電化製品が発している磁気が原因とのことで、つまりはそれらの製品の近くに置いておくことがいけないらしい!
いや〜でも自分電子レンジの近くに置いたりしないぜ?

で、他にどんなものが磁気を発しているのか調べてみました。

そしたら笑っちゃうほどに「そりゃ磁気も帯びるわwwww」ってなりました。


ということで、わたしの時計を知らず知らずにそばに置いていた磁気を帯びる◯◯BEST3!!


第3位:パソコン


あ〜なるほど。

ノートパソコン使ってるから、常に腕時計はパソコン上だ。
とは言え自分外でパソコンやるときは腕時計が煩わしくて外すんですよ。

そして……帰りに忘れちゃうのが嫌でパソコン(or2位の製品)の出来るだけ近くに置いてました。

これがいけなかったんですね!!

第2位:スマートフォン


もうこれはしょうがないよ!
それこそ外出先で置くときは必ず近くに置くし、
むしろ自分本能的には左利きで、矯正された右利きなんですよ。
つまり腕時計は左手にして、スマホも左手に持ちます。

ってことは常にめちゃめちゃ近いんですよ!

でも実際磁気が移るってのはどれくらいの距離からなんだろう。
密接してないと起こらないのかな、

これはちゃんと調べておかないといけないな。


それでは、堂々の第1位の発表です。

第1位:スピーカー


IMG 8603
みなさんにとってはスマホやパソコンほど生活に密接していないかもしれません。

しかし、作曲が仕事のわたしにとっては毎日結構長時間扱っているものだし、
スピーカーってのは内部には超強力な磁石があって、割と大きな磁気を持っています。

こんなもんの近くにあったら時計なんてひとたまりもありません。
そしてわたし、スマホをここに置いてることが多かったのです。

Zeppelin 33

ココ、ボールペンが指してるこのあたり。

そりゃもうダメだろwwww

ハイ、もう絶対にここには置きません。

置き場は玄関に固定!!

Zeppelin 31
玄関が好きなものに溢れててとても幸せです!


ランク外:わたしはやらなかったけどみんなは気をつけてほしいところ


上記のベスト3はわたしが実際にやってしまっていた置き場のことです。

「みなさんはこんなところに置いてませんか?」
っていうのもまとめておきます。

電子レンジ


中に入れて温める人はいないと思いますが、電子レンジの上とかに置いていてもかなり強い磁気を浴びてしまうそうです。

家に帰っていきなりキッチンに立ち、洗い物をするから時計を外してとりあえず電子レンジの上に……

って方いませんか?

ダメ、絶対!!

テレビ


テレビというのも磁気を発しますね。
昭和の時代じゃないのでそんなにテレビに厚みがなく、上に置くということは難しいと思いますが、
テレビ台に小物とかも一緒に置いて、腕時計もそこが定位置なんだって方はいませんか?

ダメ、絶対!!


磁石


もうこれ当たり前すぎるww
磁石なんて磁力を持つことに特化した石なんだからwww

ダメ、絶対!!


どれくらいの距離が空いてればいいのか聞いてみた


左手に腕時計をする左利きのわたしとしては、とにかくスマホと腕時計がかなり近い。

これがどれだけ影響するのか、気になって夜も眠れない。いや、寝ている。

まぁ実際そんなに神経質にならなくてもいいとわかっているけれど、
一応TicTacの店員さんに聞いてみました。

そしたら

「基本的には5センチ以上離れていれば気にするほどではない。10センチ離れてればもっと安心ではありますけれど」

みたいな感じでした。

なるほど、ちょっと測ってみよう。

Zeppelin 32
直線距離にしても10センチくらいはあるようです。

じゃあそんなに気にするほどではないのか。

とにかく、ちょっとご飯食べるときとかに腕時計外しちゃうんだけど、そんなときにiPhoneと一緒に重ねて置くのだけはやめよう。

磁気は目に見えないし、磁気帯びは一瞬で起こるわけではない


これが厄介なところかなと思います。

どこにどれくらいの磁気があるのかなんて目に見えないし、
実際自分の時計がどれくらい磁気を帯びているのかも目に見えません。

どこに置いておくのがどれくらい良くないことなのか全くわかりません。

それこそ、調べてみたらエレベーターもよくないとか言われてて、もうどうしたらええねん!!

きっとあまり気にしすぎるのもよくないのだろうけれど、
かと言って
「自分はテレビの近くにもう数年置いてるからこれからも大丈夫なんだぜ!」
と甘く見るのもよくないかと思うので、
もし普段からテレビの上に置いてる方がいたら、今すぐ場所を検討しなおしましょう!

デジタル時計は磁気の影響を受けない



今更ではありますが、腕時計の大敵と言われるこの磁気、

デジタル時計への影響は全くありません!

影響を受けるのはアナログ(クォーツ)時計と機械式時計だけのようです!

クォーツ式時計は中に磁石が入ってるためそれがイカれてしまう、
機械式時計ってのは中に振り子が入ってて、それの振れ幅が磁石の力によって狂ってしまう、
そんな仕組みらしいですよ!


まとめ:どうやら磁気帯びってのは常識らしい


腕時計歴がようやく3年になろうとしているわたくし、
どうやら普通の社会人の間では腕時計の磁気帯びトラブルってのはいわば常識で、
腕時計を使ってる限りちゃんと気をつけてないといけなかったらしいですorz

いや〜勉強になりました。

みなさんはもしかして当たり前に知ってたかもしれませんが、
もし知らなかったという方は、これを機に気をつけてみてくださいね!

ってことで今日はここでおしまい、最後まで読んでくれてありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

ご意見ご感想ご質問もこちらからどうぞ!
友だち追加数
更新情報もこちらからお届けしています。


▶︎ZEPPELIN Nordstern 7546を買った!
▶︎ZEPPELINのベルトを交換した!
▶︎ZEPPELINの電池を交換してもらおう!





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }