}

エフェクターを繋ぐ順番はコレだ!

どうも、エフェクターはコンパクト派の萩原悠です!

エフェクターは複数個繋いで使うことも多いですが、

そんなときの正しい接続順序、ご存知ですか?

まぁ絶対のルールってのはないのですが、順番によって最終的な出音が変わってきますので、

まずはセオリーを抑えておきましょう!


ルールはないがセオリーはある



基本的に音楽ってすごく自由なもので、

音を加工するエフェクター同士で順番をどうしなきゃいけないなんてことはないです。

結局ただの電気信号だってことで、順番を変えたからって音が出なくなるわけでもないしましてや機材を壊してしまうなんてことはほぼありません。

(逆にアンプやミキサーから出した音はつなぎ方を間違えると壊れるぞ!)

そんな自由なはずのエフェクターの繋ぎ方、

プロのボードを見るとやっぱりある程度の傾向が見えてきたり、

逆に適当な順番で繋いでるとサークルの先輩にバカにされたりしますよね(ホントうるせぇ!!)

それぞれのエフェクターの効果を最大限に活かすために、

なんとなくセオリーってもんがあるんです。


基本的な順番はコレ!


Effector1 14
その順番ってのがこれです!

これを基本として、各エフェクターを当てはめていくと大体こんな感じになります。

Effector1 13
なんか増えたwwww

で、これも実は結構個人の好みでバラつきがあります。

ワウとコンプが逆だとか、歪みとイコライザーが逆だとか。

なので、絶対これじゃないといけないって感じでもないです。

割と、わたしの好みですwww


じゃあピッチシフターはどうすんだとかェイザーはどうすんだの疑問が出てくるかと思うので、

少しずつポイントを解説していきましょう!

  • そのエフェクターは何系に分類されるか把握する
  • ギター本体でも出来るような音量、音程系は前
  • 歪みより前か後ろかが重要
  • 残響は最後




Sponsored Link

ピッチ系は一番最初






  • オクターバー
  • ピッチシフター
  • ハーモナイザー


音程を変える、または別の音程を生成するようなエフェクターは”いの一番”に持ってきましょう。

ピッチ検出は基音(長くなるので説明は割愛。歪んで倍音などが増えてない状態。)が読み取れないと正しく動作しないため、

歪む、揺れる、響く、などのエフェクターより先に繋ぎましょう!

そもそもピッチは”音色を作る”より前の段階の話ですもんね!
(このセオリーをぶっ壊していくのも音作りの面白いところではあります)


コンプなどのダイナミクス系はその次






  • コンプレッサー
  • リミッター


これもまだ“音色作り”よりも前段階です。

音のアタック感を調節したり、ピッキングのバラつきを抑えるためのエフェクターはこの位置に繋ぎましょう!

歪みよりあとだとガシャガシャしちゃうし、

残響系より後だとせっかく自然な響きを作ってくれてるのに全部ガチガチに持ち上がっちゃって不自然になります。


ワウはこの辺?






  • ペダルワウ
  • タッチワウ
  • エンベローブフィルター



これがなかなか賛否両論ポイント、というか人それぞれです。

ワウが先か歪みが先か。

個人的にはワウ先がオススメです。

ワウで強調するポイントを移動させてからの歪み。

こっちの方が音量も均一になってつかいやすいですね。

逆にワウを後にするとピークの移動がドハデになります。



歪みはコンプより後、揺れモノ、残響より前





  • オーバードライブ
  • ディストーション
  • ファズ


さて、ようやく歪みです。

基本的にはコーラスやフェイザーなどの揺れモノ、リバーブやディレイなどの残響系より前に繋ぎます。

歪みは後付けの加工というより、音そのもののキャラクターを大きく変えるエフェクターなので、

比較的前段階でかけるべきなんですね。


イコライザーはこのあたり






  • イコライザー


これもまた難しい!

ただ……まぁこの辺かな。

というか、どこでもいいんです!

問題なのは歪みより前か後か、それだけ。

歪みより前にかけてしまうと、歪みのキャラクターがかわるだけで、最終的なサウンドへの影響がちょっと薄くなります。

最終的なサウンドを微調整するためにいちばん最後に繋いでるという方もいますね。



揺れモノは歪みの後、残響の前





  • コーラス
  • フェイザー
  • フランジャー
  • トレモロ
  • ヴィブラート





音を揺らす系、モジュレーション系と称されますが、

これはどんなものであっても大体歪みの後です。

ピッチを揺らす系のエフェクターもあったりして迷ってしまいますが……

う〜ん……この位置かな。

最後に残響系






  • ディレイ
  • リバーブ
  • エコー


ディレイやリバーブはここ!

なんやかんやと音色を作ってきて、

それらの音が最終的に反射、反響したりする音を作るために残響系エフェクターはいちばん最後なのです。

じゃあディレイとリバーブを併用する場合は?

考えてみましょう。

リバーブにディレイをつけたいか、

それともディレイにリバーブをつけたいか……。

正解は!

……いやだから正解ってないんだけど、

セオリーとしてはディレイが先で、そのあとにリバーブです!

位置によって効果が変わるエフェクター



ここまでで大体基本的な繋ぎ方を紹介しましたが、

繋ぐ順番によって効果が変わるエフェクターがあります。

例えばワウ。

ワウを歪みの前にするのか後ろにするのかで大きく効果が変わります。




また、意外にも大きく使い方が変わるのはボリュームペダル。

今回の紹介では”歪みより後ろ、残響より前”に置いてみましたが、

これまた
  • 歪みと残響より前
  • 歪みと残響の間
  • 歪みと残響よりうしろ

の3箇所で使い勝手が変わります。

しかも、ボリュームペダルの場合は置く場所によって違うモデルを買わなきゃいけないので超注意です!



一歩上行く音作りのために、セオリーをぶっ壊そう!


とりあえずは基本にそって繋いでおくのがよいです。

ただ、もし普通じゃない音を出したいとあれば、どんどん順番を並び替えてみましょう。

ジミ・ヘンドリクスはファズより先にユニヴァイブを繋いでいたためあのグワングワンでアグレッシブな音を出していたと言われているし、

レイジアゲインストザマシーンのトム・モレロは歪みより後にワーミーを繋いでいたためワーミーの効果がよりわかりやすく聴こえていました。

何度も書いていますが、

後ろに繋いでいるエフェクターの方が最終的な印象に現れやすいのです。

この原則を元に、自分なりのサウンドを作ってみましょう!

まとめ:エフェクターを楽しもう!



どれだけ”いい音”を作れるかのために試行錯誤するわけですが、

じゃあその”いい音”ってなんなんだって話になるんですよね。

そもそも正解はひとつじゃないし、誰かの真似をしなくたっていいんです。

ただ一応ね、

・この調味料は焼く前に下味をつける使い方がオススメ
・この調味料は最後にパラっとふりかけるのがオススメ

みたいのってあるじゃないですか。

その程度なもんです。

順番間違えたからって有毒ガスが発生するようなものは……ないよね?(調理の分野は知らないw)

そんなわけなので、どんどん冒険しましょう。

理想なサウンドのためにあれこれ試すものいいし、

予想外にできてしまった音を使って曲を作るのも楽しいものです。


是非、エフェクターを楽しんでください!

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!











sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2019年11月の活動報告

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }