}

沼津港深海魚水族館 シーラカンスミュージアムに行って来た!ロマンだわぁ。

どうも、水族館結構好きです、萩原悠です!

先日静岡県沼津市の千本浜海岸までフィールドレコーディングをしに行ったので、そのついでに行って来ました、

沼津港深海魚水族館シーラカンスミュージアム!!

めちゃめちゃ楽しかったよ!

ロマンに満ちてたよ!





深海魚水族館とは


Numazu deepsea 1
沼津港深海魚水族館とは、

世界で唯一、深海から取って来てすぐに直送で水族館に送られる、

日本で唯一の深海魚水族館です。

JR東海道線沼津駅より車で10分、バスで12分。

沼津港の中にシレっとあるこの水族館の目玉はなんと言っても

“シーラカンスの冷凍標本が見れる世界で唯一の施設”

なんです!

深海魚ってのは普段なかなか見れるものでもないし、

それをこんなにも膨大に展示出来るのは、

沼津が駿河湾に面しているからであり、

この駿河湾が海岸から2kmも進むともう推進500mにもなり、

深いところでは2500mという特殊な地形が成せることなのです。


シーラカンス


シーラカンスとは、6500万年前に雑滅されたとされる魚で、

それがまさか南アフリカ沖のコモロ諸島で1953年にその生存個体が確認されたときはもう世界中が大騒ぎです。

なんてったって、生態系が全く変わってないんです。

6500万年前と!

いや、それより前の、3億5000万年前と!

それは脊柱動物の誕生の時期と一致すると言われており、

それからずっと姿形を変えずに深海でひっそりと暮らしていたのです。

ロマンじゃね?

めっちゃロマンじゃね?

シーラカンスの存在が、まだまだ他にも絶滅したと思われている生物の生存の可能性を牽引してくれました。

恐竜がいたのなんて2億年前から6000億年前くらいのことだから、

シーラカンスはそれより前からこの姿のまま生きていたということです。

ロマンじゃね?

ロマンでしょ!


沼津港深海魚水族館の写真


では、皆さんにも写真をちょっとだけお裾分けです。

一眼レフカメラ(APC-Sサイズ)を持って行ったんだけど、荷物が増えるのが面倒で50mmの単焦点しか使ってません。

それ故にかなり”寄り”の写真ばかりでごめんなさいw

それと、後半は苦手な方もいるかも、お気をつけあそばせ。



まず、なんて魚だか忘れたけど、入り口入ってすぐ出迎えてくれたのがコイツです。

Numazu deepsea 2
急に思ったんですけど、デスノートのLってこんな感じの目ですよねww

L




次はヤドカリにイソギンチャクくっついちゃったやつ。

Numazu deepsea 3
可愛いなww

で、世界最大のカニ。

Numazu deepsea 4
チャラいポーズのカニ。

Numazu deepsea 8
ちっちゃいエビがピョーンて泳いでるところを激写。

Numazu deepsea 9
なんか甲殻類ばっかだな。

次、たちうお、だっけ?

Numazu deepsea 13
イソギンチャクはライティング次第で映える!

Numazu deepsea 15
次は、気持ち悪いと可愛いの両方を持っているコイツ。

Numazu deepsea 14 

照明さん、いい仕事してるね。

次、気をつけてください!

グソクムシです!



しかもダイオウの単品でなく、





群れです。







人の多さと暗さでブレちゃってる写真だけど、

苦手な人注意。













Numazu deepsea 17


おうふ。


ダイオウグソクムシ可愛い〜って言う女子にもこれはちょっとクレイジーだったかもしれません。

でもご安心ください、ダイオウグソクムシも撮ってきました!


ヤク漬け標本だけど!




(注意)





ホレ。


Numazu deepsea 7

悪意のあるアングルwwww

これは、この状態でゆっくりと360度回転展示されてたのですが、

やっぱここから撮るのが正解っしょwww


生きてるやつはめっちゃカッコよく撮れました!


 
Numazu deepsea 10

カッケぇ!

即パソコンのデスクトップ行きです。

写真 2018 09 04 16 11 51

ちなみに、標本コーナーにはおなじみの小魚たちもいましたよ。

Numazu deepsea 16
よくこういうの売ってる水族館もあるけれど、

沼津港深海魚水族館では販売はしてないようでした。

さて、おまちかねのシーラカンス。

もったいぶる展開ですが、まずは日本独特の記録方法である魚拓から。

Numazu deepsea 18
魚拓という文化が海外で珍しがられて、これのレプリカとかが人気だそうです。

ってことで、おまたせしました、

3億5000万年前からその姿を変えていないシーラカンスの、マジもんの冷凍個体です。

Numazu deepsea 6
カッコヨォォォオオオッ!!!!

まさに古代種らしい異形!!

背骨がなく、胸ビレと背びれに丈夫な骨と関節があるという特異な魚。

目の間にいるぅぅぅう!!!

シーラカンスはワシントン条約により絶滅危惧種に指定され捕獲が禁止されているにも関わらず、

ここ沼津港深海魚水族館は商業施設での展示が唯一許されていたということだそうです。

Numazu deepsea 5 

はぁ、ロマンだ。

お土産コーナー


深海魚水族館は、いきなり終わりますww

もうちょっと

「あ、この先曲がったら出口だろうなぁ。」

みたいなのとかなく、いきなりお土産コーナーに突入ww

そして、そこにはイカした帽子ありましたよ!!

Numazu deepsea 19
ただ、わたしはこれを買わずに、もっとイカしたもの買って来ました!

写真 2018 09 08 5 34 48
3D PAPER PUZZLE

越前和紙ダイオウグソクムシ(藍)


めっちゃいいじゃん!!

なんか緑っぽいのとかもあったけど、いやいや青い方がオシャレ!

作るの楽しみです。


深海魚バーガー食べて来た


Numazu deepsea 22
深海魚水族館を出てすぐ隣に、これ別経営なのかな……

沼津バーガーという安直な名前のファーストフード店を発見。

そこの一番人気がこれ、深海魚バーガー!!

Numazu deepsea 20 

ラブライブでもおなじみ!
Numazu deepsea 21
ちなみに、オシャレな深海魚カクテルもいただいたぜ。

Numazu deepsea 23
コンセプトだけは伝わったが、何味だったのかとかよくわかんなかったww

Numazu deepsea 24

まとめ:深海はロマンだ。


さすがに沼津港深海魚水族館で冷凍されているシーラカンスは駿河湾で捕獲されたものではないし駿河湾にはいないだろうとされてるけど、

ないもの、いないもの、それを100%と証明することは出来ないので、

本当にいないのかは誰にもわからないんです。

それどころか、シーラカンスを超える大発見もあるかもしれませんよね。

ロマンだ。

ここ結構面白いので、沼津行く際は是非、東京からでも新幹線使えば近いし!


ってことで今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!














sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }