}

秋葉原 天野屋さんの氷甘酒を食べてきた!【甘酒かき氷♪】

どうも、相変わらず間食ばかりしてます萩原悠です!

先日真夏のクソ暑い日に、秋葉原のスタジオでのお仕事までちょっとだけ時間があったのを利用して行ってきました!

天野屋さんのかき氷

甘酒のかき氷です!


スポンサードリンク

天野屋


Amanoya 12

今回行ってきたのは天野屋という、1846年に創業という超老舗の甘酒屋さんです。

秋葉原駅から徒歩10分くらいかな、御茶ノ水からなら5分足らず、

神田明神の鳥居のすぐ隣にある天野屋さんです!

メインは普通に甘酒を売ってる売店スタイルなんだけど、

その横にしれっと、15人は座れないなくらいのカフェスペースがあります。

Amanoya 13 2
ぶっちゃけ秋葉原らしい秋葉原からも御茶ノ水らしい御茶ノ水からも外れているので、

アキバ系の方もバンドマンもちょっと行ったことないかもしれないですね。

是非行くがよい!

氷甘酒!


Amanoya 10
これです!!

食ってきました!

甘酒かき氷

かき氷のシロップの代わりに170年の歴史を持つ甘酒が使われているんですね。

Amanoya 5
上からかかってるのではなく底に貯まってます。

なんだろ、かけると溶け過ぎちゃうのかな?

現にどんどん溶けてきちゃう!!

Amanoya 6
てことでさーせん、ガンガン食います!

そういえばかき氷ってすげぇ久々だなぁ。

あ、忘れてた。

自分甘酒苦手だった!!

お酒全般が全然飲めないけど、甘酒はもう全然好きじゃないんだった!

……


なのに……

……

……

めっちゃ美味いの!!

なにこのさっぱりした感じ!

超うまいやん!

正直このカフェスペースは風通しも悪いしエアコンとかも(多分)なかったし、割と暑かった。

けど、かき氷を食べて二口目くらいから汗がスーッと引く感じがあって、すごい爽やかボーイになった感じ!

なにこれめっちゃうまいわ!

甘酒オイシイよ!

これなに、粕っていうの?

“ツブツブ”と”モチモチ”の間の食感で、氷と一緒にいただくのがめちゃめちゃ良き!

もうどんどん溶けちゃうからどんどん食べるしかない!

結構大きいからね、食べでがありますわ!

これで500円です!

水を凍らせて削ったもの+ちょっとの甘酒という原価からは考えられない高値かもしれませんが、

最近はもっと高いかき氷もいっぱいありますからね、わたしは結構満足!


ちなみに他のメニューはこんな感じ


メニューも一通り写真撮らせてもらってきました。

Amanoya 1


左上のが今回いただいた氷甘酒。

その他にもスタンダードなかき氷がバリエーション豊富にありました。

Amanoya 2


そして何気に光る存在の味噌おでん

Amanoya 4
近くに座ってたおばちゃん集団が人数分の味噌おでんとかき氷を得意げに頼んでました。

え、同時に食べるの?

まとめ:来年また来ます!


これで500円、めっちゃよかった!

また秋葉原でちょっと時間ができたら行こうと思います!

でもちょっと遅かったな、今年はもう夏が終わっちゃう。

来年行きます!

こういう小さなお店に

「来年行く!」

っていうのはちょっと危険な約束ですよね。

それまで無事に続いているかとかさ。

でも、すでに171年目ですから!!!

172年目の夏を迎えられる確率はわたしが来年まで生きてる確率より高いと思う。

楽しみにしてまーす!

Amanoya 15
最後まで読んでくれてありがとう。

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }