}

AKG C214 stereo set 開封!

AKG社と言えばヘッドフォンやマイクロフォンでとても有名なメーカーでございます。


AKGのマイクと言えば……




まぁC414でしょうね。


これはどこのレコーディングスタジオでも必ず複数本あると思います。

その理由は、オールマイティな用途に使えるフラットな特性、独特の色気と立体感かと思います。

僕もいつか欲しい…
しかし如何せんちょっと高い!!orz
俺は録音屋ではない!
こんなん買うんだったら………



なに買おうかなぁ。アコギでももう一本買う?笑


さて、C414には届きませんが、C214でしたら割と現実的な金額で手に入ります。

C414とはやはり別モノですが、もっと廉価なC2000〜C4000とはこれまた別モノです。



ということで、ほどよいところのC214stereo setですどどーん!



C214 stereo set  開封前3

今日はこいつを開封し、皆さんと一緒にワクワクを共有したいと思います。


レッツゴ!


AKG C214 stereo set 開封します!!



ちなみに、これが専用ケースです。保管は勿論、外でのレコーディングにも持ち出せます。

C214 stereo set  開封前2
ホラ、取っ手がついてるでしょ?
ケース自体は軽いです。
ちょっとかさばるけどそれなりにしっかりしたケースなので嬉しいですね!


ちなみに今回これは2本セットのなんだけど、勿論1本売りしてます。
その際はもう一回り小さいケースです。


では、いよいよ周りのフィルムを剥がします!


C214 stereo set  ケース
AKGロゴこんにちは。




開けます!(はよせいww)


C214 stereo set 箱中身1

うわ〜お!二本も入ってる!


ステレオセットですから当たり前でした。

C214 stereo set 箱中身2 なんかお菓子の詰め合わせボックスみたい…でもないか。
無理にうまいコメントしようとするのやめます。



ちなみに、ステレオバーは別売のようですね。なのにしっかりスペースだけは作ってあります。
せっかくのステレオセット売りなんだから同梱せいよ!

C214 stereo set ステレオバー


で、これがマイクを取り出したところです。
さっさとマイクホルダーもつけてみましょ。


C214 stereo set 本体+ホルダー

AKGのコンデンサーマイクにはこの2種類のホルダーがつきます。

1つはこういう普通の。

C214 stereo set 通常ホルダー


そしてもう1つはクッションマウントホルダー。

C214 stereo set 専用ホルダー
普通はこっちを使うわな。
私はAKGのC3000も以前使ってましたが、一度も前者のノーマルホルダーを使ったことがありません。



次に、

オシャレなカツラ。

C214  ポップガード
ウィンドブレイクするぜ〜。

ポップガードですね。
これでボーカルさんのボッていうノイズや、
アウトドアでの風ノイズとおさらば…かな?

使ったことないのであまり踏み込んだことは言わないでおきます。


マイク本体にはPADスイッチとローカットスイッチがついてます。


C214 ローカット
C214 PAD -20dB

そしてこれが1セットだけ抜き出したケースです。
C214 stereo set 箱スポンジ
なんでだろ、こういうのワクワクしません?パズル的な高揚感です。


さて、今回は開封するだけでこんなにスペース使ってみました。

見てるだけでC214が欲しくなっちゃったあなたはこちらからどうぞww
→AKG C214 ステレオセット


のちのちこのマイクが活躍しているところ、このマイクを持って変顔してるところなど、
どんどんアップしていこうと思いますのでその際はまた見てくださいね!

ちなみに下の関連記事にC3000のこととか書いてあります。宜しかったらそちらもどーぞー!

それでは、どうもありがとございましたー、
萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

このブログの更新情報はLINE@でお伝えしてます!
登録お願いします!
友だち追加数

【関連】
▶︎AKG C3000 / RODE NT2-A 初心者コンデンサーマイク比較!
▶︎Audio Technicaのコンデンサーマイク AT2020,AT2035,AT2050の比較

▶︎マイク特集はコチラ!


【テスト】T

この記事がお役に立ちましたら、シェアして下さると励みになります!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }