}

BOSS DD-3Tデジタルディレイのレビュー!DD-3との違いもまとめました!

どうも、長年DD-3使ってます萩原悠です!

BOSSから新しくDD-8というデジタルディレイが発表されましたが、

それと同時に発表されたのがまさかのDD-3Tというモデル。

なに?

今更DD-3?

で、Tってなに?

そんなお話をまとめました!

DD 3T 00

5秒で説明すると…

タップテンポがついたDD-3




BOSSのデジタルディレイ



1983年に、世界初のコンパクトデジタルディレイとしてリリースされたDD-2

そして1986年、DD-3というモデルにモデルチェンジしましたが、

実はその中身は全く同じ!

特に前期のは本当に同じ!

(DD-3になってからこっそりマイナーチェンジがなされているのだ)

つまりはBOSS最古の、いや、世界最古のコンパクトデジタルディレイがDD-3なわけですが、

その路線とは別に、多機能系のDDシリーズが

DD-5DD-6DD-7と来て、DD-8になるまで着々と進化を続けてきました。

それでもなおずっと販売され続けていたDD-3。

なんとこのタイミングでDD-3Tに進化するとな!


DD-3T






コチラです!

末尾にTがつくモデルは初めて。

技-WAZA CRAFT-のW

最新デジタルのX

ベースのB

古くはリモート端子のついたR

などもありましたが、Tですか!


DD-3TがDD-3と違うのは……





こちらがBOSSの公式動画ですが、

もうスタイリッシュに走りすぎて全然ちゃんと説明してくれてないwww

ので、わたしが説明します。

Sponsored Link

ディレイタイムは全く同じ12.5〜800ms


DD 3T 10
今のデジタルディレイって本当にディレイタイムが長くて、

2秒(2000ms)とか6秒(6000ms)とか、高級機種はそれどころじゃない長さを誇りますが、

DD-3TはDD-2リリース時から変わらずの最大800ms、つまり0.8秒です。

なんかそう聞くと物足りないような気がしますよね?

でもね、実際使うのこんなもんだからいいんですよ。

十分すぎる。

BOSSのデジタルディレイはこのコンパクトなボディにうまくノブまで収めたなぁという絶妙な仕組みで、

MODEのノブで大まかなディレイタイムを選んで、

TIMEのノブで細かく設定していくという作りです。

S(ショートだろうな)が12.5ms〜50ms、
M(ミドル?ミディアム?)が50ms〜200ms、
L(ロングですね)にすると200ms〜800ms

という具合!


たしかに、ひとつのノブで12.5〜800msまでとなったらそりゃ範囲が広すぎてうまく設定出来ないですよね。

(最新のDD-8はそんな仕様です。もうタップテンポ前提の作り!)




基本的にはテンポタップがついただけ


TapTですね。

いまどきデジタルディレイでタップテンポ機能がないってのは時代遅れすぎるってことでつけることにしたんだと思います。

ちなみに、タップテンポとは、

ディレイタイムをペダルを何回か踏むことでそのテンポに設定することができるという直感的な機能です。

曲のテンポに合わせたいけれどそれは何msなのかわからない……

ってときは足で曲に合わせてポンポンポンポンと踏めばOK!

また、せっかく事前にテンポを設定していてもライブ演奏時は微妙にテンポ違ったりして台無しになったりしますよね?

そんなときはタップテンポよ。

ディレイを使うちょっと前にポンポンしてテンポを調整しましょう!


付点八分とかもいけます!


ディレイをかけたいテンポに合わせて踏むって言ったって、

設定したいディレイタイムが4分音符ならいいけど、

そうじゃない場合はめちゃめちゃ難しくなります。

付点八分でテッテケディレイをしたいときに付点八分で踏んでテンポを設定しないといけない?

いやいやいやめんどくさい!

でもこういうモデル、まだまだあるんですよね。

しかしDD-3Tなら、

  • 踏んだテンポの4分音符
  • 踏んだテンポの付点8分音符
  • 踏んだテンポの2拍3連


のどれにするかを設定出来ます!

これはMODEのノブで切り替えられて、


L.800ms にしてると4分音符
M.200ms にしてると付点8分
S.50ms にしてると2拍3連

というわけ!

たしかに、タップテンポで入力するとここのMODEは意味をなさなくなるからね!

外見を本家DD-3と変えないままに便利な機能を追加出来たというところは評価高いですね!


アウトプット端子の位置


DD 3
DD-3はアウトプットが2つあって、でも実はステレオではなく、

原音とエフェクト音を別々に出すことができるよ!

というアウトプットでした。

DD-3Tでもそこは変わらず、

ただ、端子が同じ方向につきました!

DD 3T 3 2
これ地味に便利ね。

だって、やっぱりアウトプットは同じ方向にあって欲しいじゃない。

それがルーティング的に、ボード事情的に便利です。

で、なぜ同じ方向についたかというと、

そう言った利便性の点と、Tです。


タップテンポ用外部フットスイッチ


DD 3T 4
タップテンポを本体タップでなく外部フットスイッチから入力することもできます!

でも、なんで本体で出来るのにわざわざ外部フットスイッチを使うんだと思うじゃないですか。

それはね、

よく考えたら本体のペダルをタップしたら普通にエフェクターのオンオフになっちゃうじゃないですか。

なので、本体タップをするためにはペダルを2秒以上長押しして”タップモード”にしないといけないからです。

DD 3T 6 2
超ちっちゃいけど本体にも書いてあるで!

これを、外部フットスイッチを使えば長押しして切り替える手間が省ける、

本体ペダルは常にオンオフ、外部フットスイッチは常にタップスイッチ、という使い分けができます。

使ってみるとわかりますが、この方が圧倒的に便利です!

ちなみに、フットスイッチはアンラッチ式である必要があります。

こっち!





黒い方がかっこいいからと言ってFS-5Lを買うと全く使えないので注意!





こっちじゃダメ!!



SHORT LOOPってつまりHOLDモードです


DD 3T 7 2
SHORT LOOPというこれまでのBOSSのエフェクターで見慣れない名前がありますが、

これはDD-3のHOLDモードと同じです。

踏んだ間のフレーズを踏んでる間延々ループします。

長さもDD-3のディレイタイムの範囲と同じ、最大800msです。

最近のディレイはルーパーも搭載してて十分すぎる長さを誇っていますが、

さすがに800msだとフレーズをループするには物足りなすぎますねww

まぁこれでもアイディアを駆使して使ってたんですけどねわたしたち!

というわけでなんで全く同じ機能なのに名前が変わったかと言うと、

多分コレ、

DD 3T 6 2
こうして

「ペダルを長踏みしてください」

という指示のところにHOLDって言葉を使ってるからだろうなぁと思います。

同じ単語を使っちゃうと意味がこんがらがっちゃうから、それを回避するためにモードの方を変えたってことでしょう。


まとめ:DD-3Tは使いやすくなった大定番ディレイ


DD 3T 11
DD-3と言えば今尚愛用者の多いロングセラー大定番デジタルディレイです。

ぶっちゃけもっと高音質だったりもっと多機能なディレイはいっぱいあるのに、

なぜかギタリストたちはこのDD-3の音が好き。

しかも何十年前のヴィンテージだけが価値があるのではなくちゃんと現行のDD-3も人気がある。

その魅力的なサウンドとただでさえ使いやすさだったDD-3が、

さらに使いやすく進化したってんだからこれはDD-3を狙ってた方は全員こっちに変更でしょうね!

ちなみにわたしはなぜか調子に乗ってDD-3にダイソーで買ったカッティングシートを貼ってオシャレにデコってしまっていますwww


今でもこれ使ってて、ちょっと人に見られるのも恥ずかしいですが、剥がさずにこのまま頑張ってる!!


やっぱり、なんとも言えないこのサウンドが好きだからね。

是非皆さんも、今度はDD-3Tの方でお試しください!

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!
























sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2019年11月の活動報告

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }