}

【ガンプラ】RGの骨組みが折れた!真鍮線と接着剤で補強したその方法と注意点

どうも、ガンプラ初心者が始めてのRG製作でやらかしました、萩原悠です!

まさか、アドヴァンスドMSジョイントが、折れるなんて!!

ってことで、真鍮線を入れて接着剤で固めて直したというお話です。

きっとこの失態の記録は誰かの役に立つと信じて!

Banshee 207

Sponsored Link

RG アドヴァンスドMSジョイント


Banshee 49
ガンプラの中でも、サイズも小さくてパーツが細かいため作るのが面倒、大変と噂のRG(リアルグレード)シリーズ。

手軽さがウリのHGシリーズと同じサイズなのに精巧さがウリのMG(マスターグレード)に匹敵するパーツ数だってんだからそりゃ大変だわ。

そしてRGシリーズの目玉のひとつでもあるのが、内部フレームの機巧です。

関節部分などが簡単に仕上がる、というか半分仕上がっているという面白い作りで、

関節などの可動域は全てこの内部フレームが動いて再現しているというわけなんです。

Banshee 29
たしかこれは膝。

腰回りにはこんなキモめのパーツがついてますww

Banshee 36
ここにそれぞれ腰巻がつく感じです。

Banshee 41
すっげすっげ!

そんなこんなで、最終的にはこんな無茶なポーズまで実現したというわけです。

Banshee 84
今回はラップ塗装を施したので、完成形はこうなります。

Banshee 226


そんなRG、とっても楽しく作れたのですが……

実は……


折っちゃった


Banshee 50
作ってる段階で、アドヴァンスドMSジョイントの一部を折ってしまいましたwww

ぎゃあああああああああああ!!!

折れたぁぁぁぁぁああああ!!!orz


アドヴァンスドMSジョイントパーツは、出荷時最初はちょっと可動部分が硬いらしくて、

それをゆっくりほぐしてから組み上げるべきだそうです。

しかし自分、どっち方向に可動するのかがわからなくて、

変な方に力入れてしまったようです。

やべぇ……折れちゃったよ。。。

腕部分です、接着剤でごまかしています。

Banshee 52 2
が、やっぱりこんなんじゃごまかせませんでした。

ちょっと触るとすぐポロりしてしまう。

接着剤を塗る面積も狭すぎるし、可動部分だからどうしたって負荷がかかっちゃう。

腕に武器をつけたりしたら当然その分重くなるし、

うわ〜んどうしたものか!

パーツ取り寄せ


一応バンダイさんで、1パーツから取り寄せが出来るのです。

なのでそれを使ってこの部分を取り寄せよう。

アドヴァンスドMSジョイントのパーツは他に比べて高いけれど、それもしょうがない……

と思ったら、

今在庫切れだそうですorz

くっそ!

どうしよう!


秋葉原の中古ショップ!


Parts01
いや〜探したわ!

中古でパーツだけ売る人ってのがいるようで、

そんなバラ売りバーツを売っているショップを巡りました。

Parts02
が、そんな都合よくちょうど欲しかったパーツが手にはいるわけはありません。



真鍮線で補強する


Banshee 205
ネットで見てちょっと面倒だなぁと思ってはいたけれど、もうこれしかありません。

パーツに穴を開けて、そこに真鍮線(金属の棒みたいなもん)を突っ込み、それごと接着剤でくっつける。

うげぇめんどくさい……。

しかし、せっかくブログの読者さんがプレゼントしてくれたわけだし、綺麗に仕上げよう!

穴開けるようにピンバイスまで買いましたよ!


真鍮線での修復方法


Banshee 208
こちらが真鍮線。

これを、今回は関節部分に刺します。

Banshee 207
真鍮線補修の中でも随分難易度の高い部分だなぁ……orz

十分な面積がないところなので、真鍮線の太さは0.8mmを選択。

そしてその0.8mmの真鍮線を通すために、1.0mmのドリルで穴を開けます。

Banshee 206
で、当たり前ですが真鍮線このままだと長すぎるので、

両方のパーツに開けた穴の深さ分の長さにカットします。

今回はこれくらいでした。

Banshee 209
みじかっ。

こんなんで大丈夫かなぁ……。

Banshee 214
(小さすぎてピントも合わないw)

肩側に刺すとこんな感じ。

Banshee 211
そして腕側に刺すとこんな感じ。

Banshee 215
うん、多分イケる!

ってことで、ここからは瞬間接着剤です。

1.0mmの穴に0.8mmの真鍮線なのでゆるゆるです。

この隙間を接着剤で満たす感じで。

Banshee 212
エイヤっ!!

Banshee 217
ここでキープ。

瞬間接着剤とは言えさすがにもうちょっと待ちましょう。

(厳密には、キープのために両手が塞がってたのでこの写真は数分後です)

で?

で……


で…………


出来たーーーーー!


Banshee 235
くっついたやん!

こんなデカくて重いシールドをくっつけても全然大丈夫になった!

すごい!

真鍮線補修すごい!

今まで瞬間接着剤だけではどうにもならなかったのに!

こんなに簡単に直るんだったら早くやればよかった!

同じようにパーツを追っちゃって絶望にひたっているプラモデラーさんがいましたら、

是非真鍮線補修をやってみてください!

真鍮線を調達するのとかちょっと面倒だったけれど、

実際の作業時間は全部で20分くらいでした。

これならピンバイス本体とドリルの刃がセットになってます。


そしてこれが真鍮線0.8mm。



是非やってみてくださいね!

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!







sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



























萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる
Scene.38 一番長いクライアントさん、劇団輪座さんと出会う
Scene.39 ニコ動デビューする
Scene.40 Mac&LOGICを使い始める
Scene.41 KORGの開発部で働く

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }