}

TC Electronic CORONA miniデジタルコーラスのレビュー!

どうも、コーラスはデジタルもアナログも好き、萩原悠です!

スッキリ系のデジタルコーラスのおすすめエフェクターを紹介したいと思います!

TC ElectronicCORONA miniです!

miniじゃない方のCORONAもあるのですが、

サイズ感も含めてCORONA miniの方が好きなのでそちらをレビューします!

簡単にではありますがCORONA(フルサイズ)との比較もしてありますので参考にしてくださいね!

Sponsored Link

TC Electronic


TC Electronicとは、デジタルエフェクターの台頭して来た頃の音楽業界を引っ張っていったエフェクターブランドのひとつです。

今でもTC Electronicのエフェクターは人気が高く、

特にデジタル系に関しては

「とりあえずTC Electronicは抑えておかないと」

というレベルです。

そんなブランドのコーラス、CORONAを紹介したいんです!

CORONA mini 1

CORONA mini






こちらがおすすめのコーラスCORONA miniです。

小さいし安いしで馬鹿にされがちですが、

一度弾いてみたらおやおや、これでええやんってなるで!(何故に関西弁?)


Sponsored Link

動画で確認





いつも素晴らしいレビュー動画があるので今回も拝借しました。

冒頭の”全ノブほぼセンター”のとこから

「それそれー!!キャッキャ」

ってなりませんか?w

デジタルエフェクターらしく、爽やか系のサウンドが得意です。

深くかけても音が滲まずクリア。

エグめのサウンドも簡単操作で作れる!

なんだこれ、コーラスってめっちゃ楽しい!

でしょ?

各ノブの説明


CORONA mini 3
ほぼ説明不要ではあるのですが、

一応各ノブの説明を。

CORONA miniはめちゃくちゃシンプルにノブが3つ。
  • SPEED:揺れの速さ
  • DEPTH:揺れの幅(≒コーラスの強さ)
  • FX LEVEL:コーラス成分の音量

こんな感じです。

miniじゃない方のCORONAにはここにTONEが含まれます。





いや〜CORONA miniの評価できるところは、

小型化したいとは言えFX LEVELを排除しなかったところですね。

この混ぜ具合、めっちゃ大事だから!

シンプル系のコーラスペダルにはこれに相当するノブがなくて音作りが難しいんだなぁ。

CORONA mini、いいぞ!


TONE PRINT



TC Electronicの最近のラインナップの特徴として、

TONE PRINTという機能があります。

CORONA mini 4
これはUSB経由でPCの専用エディターで音を作って本体に流し込めるというものなのですが、

エディターには予め著名のプロミュージシャンによるセッティングがごっそり入っているのです。

しかもこれがデジタルエフェクターのすごいところで、本体をいじるだけでは絶対に作れないような音もTONE PRINT EDITORからだと作れてしまい、

CORONAからCORONA miniが生まれたときに排除されてしまったTONE(明るさ調整ノブ)もエディターからだと簡単に操作出来ます。

そう、つまり小さくてもCORONA(フルサイズ)と全く同じことが出来るんです!

そしたら小さくて安い方にするに決まってるやーん!


CORONAとCORONA miniの最大の違い




ここまでミニサイズのCORONAばかりをゴリ推ししていますが、

やっぱり本当はフルサイズの方が使い易いとも言えます。

というのも、フルサイズCORONAはTONE PRINTモードと通常モードを簡単に切り替えられます。

つまり、CORONAの普通のサウンドとは別にTONE PRINTとして書き込んだサウンドを保存しておくことが出来るわけですね。

これが便利と言えば便利。

CORONA miniだと上書きになっちゃいますからね。

このへんがTC Electronic製品のフルサイズラインアップとminiラインナップのよくある違いです。









まとめ:CORONA miniのコレで十分感がすごい


CORONA mini 2
さていかがだったでしょうか。

よっぽど個性の強いコーラスをご所望でない限り、

アルペジオを綺麗にするのもカッティングにクセをつけるのもリードにアクを持たせるのも、

このCORONA miniで十分と言えます。

やっぱりエフェクターで小さくて安いってのは助かりますよ。

フェザータッチな気持ち良さのあるCORONA mini、是非楽器屋さんで見つけたら試奏してみてください!


最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!














sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



























萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる
Scene.38 一番長いクライアントさん、劇団輪座さんと出会う
Scene.39 ニコ動デビューする
Scene.40 Mac&LOGICを使い始める
Scene.41 KORGの開発部で働く

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }