}

MAXON CS550おすすめのアナログステレオコーラスをレビュー!

どうも、エフェクターがどんどん好きになる萩原悠です!

ここではアナログコーラスの定番機種、MAXONCSS50のレビューをしたいと思います!

昔ながらの温かみのあるコーラス、多くのギタリストが今でもボードに入れているという名器です!

CS550 1

Sponsored Link

MAXON


MAXONとは、1966年に日本の株式会社日伸音波製作所が立ち上げた老舗エフェクターブランドです。

特にTS系のOD808を始め、数多くの名機を世に排出、レジェンド世代のギタリストが多く使っていたため、

現在もお父さん世代には馴染みの深いブランドですよね。

今では新しいエフェクターブランドがドカドカと増えたおかげで霞んでしまいますが、

やっぱりいい音、いいエフェクターです!


CS550 ステレオコーラス






ここで紹介するのはコチラ!

CS550というステレオコーラスです!

元々1995年に日本のギタリストCharさんの監修ということもあり話題になった一台ですが、

現在手に入るモデルは復刻版ということになります。

(このページの写真に写っているのは旧モデルの方です)

Sponsored Link

動画





こちらが一番CS550の魅力が伝わる動画かなと思います。

また、日本人によるレビュー動画もあったのでこちらも御覧ください。




こういうテンションで語られると買いたくなっちゃいますよねww


CS550の使い方


CS550 3
CS550の使い方はシンプルながらも奥が深いです。

揺れの幅のDEPTHと速さのSPEED

それに加えてDelay Timeも操作出来て、このつまみで結構キャラクターが変わります。

右に回していくほど広がりが出てくるので、

ゆったり大きなノリのアルペジオとかをやるにはD-TIMEを開放気味にしてみるといいですね!

また、本体背面にてコーラスのミックスレベルも調整出来るので、

コーラスの成分をどれくらいの音量で混ぜるのか、これで奥行き具合が変わりますので、

音の芯がありすぎorなさすぎのときはM-LEVELをいじってみてください!

ステレオコーラス


CS550 2
CS550の名前にもなっています、ステレオコーラスという点。

CS550 4
これは出力がステレオアウトにも出来るということで、

ふたつのスピーカーから鳴らすことによってコーラスが空間合成(スピーカーから音が出た後にコーラス効果が完成する)ということになり、

非常に自然で広がりのあるサウンドになります。

ちなみに、インプットはモノラルですので、

ステレオソース(たとえばキーボードとか)に使おうってのはちょっと出来ません。

CS550 5

専用アダプター






MAXONのこのサイズのエフェクターで気をつけていただきたいのは、

専用のアダプターを使うべしってところです。

昔のモデルと違って10Vではなく9V仕様になったから汎用品でいいと思ったけれど、

現行モデルもやっぱりMAXONの純正アダプター推奨だそうです。

CS550を買うと付属するのでそれを使いましょう!

CS550 7

まとめ:CS550は暖かい系の定番アナログコーラス


さていかがだったでしょうか。

CS550は現代コーラスペダルの定番の一角を担う存在です。

特にアナログコーラスの中でとなるとさらに候補が絞られますよね。

ちょっとボディが大きいってのが難点かもしれませんが、

温かみのあるコーラスが欲しい方はまず最初に候補に挙げるべき一台です。

逆にすっきり系には向きません。

シャープなカッティングがしたい方はBOSSCH-1TC ElectronicCORONA miniとかにしましょう!

ってことでこのへんでおしまい。


最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!









sponsored link

IBanner_Review_02.jpg












萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }