}

FOXGEAR ディストーションFenixのレビュー!え、これOCDじゃね?

どうも、ディストーションはこだわりたい萩原悠です!

歪みはやっぱり大事ですよねー。

弾いてるときの気持ち良さも大事だし、

楽曲全体への影響も考えて選ばなければいけません。

さて、最近FOXGEARというブランドが立ち上げられまして、

そのFOXGEARになかなかいいディストーションがありますよ!

それがFENIX!

というかこれ、OCDじゃね?

早速紹介していきましょう!

FOXGEAR 4

Sponsored Link

FOXGEAR


2018年末に突如として誕生した新しいエフェクターブランド。

元々イタリアのブランドのGurus AmpとBaroni-Labというふたつのブランドがあり、

その両社が手を組んだいわゆる合併事業になるのがこのFOXGEAR。

どちらも高い技術力が評価されているブランドですが、正直ちょっとお値段も高い。

しかしこのFOXGEARはなんとどれも1万円程度!

ビギナーや学生さんにも手が出しやすいラインナップになっています!


FENIX


FOXGEAR立ち上げ時に歪みペダルは全5種類。

その中で一番スタンダードに使えそうなのがこのFENIXというディストーション。





割と歪みます。

しかしいい具合に全体の音にまとまりがあり、どうしたっていい音になってしまいますwww

この扱いやすさはズバリ初めてのエフェクターにも最適でしょう!


Sponsored Link

3バンドのイコライザー

FOXGEAR 5
歪みエフェクターには大体の音質を調整するためのツマミがついてて、

物によってはTONEノブひとつだったりもします。

(FOXGEARではCREAMとかMANIACとかがそう)

しかしこのFENIXは高音域、中音域、低音域をそれぞれに調整するための3バンドイコライザー!

ドンシャリ気味にするもよし、中音域を持ち上げるもよし、低域は削って明るい音にするもよし、

基本的に3バンドあればどんな音も作れると思ってます。

対応出来る幅の広さ!

めっちゃいいね!

FENIXって……OCDじゃない?


この歪みのキメの絶妙具合、ピッキングニュアンスも拾ってくれる扱いやすさ、

あれ、これなんか、OCDに似てない?

OCDってのはFULLTONEブランドのド定番ディストーションペダルです。

これのサウンドに似てる気がするんですよね。

そう思って改めて並べてみたらアレ、同じ色じゃね?ww


FOXGEAR 54
いちおう OCDはオーバードライブという括り方をされますが、オーバードライブにしてはかなり歪むので、FENIXがそれを模してディストーションを作ったと言われてもそこそこ納得してしまいます。

OCDについてるトグルスイッチで明るい方のセッティングにしたときの感じですね。





OCDよりちょっと音が軽い


もう”OCDと比べて”という言い方になってしまいますが、

若干OCDの方が音が太いですね。

ローミッドに芯があるというか。

それに比べたらFENIXはちょっと重心が高い感じで、

ヘビィなリフをやるには物足りなさも感じるでしょうね。

歌モノのバッキングには全然いい、というか低音がごちゃつかないので最適だと思います!


まとめ:FENIXは初めてのディストーションにも是非!


めちゃめちゃ使いやすいと思います!

特に最近の、2000年代以降のバンドの音が好きな方にはオススメ!

とりあえず繋いで好きなとこまで歪ませて、

あとは3バンドイコライザーで調整すると。

なんの知識もいらずにいい音が作れます!

あ、電池駆動は出来ずにアダプター必須ですのでそこだけ注意。

FOXGEAR 6 

筐体の作りがちょっと安っぽくて気になりますが、

おかげでめちゃめちゃ軽いのでボード的にも嬉しいですね!

FOXGEAR 56
是非FENIX、使ってみてください!

てことで、最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!







sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



























萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }