}

FOXGEAR RYDERディストーションのレビュー!

どうも、FOXGEARに割と注目してます、萩原悠です!

そもそもみなさんFOXGEARご存知ですか?

まだまだ新しいブランドなのでご存知ないかもしれませんが、

今後徐々に流行ると思うなぁ。

ってことで、ここではFOXGEARのディストーション、RYDERのレビューです!

Sponsored Link

FOXGEARとは



FOXGEARは、2018年末に設立されたエフェクターブランドです。

2つのイタリアンエフェクターブランドGurus AmpBaroni-Labが共同で立ち上げたFOXGEARは、

なんと言ってもコスパがいい!

両ブランドの高い技術力はそのままに、

うまいことコストダウンしてくれたラインナップが魅力です。

4,5万円出せるならGurus Ampを買うといい。

しかし、1万円でこれはすごいぞ!


RYDER






さて、今回紹介するのはRYDERというエフェクターです。

FOXGEARはまだブランド誕生から三ヶ月程度だっていうのに、

どんどん歪みエフェクターが出ますね!

このRYDERはどんなもんなんでしょうか。


Sponsored Link

ダグ・アルドリッチ シグネイチャー


RYDER 4
RYDERはFOXGEAR史上2台目のアーティストシグネイチャーモデルです!

(1台目はトレモロKNEE TREMBER。ガイプラット氏のシグネイチャーです。→レビューはコチラです!)

ダグ・アルドリッチとは、バンドWhitesnakeなどでその名を轟かせたLAメタル界のギターヒーローです。

そんなダグ・アルドリッチとのコラボレーションで生まれたエフェクターともあれば、

それはそれは注目度が高いですよね。


RATSを元にしている



このRYDERというエフェクターは、

RATSというエフェクターを元に開発されています。

ちなみに上の画像はRAT2

RATSとは違います。

このRAT2を元に作られたのがFOXGEARのRATSです。


で、このRATSを元にさらにFOXGEARが開発を進めたのが

今回紹介しているRYDERというわけなんです。

RYDER 5
ちょっとややこしいですねw

ノブ


RYDER 2
RYDERの操作はとってもシンプル。

  • GAIN
  • FILTER
  • VOLUME
です。

シンプルですね。

GAINで歪みの量、VOLUMEは純粋に音量。

残るひとつはいわゆるTONEのことで、RAT2、RATSと同じようにFILTERですね。

で、やっぱりRAT2みたいに右に回せばローパスフィルターがかかってこもるスタイルではなく、

普通のトーンと同じように右に回した方が音が明るくなります。

たしかにRAT2のこの体感的に逆な感じはちょっととまどうけれど、

やっぱりそこも再現して欲しかったなぁなんて思ったりもします。


RYDERのサウンドは……


このサウンド、めっちゃ好きです!

FOXGEARの歪みの中で一番好きかも……いや、でもあ〜どうかなww

まず、低音がすごくしっかり出ます。

ブリッジミュートしながらズンと弾いたときの程よいルーズさと重さ。

それでいて高音域もかなりギャリギャリと鳴ります。

若干シルキーな成分もあり、そのバランスが絶妙!

シルキーさとギャリギャリって共存出来ないのかと思っていたけれど、

これは良く出来てるなぁ。

フィルターの効きもよく、かなりモダンなサウンドになっています。



RATSとの違い


RATSが出たときも、ダグアルドリッチのサウンドを意識して作られたそうですが、

このRYDERはまさかのご本人監修!

その結果どういうことが起きたかというと、

RATSよりも振り切ったサウンドになりました!!

RATSは使いやすかったけれど、ちょっと中途半端な印象でした。

まぁ言っちゃうと、あまり好きではなく、これだったら現行品の本家RAT2とかを買えばいいのにと思ったくらい。

しかしこの度、RYDERではそのあたりは突き抜けて来ました。

もうRAT2とは別物です。

サウンドはシャープながら重い。

これは正統な進化ですよ!






まとめ


さて、RATSを改良したということで、ダグ・アルドリッチ氏との正式なコラボレーションによって生まれたFOXGEAR/RYDER。

FOXGEARがもうちょっと知名度あがればこのRYDERが若者の間で定番のディストーションになるってことも十分ありえます。

みなさんも楽器屋で見つけたらいち早く試奏してみてください!

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!














sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



















































萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる
Scene.38 一番長いクライアントさん、劇団輪座さんと出会う
Scene.39 ニコ動デビューする
Scene.40 Mac&LOGICを使い始める
Scene.41 KORGの開発部で働く

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }