}

NINEVOLT PEDALS/Animals PedalのBATH TIME REVERBをレビュー!

どうも、最近コンパクトリバーブを色々検証してます萩原悠です!

一昔前に比べて、安くて高品質なエフェクターが増えましたね。

特にリバーブなんてどうしても高くなってしまうのだけれど、

今や一万円程度で買えるリバーブも驚くほどいいエフェクターが出てくるようになりました。

ここではNINEVOLT PEDALS/Animals PedalBATH TIME REVERBを紹介します!

可愛い見た目だけど音はかなり使えるよ!

BathTimeReverb 5

Sponsored Link

ANIMALS PEDAL


そもそもAnimals Pedalとは、エフェクター専門店ナインボルトが設立した会社で持つエフェクターのブランドのひとつです。

若い方にも手を出しやすい価格帯でなかなか高品質なエフェクターを輩出しています。

ちょっとマヌケ面の動物(クマ……だよな?)が描かれているためパっと見ですぐにアニマルズペダル製品だとわかるのも特徴ですww


BATH TIME REVERB


BathTimeReverb 1
そんなアニマルズペダル製品の中から、ここで紹介するのはコレ、BATH TIME REVERBです!

かーわーいーいー!

風呂入ってるやーんww

日本のブランドであるナインボルト、アニマルズペダルですが、

デザインはオーストラリアで活動しているJonas Claessonさんだそうです。

BathTimeReverb 6

Sponsored Link

動画で確認





こちらです、ご確認ください!

あまりにシンプルなエフェクターだから音だけ聴いてればわかりそうですねw



リバーブタイプは3タイプ


BathTimeReverb 3
Bath time Reverbでは、トグルスイッチで3タイプのリバーブタイプを切り替えることが出来ます。

それが上から順に
  • ホール
  • スプリング
  • ルーム

です。

ホールリバーブモードではコンサートホールで演奏しているような深い残響をシミュレート、

ルームリバーブモードは狭い部屋での自然な残響をシミュレート、

スプリングモードはギターアンプに内蔵されていたようなガシャンと明るい響きがする残響をシミュレートしています。

現代ではデジタル技術の進歩により、

もっとたくさんのリバーブタイプがひとつの小さな筐体に詰め込まれているエフェクターもたくさんありますが、

Bath Time Reverbではギタリストが一般的に使用するリバーブにだけを絞り、この3タイプの搭載に至ったとのことです。

たしかに、シマーだとかスウェルだとかのぶっ飛んだことは出来ないけれど、

普通に残響をつけるためのリバーブだったらこれで十分なんですよね。

バラードのアルペジオならホール、

テンポ速い曲だとホールリバーブは邪魔になってしまうのでルーム、

サーフロックなサウンドが欲しければスプリング一択!

そんなもんでOKなんです!


ノブはMIXとTIMEのみ!

BathTimeReverb 4
もうめちゃめちゃシンプル!

これでいいんですよ!

MIXはリバーブの量を、TIMEはリバーブの長さを調整します。

たったそれだけ!

トーンとかダンピングとかもないし、

プリディレイなんてあるはずもない。

ただ、ギタリストにとってはこれくらい直感的に操作できるってのがひとつ魅力なんですよね。


電池駆動可能!


リバーブなのであまり推奨しませんが、

9V電池を入れて駆動させることも可能です。

でも、出来ればアダプターを使いたいですね。

リバーブやディレイは歪みとかと比べ物にならないくらい消費電力が大きいので、

すぐ電池なくなっちゃいますよ!


まとめ:これで十分!!可愛い一台


BathTimeReverb 2
いかがだったでしょうか、

どんなに色々言ったとしても、結局は見た目の可愛さが一番ですww

しかし、「見た目だけで選んだだろ!」と馬鹿にされたらしっかりと反論してください。

サウンドもしっかりしていて、十分使えます。

これが1万円前後なら全然アリです!

試奏できる機会があったら是非弾いてみてください!

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!








sponsored link

IBanner_Review_02.jpg












萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }