}

FOXGEARのTS系オーバードライブCREAMのレビュー

どうも、歪みはギタリストの命!萩原悠です!

ギタリストたるもの、どんな空間系よりも歪みはこだわりたいものですよね。

宅録でクライアントさんに納品するだけのお仕事が多いわたしも、

アンプはプラグインのシミュレーターだけどやっぱり歪みはコンパクトエフェクターで作ることが多いです。

ここでは新しいエフェクターブランドFOXGEARのTS系オーバードライブ、CREAMの紹介です!

FOXGEAR 62

Sponsored Link

FOXGEARとは



2018年現在、知名度ゼロから始まったこのブランドは、

実はイタリアのエフェクターブランドGurus AmopとBaroni-Labの合併事業として立ち上げられました。

5つの歪みエフェクターを含む12ラインナップがローンチモデルとしてリリースされましたが、

その中でも一番ナチュラルな歪みを作るのがここで紹介するCREAMというペダルです。


CREAM






ハイ!

こちら!

CREAMです!

うーん、通販ページ用写真だとわかりにくいですね。

実物は電源が通電するとボディ内部が光ってこんな感じです。

FOXGEAR 62
チューブスクリーマーの色!!

そうです、この CREAMはいわゆるTS(Tube screamer)系のオーバードライブペダルなんです。

ん?

CREAM?

Tube Screamer……

tube sCREAMer……

え、名前の由来それ?(呆れ顔)


Sponsored Link

肝心の音は……


TS系のオーバードライブなんてもうこの世にいくつあると思ってんだと。

それなのにまだまだ新しいTS系が出るってくらいにチューブスクリーマーは伝説の1台なわけですが、

やっぱりそれぞれの製品で音が違います。

このCREAMの音は……


うん、割とTSだ!

中音域の歪みの程よい雑さとかが絶妙に!

前情報なく音だけ聴かされてもちゃんとTSインスパイアなんだとわかる!


ちょっと……薄くない?


割としっかりTSサウンドなんだけれど、

でもなんだろ、少し気になっているのが、

音が薄い?

厚みがないという意味での薄さじゃなくて、

なんか濃くないというか、TSの水割りみたいな感じ。

と思った理由として、なんだかピッキング時に謎の”ピックが当たってる感“が残るんです。

だからCREAMの歪みをどこまで増やしても(TS系だから歪みはそんなに深くないんだけど)、

常に残り続ける原音感。

つまりTSサウンドとドライ音をミックスしてるかのような感じなんです。

それ故に最終的な音がまぁ明るい。

とてもカラッと明るいアメリカンサウンドになっています。

TSにうるさいレスポールおじさんじゃなくてテレキャス女子とかに使って欲しい感じ!

これでバッキング刻みながら歌って欲しいなぁ。

もしくは、アンプで歪ませる派のギターソロ時のブーストにもいいね!

音抜けいいぞー!


TSを知らないギタリストにもおすすめ


そもそもTS系のオーバードライブはみんなTS好きにしか選ばれないってわけではないのですが、

このFOXGEAR CREAMはこれまでのTS系とはなにかが違う……

TS系にない明るさがあって、他のTS系とは使い方が全然違うと感じました。

だからこそこのCREAMはTS系だとあまり謳わずに販売されて欲しい。

全く別のところに需要がある。

そんな面白い歪みエフェクターCREAM、なんと1万円を切る安心プライス!

ぶっちゃけ現行の本家チューブスクリーマーも同じような値段なので、

どっちの音が好きかで気軽に選べる感じですね。


FOXGEAR製品はちょっと筐体が安っぽくて頼りない気もするし、

天板部分の色はかなり薄い(これは厚みの問題)のために内部のパーツのシルエットが丸見え。

まぁこれは狙ってるんだろうけれど……だったらもうちょい綺麗に仕上げればよかったのになぁ。

FOXGEAR 64
あ、ちなみに電池駆動はしません!

むしろ裏とかも開けられないようになってます。

必ず電源アダプターを使いましょう!

BOSSとかの9Vがそのまま使えます。

FOXGEAR 16
ってことで、FOXGEAR CREAMの紹介でした!


最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!












sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



















































萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる
Scene.38 一番長いクライアントさん、劇団輪座さんと出会う
Scene.39 ニコ動デビューする
Scene.40 Mac&LOGICを使い始める
Scene.41 KORGの開発部で働く

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }