}

初心者におすすめの定番ワウ【Cry Baby】Jim Dunlop GCB-95のレビュー!

どうも、フィルター多用しがちな萩原悠です!

ギタリスト向けのフィルターエフェクターとしてスタンダードなワウペダル

そんなワウの中でも一番有名であろうモデルがJim DunlopGCB95、いわゆるCry Babyという一台でしょう。

わたしも長らく愛用していますが、もう断言します、

初めてのワウにはこのGCB-95、クライベイビーが一番いい!

CryBaby 1

Sponsored Link

ワウ


そもそもワウペダルとは、ギターのサウンドの周波数特性を足元のペダルで直感的に操作することを目的としたエフェクターのひとつです。

もともとはトランペットのミュート奏法を再現するために作られたようですが、

そこからギタリストたちは独自の使い方を模索し、

1966年の発表から実に50年間、まだまだ最新のモデルもリリースされ続けているというギターエフェクト界のスタンダード。

シンプルな回路でありながら使いこなすまでには一番奥が深いとされるワウ。

ここで紹介したいのはそんなワウペダルで一番オススめしたい、大定番ワウです。


Jim Dunlop GCB-95 Cry Baby






こちらです!

うわ〜見たことありますね!

まぁワウペダルって見た目の違いもちょっとわかりにくいですが、それにしても一番よく見るモデルだと思います。

ちなみに、このクライベイビーというモデルが有名になりすぎて、

あたかもジムダンロップとは別モノなイメージを持ってる方もいらっしゃいますが、

ジムダンロップ社のクライベイビーという商品です。

ギブソン社のレスポールという商品みたいなもんです!

Sponsored Link

特徴






最大の特徴はこのサウンド。

割と派手なんですよ。

VOX847と比べると明らかにピークが強く、

カカト側で踏んだときにはえぐるような低音が、つま先側を踏んだときには(アンプやギターのセッティング次第では)ピーキーで耳が痛くなるほどの高域が飛び出します。

この感じこそがクライベイビーですよ!

たまらん!


チャカポコに最適


CryBaby 9
ワウの使い道といえばやっぱりクリーンのカッティングに使ってのチャカポコサウンドではないでしょうか。

ピークが強く出るということは、ワウのかかりがわかりやすく出るため、ダイナミックで派手なカッティングが出来ます。

アンサンブルに埋もれないってのが大事ですからね、絶妙です。

歪みとの相性が抜群にいい!


CryBaby 14
GCB-95 Cry Babyは歪みサウンドとの相性も抜群です!

歪みエフェクターとワウをつなぐ順番次第で出音は大きく変わりますが、

個人的にはワウが先がおすすめ!

ワウで強調する周波数を調整した後に歪みに入ることで、

歪みの帯域を調整するとともに、大きな音量変化を防ぐことが出来ます。

使い勝手抜群!

個人的によくやるのは、Cry Baby+深めのディストーション+オクターブ奏法+トレモロピッキングです。

ぎゅわわあああおおおおおおおおうううううおおおあああああ!!!!

という叫びが作れるのが好き!

そのサウンドはまさに、Cryするbabyです。

センタープラスのアダプター端子


CryBaby 4
現代のGCB95はちゃんと9Vのアダプター駆動しますが、

端子の形だけ注意!

センタープラスです!

なので、普通の9Vアダプターとは端子の口が合わないので、

こういう変換も一緒に買う必要があります。





安いモノなので、一緒に買ってしまいましょう。

むしろ忘れて後から通販で頼もうとすると送料がもったいないww

CryBaby 7
いつもセットで置いておくのがいいのでしょう。

CBM95 Cry babi mini






どんどん小型化する昨今のエフェクター業界の流れに乗って、

2015年、ジムダンロップのクライベイビーにもミニサイズ製品がリリースされました!

それがこちらのCBM95 Cry Baby mini

Cry babyらしい派手さはそのままにサイズダウン、重さはなんと1/4にまでなりました!

CryBabymini
ペダルボードでどうしても場所を取ってしまうワウペダル、

この小ささとこの軽さだったら気軽に足元に導入出来ますね!

まぁ、やっぱり操作性はちょっと犠牲にされますが、慣れれば我慢出来る範囲です!

ちなみにこのCry baby miniの方は、内部スイッチでワウの帯域を調整出来ます。

GCB-95と同じHIモード、

Vintage仕様のMIDモード、

低音重視のLOWモード。

出荷時はHIモードになっているので、ちょっと効きすぎ、もうすこし表情付けにとどめたいって場合はMIDモードにするのもおすすめです!


まとめ:ワウ永遠のスタンダード


CryBaby 1
Cry Babyは1966年イタリアにて生産が開始された最古のワウペダルのひとつです(イギリスでVOXの生産が始まるのと同時期)。

それでいて今でも結局一番スタンダードだとして全ギタリストに愛され続けているというのがすごい。

シンプルな作りなので、決して現代ペダルほどノイズが少ないとは言えませんが、

それでもネット上でやんややんやと言われるほどの音痩せでもありません。

多くのワウを踏み歩いたギタリストが最終的にたどり着くのはいつもこのクライベイビー。

是非皆さんも足元でギターにさらなる表情をつけてみませんか?

ってことで今回はこのへんで。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!







次のページはおすすめワウ13選!です!







sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



































萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる
Scene.38 一番長いクライアントさん、劇団輪座さんと出会う
Scene.39 ニコ動デビューする
Scene.40 Mac&LOGICを使い始める
Scene.41 KORGの開発部で働く

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }