}

ワイヤレスマイクは受信機とセットでチャンネルを合わせて使いましょう

どうも、ワイヤレスマイクについてまとめてます萩原悠です!

使い方や選び方などを色々このサイトにまとめて来ましたが、

いやいやもっと根本的なお話をしなければいけんかった!

ワイヤレスマイクって、そのマイク単体でスピーカーから音が出るわけじゃないんです。

受信機に音を飛ばすんです!

その受信機も基本的に自分で用意するんです。

マイクだけ持って行ってもダメだよ!

今日はそんなお話です。


Sponsored Link

ワイヤレスマイクとは


W0
まずワイヤレスマイクとは、

無線を使って音を飛ばすことによって、ケーブルレス(ワイヤレス)で使うことが出来るマイクです。

ステージ上で絡まったりする煩わしさがありませんが、

音質が変わってしまったり、電波干渉によりノイズが増えたり音切れしたりというデメリットもあることを忘れてはいけません。


で?

ワイヤレスマイクってどうやって使うんだ?


ワイヤレスマイクの基本は送信機と受信機がセット


もしかしてなんですけど、ワイヤレスマイクは ワイヤレスなマイク だけを用意すれば使えると思っていませんか?

ワイヤレスなマイク から音がどこに行くか考えたことありますか??

スピーカーに直接?

いやいやその前にミキサーか……

ん?

ミキサーに受信機能なんてありませんよね?

つまり、ワイヤレスマイクから無線で飛ばして、

必ずそれを受ける側の機器も必要なんです!

必ずそれを用意しないといけないんです!


ライブハウスの常設ワイヤレスマイクだってそうやで、

だいたいステージ脇やミキサー卓近くに受信機があってそこで信号を受け取ってるんです。

W

受信機とはこれだ




これです、受信機

外付けのアンテナがあるモデルや内蔵アンテナのモデルもあります。



マイクの中に搭載されている送信機と、この受信機の双方のチャンネルを合わせることによって信号のやりとりが出来るというわけです。

つまりはこの受信機もちゃんとセットで買わなきゃいけないし、

持ち込む際は必ずこっちも一緒に持っていかないと使えませんからね!


チャンネルを合わせる


W 3
ワイヤレスマイクは自分の送信機と自分の受信機が勝手に繋がるわけではありません。

双方のチャンネルを手動で合わせるモデルがほとんどです。

だってワイヤレスなんて目に見えない電波なんだから、

どのチャンネルに送るか、どのチャンネルで受け取るか、これをしっかり住み分けないと複数本同時に使ったときにゴチャゴチャになっちゃいますからね。

操作は本体から簡単に出来るので、苦手意識持つ必要は全くなし!


まとめ


ワイヤレスマイクが欲しいなと思ってる方にとって出来るだけ簡単な説明で受信機について知ってもらおうと思って書いたのですが、

どうでしょ、だいたいわかりました?

まぁ普通にワイヤレスマイクのセットで買うと受信機もついてきますから。

で、これはお願い。

もしワイヤレスマイクをライブハウスなどの会場で使おうと思っているなら、

事前に会場側に電話で確認してください。

そしてバンドであるなら必ずセッティング図に書くなどしてくださいね。

会場側にも色々準備が必要ですし、

ワイヤレスマイクの規格によっては使えなかったり混線して音切れしたりノイズが乗ったりもします。

事前にしっかり確認して、安心して使いましょうね!

ってことで、今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!



引き続き“ワイヤレスマイス導入完全マニュアル!”をご覧くださいませ!







sponsored link
IBanner_Review_02.jpg



























萩原悠プロフィールブログ

→︎プロフィールトップへ

大学生編スタート
Scene.33 音大へ入学
Scene.34 大学内自主企画ライブ TRICK OF MUSIC
Scene.35 アニメとニコニコ動画を見てた
Scene.36 合唱の指揮をする
Scene.37 同人音楽をやる
Scene.38 一番長いクライアントさん、劇団輪座さんと出会う
Scene.39 ニコ動デビューする
Scene.40 Mac&LOGICを使い始める
Scene.41 KORGの開発部で働く

これ以降も頑張って更新します!2019年内に25歳地点まで書く予定!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }