}

葛西 地下鉄博物館に行ってきた!

どうも、ほんとは博物館とか好きです!萩原悠です!

今日はですね、たまたま葛西に用事がありまして、
(その模様はこちら▶︎SYSTEM Y展に行ってきました!)

そのついでに寄ってきました!

地下鉄博物館!!

葛西駅から徒歩1分、なんなら駅の真下にあります。

なめてたよ、めっちゃ楽しかった。
もっと時間早くくればよかった……

ってことで、写真いっぱい撮ってきたので乱れ載せします!


スポンサードリンク

葛西 地下鉄博物館 の写真館じゃー!


まずはこれ、入場券を買いましょ。
もちろん電子マネーが使えます。
Chikahaku 01
そして出てきた入館券。
どうみても切符です!


Chikahaku 02
そして大人210円です!

安い!!


さぁそれではいよいよ地下鉄博物館に入っていきましょう!


Chikahaku 03
めっちゃ自動改札や!!

これはテンション上がりますな。

ちなみにこの乗車券、実際こういうロールになってるようです。

Chikahaku 04
レシートロールとかと一緒なんだね。


電車に乗ろうコーナー


(コーナー名はわたし萩原悠が勝手につけてます)

丸ノ内線第一号車!
Chikahaku 05
中はこんな感じ。
Chikahaku 06
カメラの露出を上げすぎたってのもあるけど、
なんか車内照明がすごく明るかった。

あ、誰か乗ってる!

Chikahaku 08
なんと地下鉄開通当時のお客様と遭遇しました!
そこそこびっくりしました!

Chikahaku 09
ちなみに、当時も自動改札があったようです。

Chikahaku 07
あ、パンタグラフもありました!

Chikahaku 17
しかもこれはスイッチ押して上げ下げすることができました!テンション上がるぅぅぅう!!

模型 ジオラマコーナー

このあたりが僕は一番面白かった!

まずは御茶ノ水あたりの断面図。

Chikahaku 11
神田川を渡るために一瞬だけ顔を出す丸ノ内線、
それと交わるように走ってるはずの千代田線、
そのあたりの絡みはどうなってるの?

こうなってるんです!!


Chikahaku 19 これ、つまり手前にボタンがあって、押すと地表がグワーーって上がって、
断面図が見れるという。

ホントすごい!ホントすごい!!



地下での絡みといえば!
これですよ。

Chikahaku 12
どう?めっちゃ面白くない?

写真では新宿三丁目あたりを掲載するけど、
これが全線あったの。

そして、この模型を引きで見るとなんと!

Chikahaku 13
各路線がどこを走ってるかをライトで表示させることが出来ます!

はぁ〜楽しい。


そんで、ジオラマコーナーの極め付けはこれね。

Chikahaku 18
地下鉄再現!

丸の内あたりの電車の入り組み様を再現してます。

地下鉄博物館の本気を見たよ……

地下鉄工事コーナー


地下鉄って作るの大変そうですよね。

トンネルはどうやって掘ってるのよ。

地下で右も左もわからないのにどうやって目的の方角に進んでるのよ。

車両ってどっから入れてるのよ。

そんな疑問に答えてくれるコーナーでした!

そして極め付けはトンネル掘るマシン、シールドマシンのカッターディスクです!


Chikahaku 14
すげー!すげー!!

実際はこうやって後ろにいろんなマシンが連なって芋虫的に進んでいくらしい。

Chikahaku 15
地下で、見えない部分でのこういうのって本当にロマンですよね!!

体験コーナーとか


こっちの方はね、実は僕時間がなくてめっちゃ駆け足。

というか、蛍の光的なの流れてて、電源もバシバシ消されちゃってたのww


Chikahaku 20
Chikahaku 21
多分このへんは超豪華な“電車でGO”的なやつだと思う。

ホントは電車の前にある巨大ディスプレイに映像が映るらしい。

もはやこの写真の手ぶれっぷりからも僕の大急ぎ感を察してくれww


あと、館内の脇道とかトイレとかから出てくるときは毎回こういうのが描いてあって、

Chikahaku 23
通るとセンサー感知されて

「飛び出しに注意してください」

みたいなこと言われるの!

たーのしー!

そういえば時間なさすぎてトイレ行かなかったなぁ。

駅っぽくなってたんだろうなぁ、行っておきたかった!


まとめ 地下鉄博物館めっちゃ楽しかった!


本当に楽しかったっす!

その前の用事がちょっと長引いて、実質滞在時間が45分くらいだったんだけども(17時閉館)、

どうだろ、写真撮るのにも時間割いたからな。

普通にフラフラするなら1時間あれば充分。

あとは体験コーナーにどれだけ時間をかけるかってのと、

地下鉄フルコール完全再現ジオラマのデモ運行時間ってのが決まってるみたいで、

それに合わせていくのがよいね。

そうすると2時間くらいほしくなるかなぁ。

210円で2時間楽しめるんだぞ?

葛西 地下鉄博物館 絶対おすすめ!


ってことで、皆様も地下鉄で快適な暮らしを!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

このブログの更新情報はOfficial LINEアカウントからお伝えしてます!
友だち追加数


Chikahaku 22 自撮り用(?)に鏡がありましたw


お帰りの際は切符をこちらにお戻しください!
(戻す必要はありません)

Chikahaku 24
ちなみに僕はこの後、切符をある場所に落としてきてしまうことになる。

それはこちらで紹介してます。

▶︎SYSTEM Y展に行ってきました!


【テスト】T

この記事がお役に立ちましたら、シェアして下さると励みになります!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }