}

フロントピックアップとリアピックアップの呼び方や役割の違い

どうも、結構ピックアップかちかち切り替えます萩原悠です!

今日はギターのピックアップフロントピックアップリアピックアップについてのお話です!

フロントピックアップとは、リアピックアップとはどれのことなのか、

そしてそれぞれの音や役割違いもまとめてみましょう!

簡単に言うと……
  • ブリッジに一番近いピックアップがリアピックアップ
  • ネックに一番近いピックアップがフロントピックアップ
  • リアピックアップは明るく派手でスピード感がある
  • フロントピックアップはマイルドで太い

ピックアップとは

PU 2
そもそもピックアップとは、ほとんどのエレキギターやエレキベースについてるコレです。

弦の振動を電気信号に変える、いわばマイクです。

歌とかでもそうですが、マイクが変われば音質や音色は変わるんですよ。

そして、マイクの位置が変わっても音質が変わるわけです!

それを利用して1本のギターで多彩な音色を出そうというのがエレキギターに複数のピックアップがついている理由のひとつです。

この後順次説明しようと思ってるのですが、簡単に言うと
フロントピックアップとリアピックアップはモノが違うのではなく、

マウントされている位置によって呼ばれているだけの違い

これです。

フロント用だとかリア用だとかの商品はありますが、

基本的にお店で

「フロントピックアップください!」

と言って買えるものではないのでご注意ww

ではここから順番に解説です。

リアピックアップとは

PU 1 4

リアピックアップとは、ブリッジに一番近いピックアップのことを指します。

これはどんな形のギターも、どんなサイズもギターも、ほぼ共通で、

たとえどんな形のピックアップでもこの場所にあるならリアピックアップです。

海外では”ブリッジポジション“と呼ばれることが多いみたいですね。

フロントピックアップに比べて現振動の端っこの方で集音することになるこのリアピックアップのサウンドは、

(細かい物理学の話、高次倍音の話とかはサラッと飛ばして、)とにかくどのピックアップポジションよりも明るい音がします!

カラッと乾いたカッティングをしたり、ヘヴィメタルのようなスピード感ある刻みをするのにはなによりも最適!

派手に聴こえるので、なんとなく初心者さんほどリアピックアップ一択な使い方な気もします。

(個人の偏見です。初心者向けということじゃないですよ!!)

ギブソン系のギターではセレクターに”trebele“と書いてある方がこちらです。


フロントピックアップとは


PU 1 2
フロントピックアップとは、ネックに近い方のピックアップのことを指します。

(“ブリッジポジション”に対してこちらは”ネックポジション“とも言われます。)

リアピックアップに比べてフロントピックアップの方が太く甘いサウンドになる傾向にあります。

ギタークラフトの方の間では

フロントピックアップで拾った音がそのギターで一番いい音、そのギターの特性がより出た音

とまで言われるようです。

になります。

ギブソン系のギターでは”rythem”と書いてある方がフロントピックアップです。

なるほどなるほど、昔はフロントピックアップはリズム刻む用だったのかぁ。

今のロック系では真逆ですね。


センターピックアップとは

PU 1 3
センターピックアップとは、

その名の通り、真ん中にあるピックアップのことです。

つまり、ピックアップが3つあるものにしかセンターピックアップってのはないですね。

その特性はフロントとリアの中間……なんだけど、5:5で中間というより、

個人的には3:7でフロントピックアップに近い気がします。


それぞれのコントロール


ピックアップが音を拾ったら、シールドを伝ってアンプに行く前に、

本体についてるボリュームやトーンを経由することになります。

これも結構ギターによって違うのですが、

(リアにトーンが効かないとか)

それは別のページにまとめたのでそちらをご覧下さい。

エレキギターのノブ、つまみの説明!【ボリューム/トーン】 | 萩原悠.com

ピックアップ配列の呼び方


わざわざそうしなきゃいけないってわけでもないのですが、

ギターに搭載されているピックアップを略して呼んだりします。

で、この略称があんまり統一されてないんですねー。
  • シングルコイル3発の場合
  • 3S(スリーシングル)
    PU 4

  • シングルコイル2発の場合
  • 2S(ツーシングル)
  • シングルコイル1発の場合
  • 1S(ワンシングル)
  • ハムバッカー3発の場合
  • 3H(スリーハム)
  • ハムバッカー2発の場合
  • 2H(ツーハム)
    PU 8

  • ハムバッカー1発の場合
  • 1H(ワンハム)

ここまではまぁいい。全然いい。

問題はシングルコイルとハムバッカーが混ざってるもののときです。

基本的にはフロントピックアップから順番に

SSH(エスエスエイチ,シンシンハム)だとか、HSH(エイチエスエイチ,ハムシンハム)だとか言います。


これはHSHですね。

PU 2


しかし、フェンダーの型番だけは逆で、リアピックアップから順に表記されます。

Standard Stratocaster HSS Plus Top Aged Cherry Burst→サウンドハウス ¥64,800-




つまりこのギターはHSSという型番ですね。

ぶっちゃけフェンダーのギターはこう言わなきゃいけないってわけでもないので、

実際の会話ではみんな普通にSSHと呼んでます。


ピックアップの使い分け


それぞれのピックアップの呼び方はわかった。

でも、それをどうやって使い分けるんだ?

これは、それぞれのピックアップポジションによる音質の違いによって使い分けます。

リアの方が音が明るくて立ち上がりが速く高次倍音が多いので、

速いパッセージにもついてくるし、

ジャリジャリとした刻み、

ピキピキとしたフレーズなどなど、

とにかく明るく派手な音がします!

対してフロントピックアップは、弦振動真ん中に近い位置で音を拾うため、

高次倍音が増えない=明るい成分が少なめです。

つまり、マイルドな音がします!

歌うようなまろやかギターソロとか、ジャズっぽいポロポロサウンドはフロントピックアップが適任ですね。

弦楽器として、もっとも楽器の特性が出やすいので、

フロントピックアップの音こそがそのギターのポテンシャルが一番現れる

とも言われます。

しかしフロントピックアップはそのマイルドさと、振動が大きくなるのとのことから、

ちょっとスピード感には欠けます。

カッティングやブリッジミュートを伴う刻みではちょっと重たくなってしまいますね。

ちなみに、そもそもリアにしかハムバッカーがついてないだとか、

フロントにはシングルがついてるだとか、

そういうことであればもちろんフロントだとかリアだとかのポジションによる影響とピックアップ自体の特性の両方の特徴が出ます。

なかなか奥が深いですね〜。

ちなみに、もちろんピックアップを切り替えてもそれ以降のエフェクターやアンプの個性が強ければそれだけ音の変化は少なくなります。

違いをできるだけ感じたいのなら、まずはクリーンサウンドで試してみてくださいね!


ってことで今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

最後にもう一度まとめ
  • ブリッジに一番近いピックアップがリアピックアップ
  • ネックに一番近いピックアップがフロントピックアップ
  • リアピックアップは明るく派手でスピード感がある
  • フロントピックアップはマイルドで太い
  • 音の好みで選んでよい












sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2020年1月の活動報告

    2019年12月の活動報告

    2019年11月の活動報告

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }