}

Amplitube4 MAXを導入しました!

どうも、Amplitube歴10年萩原悠です!

この度、遂にAmplitubeを最新版にしました!

しかもせっかくだから全部入りパック!

Ampitube4 MAXのレビューをしたいと思います!

Amplitubeとは


IK multimediaがリリースしているプラグインアンプシュミレーターの古株です。

音のクオリティもさることながら、やっぱり一番は画面表示が選択したアンプによってそれっぽく変わるところです!

テンションあがるじゃーん!

わたしがDTMを始めたての頃に当時のトータルパックみたいのを買ってT-Racksなどのエフェクト、

miroslav philharmonikSample Tankなどのソフトウェアシンセと一緒に使い始めましたが、

まさかこんなにも業界定番プラグインになるとは思いませんでした!


AmplitubeからAmplitube2をアップデートして長らく使っていたわたし、

Amplitube3ではFREE版しか使っていませんでしたが、

デモ音源とかを聴く限りAmplitube4は別次元だと感じたので、

Amplitube4 MAXを購入しました!


Amplitube3から4


Amplitube4 2
そんなわけで、

この度新しく導入したアンプリチューブ。

Amplitube4になって新しくなった部分、強化された部分を紹介します!


Sponsored Link

本家公認

Amplitube4 4

本家お墨付きのアンプが増えたことです。

xx風ではなくxxそのもののサンプリング。

おかげでホラ、本家のアンプのロゴまでしっかり入るようになりました!

今までは見た目は似せたまま、ロゴはAmplitubeって書いてあったりしたのですが、

ついに本家に認められた!

これはすごいことやで!

アンプルーム


Amplitube4 8
コレもAmplitube4の目玉機能です。

キャビネットを置いてる部屋のシュミレートが出来るんです!

どんな部屋にどんなマイクをどの位置に置くのか、

それらによって音が大分変わりますね!

個人的にはこの画面で設定するオフマイクの調整、

これ次第でかなりリアルな音になるので皆さんも是非ここに時間をかけて欲しいですね!


チューナー UltraTuner


Amplitube4 10
今までST-200を使っていましたが、もうこれでいいかな。

基準になる周波数も今までのAmplitube3より簡単に変更出来るようになりまして、

普段からA=442Hzで録音してるわたしにはとってもうれしい!



Amplitube4とDeluxeとMAX


Amplitube4には3つのラインナップがあり、それぞれ価格が違います。

それらの違いについてまとめていきましょう!

基本的に、機能は変わらないんです。

違いはただひたすらに内蔵されてるアンプやエフェクターの数だけです。

Amplitube4Amplitube4 DXAmplitube4 MAX
アンプヘッド9種類25種類80種類
キャビネット10種類29種類92種類
コンパクトエフェクター10種類33種類88種類
ラックエフェクター2種類15種類24種類
マイク4種類12種類19種類
チューナー1種類1種類2種類

こんな感じです!

どうでしょう、意外と最下位版のAmplitube4(無印)でもなんとかなりそうって思いませんか?

わたしは以前Amplitube3を使ってたときまではその精神でした。

だって、そんなに膨大な数がなくても、

無印のでもアンプヘッドは9種類、その中には基本的なマーシャル風やフェンダーのシュミレートは含まれているわけで、

音質は十分過ぎます。

でもね、やっぱりわたしはAmplitube MAXを買ってよかったと思っています。

もう全然違う!

超リアル!


Amplitube4 16
正直マーシャルとかのアンプを知り尽くしてるわけではないけれど、

アンプシュミレーター直挿しとは思えないレベルの質感になっています。

特に各アンプのロゴが入ってるヘッドは別格です。

アンプがそこにある空気感というか、モニタースピーカーがアンプキャビに思えるもの!

で、実はこの各社の公認アンプがAmplitube MAXじゃないと入ってないんです!

Amplitube4 13
なんて大胆なことするんだろう!

最上位版を持ってない人にはAmplitube4の実力が全く伝わらないってこと!

せめて1種類くらい入れてやればいいのに……その方が売れるでww

ただ歪むだけじゃない


歪ませることってのは意外と簡単なんです。

波形を潰していけばいいんだから。

でもそれをデジタル処理でやると当然ながらデジタル感が出ちゃいますよね。

もうこれはモデリングである以上仕方のないことでした。

が、アンプリチューブはここまで来た!

実にアナログっぽい、アンプっぽい歪み方をしてくれます。

芯が残ってるというか、いやむしろ逆に雑なのかな。

綺麗に均一に歪まない感じというか……

ギタリストが好きな歪みってこれですよね!


エフェクターは使わないかも?

Amplitube4 9

エフェクターに関しては、やっぱりシュミレーター内部のモジュレーションとかは可愛げげないのであまり使わないかもしれません。

しかしディレイとかの空間系は良く出来ていて、立ち上げたらすぐにギターソロが気持ち良い感じになっちゃうので、

デモの段階では多用していきたいと思います!


アンプルームが秀逸


Amplitube4 29
やっぱりアンプルームが面白い!

部屋の大きさを決めて響きを調整するわけですね。

まぁブラシーボ効果もありますが、

「まさにこれくらいの部屋の大きさだ!」

ってなるんだよなぁ。

オケに混ぜるときもいい具合に馴染むのでついつい頼ってしまう。

でもなぁ〜……他のパートと空間を揃えたいときには使えないんだよなぁ。

例えばドラムとかピアノとか、

そういうパートと同じ部屋で演奏してる風にするためにリバーブを統一するわけですが、

ギターだけAmplitube4の方でかけちゃうとそれと同じリバーブがピアノとかドラムにはかけられないからね。

このあたり、ちょっと悩みどころです。

生々しいバンドサウンドのときこそこのアンプルームのアンビエンスがいいような、

バンド全体で揃えたいような……むぅ。


買ってよかったAmplitube!






正直ね、このタイミングで迷ったんです。

フラクタルと。

Fractal Audio Systems / Axe-Fx II XL+→サウンドハウス ¥360,000-




それこそこれがあればもうアンプモデリングに関しては最強なわけよ。

でも、モデリングのジャンルって日進月歩だから、

数年後にはもっとすごいのが出ちゃうんじゃないかなと思って。

となると、そのために40万円は出せないwww

Amplitube4にしたことによりコストもかなり抑えられて、

それでいて今は十分満足しています。

あとはミックスと、むしろ右手左手で頑張ろう!

それでええねん。

皆さんも是非、Amplitubeで楽しくギター弾いてください!

あ、ベースアンプもバッチリ入ってるよ!











sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }