}

ace.(エーストーキョー)のバックパックを手にいれた!

どうも、今年の目標のひとつが”カバン”を買い換えるだった萩原悠です!

達成しました!

以前から狙っていたace.パックパック

(型番は31831と31861)

1週間くらい使ってみての感想をば。

ace.(エース)





エースとは、1940年の創業以来変わらぬ人気を誇る日本の鞄メーカーです。

耐久性、丈夫さが最大のウリであるエースブランドのバッグは、

とくにビジネスバッグなどの分野で海外でも人気が高く多くの愛用者がいます。

結構手ごろな値段のラインナップもあり、そんなところもまた人気の理由かなと思います。


ace.GENEとaceTOKYO


エースブランドなら恐らく一番有名なのはace.GENE(エースジーン)のラインナップ。

(主に男性用)ビジネスバッグとしての不動の地位を確立したエースジーンは、

街中、電車の中でも結構見ます。


対して、ace.TOKYO(エーストーキョー)というラインナップもあり、

見た目ではそんなに別シリーズってほどの違いはないのですが、

公式ではace.TOKYOの方がカジュアルなタウンユース、トラベルユースなモデルとした位置付けのようです。

う〜ん、そうかなぁ?

よくわかんねぇや!笑


わたしが買ったのはace.TOKYO


AceTOKYO 4
そんなわけで、わたしが今回購入したのはace.TOKYOの方のキャラパックというモデルです。

う〜ん……名前は可愛いけど……この見た目ってカジュアルかな?www

カバンは年末からずっと悩んでて、2018年の目標に”カバンを買い換える”を入れてたくらいですが、

散々いろんなブランドのいろんなモデルを見てきた結果このエーストーキョーキャラパックにしたので、

今のところは満足しています。


特徴とか書いてみますね。


ace.TOKYOキャラパックの特徴レビュー


まだ買ってから1週間くらいなのでなんとも言えませんが、

個人的な感想を書いてみます。


Sponsored Link

丈夫なガワ。でも分厚くない


やっぱり、どう見ても丈夫そうです!

わたしは毎日、外に出るならほぼ必ずパソコンを持ち歩いてるので、

バッグは丈夫であってほしいんです。

なのでまずここは絶対条件でした。

しかしあまりバッグ自体が分厚くなってしまっては困る。

だって、嫌じゃん!

丈夫さや内容量はそれなりに確保したいけど、でもスリムなやつがいい。

そんな風に思ってたので、キャラパックはぴったりですね!


パソコン収納スペース


AceTOKYO 19 (15inchでピッタリ!)


やっぱりパソコンは専用スペースが必要です。

パソコンのほかにも入れるものがたくさんあったりする日もあり、

それらを全部ひとつのポケットに入れるのは絶対中でガシャガシャぶつかっちゃうから嫌だ!

ってことで以前使ってたバックパックもパソコン専用スペースがあったのですが……

このキャラパック、実はパソコン専用スペースが浮いてるんです!

丈夫から吊り下げられてる形になってます。

公式サイトの画像を拝借しましょう。

こんな感じ。

AceTOKYO 27


いや〜よく出来てますね!

これにより、重心ができるだけ上に行って重さを感じにくいという構造、

背中に疲れも感じにくいとのこと!

たしかにね、めっちゃ軽いんです!!!

これは実際毎日使ってるなかで驚いた。

全然疲れない!

1気室+小気室


AceTOKYO 6
今まで結構気室、ポケットがたくさんあるカバンが好きだったのですが、

今回は思い切って1つの大きな気室と小部屋があるだけのモデルです。

あちこちあるといれっぱなしになっちゃったりすることがあって、

だったら一度気室の少ないモデルを使って、これでよっぽど不便だったらまた次使うときは2気室のものを選べばいいやと、

そんな気持ちで選びました。

ちなみに、上部の小部屋は長財布プラス@が入るのを店頭で確認済み。

この部分だけ急に防水素材で、チャックも防水なんだけど、

なんでメインのチャックはそうしてくれなかったんだろう……

メッシュポケットが頼もしい


AceTOKYO 8
1気室で全部バーンと見えるけれど、なかにメッシュのポケットがあります。

小物とかはここにいれておけばいいですもんね。

iPhoneの充電器とか、ハンディレコーダーとか、チョコレートとか。

ただ、メッシュ自体はそんなに強くないと思うので、あまり重いものは入れないようにしましょう。

肩当ての充分すぎるクッション


AceTOKYO 5
これ大事ね!

もっと安いバックパックだとここがショボいから疲れるのよ!

重さを感じにくいのはこの部分のクッションのおかげってのもありますね。

メッシュ製なので暑苦しくもならないはず!

これからの季節にもピッタリ!


長さ調節の簡単なストラップ


AceTOKYO 17
まぁこれは最近よくあるスタイルですね。

シュッて引っ張るだけで長さが簡単に調節できるやつ。

重さや入ってるものによってバックパックの一番ベストな位置ってあるじゃないですか?

それを背負ったまま調整出来るってのはとてもいいですね。


ace.TOKYOキャラパックのちょっと微妙なところ


使い始めて1週間くらいですが、

ちょこちょこ使いにくさも感じています。

もしかして慣れるのかもしれないし、

以前使ってたサムソナイトが優秀すぎただけかもしれませんが。

自立しない


AceTOKYO 28
(先日江ノ島に行ったときの写真です)

これはもう長所の裏返しですので諦めというか、許してます。

キャラパックは床に置いて自立しません!

重心が上にあるスタイルで、上部の方がデカいので、どう頑張っても立ちません。

なので、必ずどこかに立てかけるか、ボテっと寝かせる必要があります。

まぁ、しょうがない!

絶妙な角度をつけると、寄りかかって立つことは出来るみたい。

AceTOKYO 29


以前使ってたサムソナイトが安定感抜群だっただけに、ちょっと使いにくさは感じるけれど……

多分慣れるところでしょう。

逆に!寝かせてしまえばめっちゃ安定しますwww


パソコンの下敷きにww

ハンドルが頼りない


AceTOKYO 21
上部についてるハンドル、これ頼りないなぁ〜!

普段は背負ってるから使わないけれど、

ちょっとだけ持ち運ぶときとか、電車とかで前背負いしてるときとか、バッグハンガーにかけるときとか。

このハンドルを持つこともなくはないのですが、

それにしても貧弱。

小気室のチャックがちょっと開けにくい


AceTOKYO 26
防水ジッパーの方のチャックですが、

カバンが角張ってるため、チャックもほぼ直角に曲がらなければいけないところが出てきます。

ここがね〜思ったより開け辛い!

このポケットは割とすぐに出し入れしたいものを入れるための場所なので、

そこがこんなに開けづらいのはちょっと困る……。

これ、使ってくうちにゆるくなってくのかな?


もちろん防水スプレーしました


AceTOKYO 15
クツもカバンも、新しく買ったらまずこれです!

恒例行事!

AMEDASです!

クツの防水スプレーとして評価の高いこの製品、とりあえずカバンにも使ってます!

撥水、防水、からの汚れも防いでくれて痛みにくくもなるってことで、

必需品です!


皆さんも是非!





まとめ:ご機嫌なエースデビュー!


ってことで、割と満足しています。

前のカバンは3〜4年くらいもったのかな。(別にまだまだ使えるんだけどね!)

今回のace.TOKYOキャラパックの方が安いモノだけど、

丈夫さがウリというこのバッグ、東京オリンピックのときくらいまで使えたらいいなぁ。


ってことで、今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!






サムソナイト トーラスラップトップバッグをパソコン持ち歩く全ての人におすすめ! | 萩原悠.com











sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }