}

ギターのエスカッションを交換しよう!

どうも、最近ギターのメンテに凝ってます、萩原悠です!

今日は、わたしがライブでしょっちゅう使ってたギターのピックアップエスカッションを交換したいと思います!


スポンサードリンク

ピックアップエスカッションとは


Escutcheon 53
これのことです!

詳しくはこれ!

Escutcheon 52
(ピックアップ部分は雑に塗りつぶしましたwww)

レスポールタイプのギターの多くのピックアップはこのエスカッションに囲まれています。

というより、ピックアップはエスカッションについていて、そのエスカッションがボディについています!

ね、重要な気がしてきたでしょ?

ただの飾りではないんです!

ちなみにストラトタイプの場合はピックガードについてることが多いので、エスカッションはありません。


エスカッションを交換するのはこのギター


今回エスカッションを交換するのは、FernandesRAVELLEというギターです。

独特のボディシェイプですが、ボディ材やネックスケールなどはほとんどレスポールと同じです。

なのでホラ、エスカッションついてるでしょ?


このRAVELLE、長年の酷使でエスカッションもバキバキなんですよ。

Escutcheon 6
もうピックアップを取り付けてる部分なんて、こんな状態よ?

Escutcheon 14
なので、交換してあげないとなぁと思って。

ってことで、Fernandes純正のエスカッションを買ってきました!

Escutcheon 1

エスカッション交換,購入の注意


実際に交換する前に!

まずは購入段階で気をつけてほしい点がいくつかあります。


フロントとリアで高さが違う


Escutcheon 4
真横から見るとわかりやすいのですが、

フロントピックアップとリアピックアップでは構造上高さが異なります。

ちゃんとリア用とかフロント用とか書いてあります!

これを買い間違えるとピックアップの高さが大きく変わってしまって、弦にぶつかってしまったり出力が弱すぎたりと割とがっつり不具合が出ます。

買うときは気をつけて!

Escutcheon 2

エスカッションビス(ネジ)は別売り


Escutcheon 3
これ盲点だよな!

そのパーツを取り付けるためのネジだったら一緒に入れておいてくれよと思う。

大した金額ではないので痛手にはならないけれど、そういう問題じゃない!

パーツを通販で買って休みの日にいざ取り付けようとなったときに取り付けられない、そんなことにならないようにしっかり買っておきましょうね!

とは言え、エスカッションを取り替えるということは、それまでもエスカッションがついてたわけだからそこに古いビスもあるんだけどね、

わたしは今回せっかくだからと、どうせビスも劣化してるだろうからと、

敢えて同時に交換することにしました。

しかも最初についてたのとは違う色、黒のビスだよ!

まぁ……元からついてたやつも汚れとサビでほとんど真っ黒になってたけどw

Escutcheon 13
写真右側がボディ上側、つまりそっちの方が汚れやすいってわけなんだな。

エスカッションを交換しよう!


それでは早速やっていきましょう!

エスカッションビスを外してボディからPUごと取り外す


Escutcheon 15
4箇所全部のビスを抜き終わるとボディからピックアップがエスカッションごと外れます。

Escutcheon 17
このときの注意!

ピックアップは当然中で結線されたままなので、あまり引っ張らないように!

Escutcheon 16

ピックアップを外す


Escutcheon 18
次にこうしてピックアップビスを回して、ピックアップを外していきましょう。

両側外れるとこうなります。

Escutcheon 19
別にエスカションがボディについてる段階で先にここを外してもいいのですが……そうするとかなりの確率でピックアップをとりつけていた部分のバネがボディ内部に落ちます。

Escutcheon 20
Escutcheon 27
そうすると救出がめちゃめちゃ大変なので、先にボディから引っ張り出した状態での作業がおすすめです。

新しいエスカッションをつける


古いエスカッションを外せたら、あとは今やってきた工程を逆回しするだけです。

あ、この期にあまり普段掃除もしないような部分なのでクロスで綺麗にしてやるといいかもしれませんね!

Escutcheon 21
ちなみに、ボディにアーチのついているギターは(レスポールタイプだとほとんど)、エスカッションを取り付ける際にちょっとだけ気をつける必要があります。

エスカッションて、ボディのアーチに沿った状態で売ってないんですよ。

美しいまでに直線です。

ゆえに、こうなります。

Escutcheon 24
これを、一気にグルングルンとビスを巻いていくとエスカッション(プラスチック製)が割れてしまいそう……

ってことで、かなり慎重にビスを打ち込んでいきました。

その甲斐あってこの通りです。

Escutcheon 26
よかったよかった!

ちなみに、リアは失敗しましたorz

Escutcheon 34
割れたぁぁぁぁ!!!

いきなり割ってしまったorz

でもまぁ、なんとか、なんとか完成しました!

Escutcheon 50
ビスも全てちょっと珍しいブラックパーツに統一して、なんかかっこいい感じになりました!


エスカッションを割らないためにはドライヤーを


これ、あとから

「みんなはどうやってるんだろう……」

と思って調べてみたら、どうやらドライヤーで温めながらやるのがいいそうです。

そうか!

プラスチックだから温めると柔らかくなるのか!!

勉強になった、今度なにか付け替えるときは必ずそうしよう!

まとめ:エスカッション交換は簡単


ここまでの工程、なんの問題も起きなければ10分くらいで完了します。

それこそバネがボディ内部に落ちちゃったとか、エスカッションが割れちゃいそうとか、

そういう小さなトラブルがあればその分伸びるけれど、

実際にやったことって、ビスを10箇所外して10箇所止めただけなので、めちゃめちゃ簡単です。

なかなかエスカッションって変える機会もないだろうけれど、

もしなんらかの理由でエスカッションを交換しなければいけなくなったとき、

または色を変えてみたいとかになった際は是非臆することなくやってみてください!

それでは、今日はこのへんで。

最後まで読んでくれてありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

ご意見ご感想ご質問もこちらからどうぞ!
友だち追加数
更新情報もこちらからお届けしています。






 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }