}

LINE6 POD Go発表!特徴をまとめてみた。

どうも、LINE6好きの萩原悠です!

HELIX系統の進化によりPODはもうなくなるのかと思っていた!

しかしこの度新しく発表されたのは数年ぶりの最新作。

POD Go!!

面白そうだね!!

ってことで、とりあえず今わかってるところまでをまとめてみましょう。

POD GO 6

PODとは


1998年、アンプシミュレーターという分野がまだ全然一般的でなかったときにPODは現れました。

これはエフェクターなのか?それともアンプなのか?

“そら豆型”と言われる特徴的な形と赤い筐体は衝撃のデビューを飾り、

ライン録りでもマーシャルやフェンダー、さらには入手困難なヴィンテージアンプのサウンドを簡単に選択出来るという面白い発想のマシンはトッププロからアマチュアまで、

多くのミュージシャンから脚光をあびることになります。

それからアンプモデリングの種類が増えたりエフェクターも結構たくさん入って来たり、

ベースアンプも統合されたり(初期はベース用な別モデルだった)、オーディオインターフェイス機能も追加されたり、

ライブでマルチエフェクターのように使えるフロアタイプやスタジオワークで使いやすいラックタイプなどもリリースされ、

アンプモデリング界隈の代名詞として20年間君臨してきました。

むしろ、アンプシミュレーターって言ったらPODしか知らない、そんなギタリストも少なくないのでは?


HELIXの台頭






そんなPODを開発、販売していたLINE6が2015年にリリースしたのがHelixという超大型マルチ

超大型と言ってももちろん「サイズが50メートル!」とかではありません。

膨大なエフェクト数、豊富なインアウト、使いやすいしアンプモデリングもバッチリ、

という、ギタリストにとって必要なすべてをブチこんでしまった究極の一台を作ってしまいました。

ぶっちゃけPODの機能のほとんども入っていると言えますし、

PODよりも処理速度などに優れているのでアンプの再現度も高いです。

うん、PODよ、今までありがとう。

そうしてPODシリーズの最新作であるPOD HD 500Xなどは2016〜2019年ごろめちゃめちゃ中古市場に出回りました。

LINE6を捨てたわけじゃない、

みんながHELIXに乗り換えてしまったんです!


きっとみんな思ったでしょう、PODはHELIXに実質的吸収合併、

なんなら名前が変わってこれからもヨロシク的な展開。

と思ったら、POD GOが出て来た!!

POD GO



それがこのPOD GOです!!

7年ぶりの新しいPOD、いくつか特徴をまとめてみましょう!

Sponsored Link

エフェクト,アンプが270種類以上!


欲しい音がひとつだけであればそりゃ誰だってコンパクトエフェクターを買います。

色んな音が欲しい、それらを自由につなげたい、プリセットしたい、

だからわたしたちはマルチを買うわけです。

今回のPOD GoにはHELIX譲り、そして歴代のPODからのサウンドが270種類以上収録されています!

すごいなぁ、270個もエフェクトとアンプ思い浮かばないじゃんww

つまりこれ1台さえあればもうエフェクトが足りないなんてことはなくなるわけです!


サイズが小さい!


POD GO 4
これまでのフロア型PODシリーズに比べてかなり小さくなりましたね。

マルチエフェクターの小型化は重要な要素。

デカいので色々出来るってのはもうわかってるのよね、

それがやりたいならみんなHELIX買うわ!

小さいってのは自宅での置き場的にも、ライブやスタジオへの運搬時にも、

めちゃめちゃ助かるんですよ。

音楽をやるのにおいての音楽以外のストレス、それが機材の重さ。

かと言って、小さすぎても出来ることが限られてしまう、だからこのバランスを見ながら、

自分に合ったモデルを選ぼうねって話なわけですね。


サイズ比較


せっかくなので、他のLINE6製品とのサイズ比較をば。

モデルPOD GoPOD HD500XHX StompHX EffectsHELIX Floor
幅 mm358546170274560
奥行き mm231261122200300
高さ mm8975647690
重さ kg2.364.80.822.36.6
サウンドハウスページへ未発売 ¥42,800- ¥74,000- ¥62,800- ¥178,000-

このことからもわかるように、

HX StompやHX Effectsみたいな「徹底的に小さいよ!でもこれ1台でなんでもやろうってのはちょっと厳しいよ」ってものではないわけです。

絶妙なバランスでオールインワンを目指した、それがPOD GOとも言えそうです。


4.3インチカラーLCD

POD GO 3

別にエフェクターのディスプレイはカラーじゃなくてもいいと思ってました。

HELIXが出るまでは。

しかし一度HELIXを体感してしまったら単色ディスプレイには戻れないね!

圧倒的に見やすい!

しかもHELIXのアイディアのすぐれてたところは、

そのカラーと、フットスイッチのカラーが対応してたりするところ。

実際ライブ中に文字なんて読みませんよ、

黄色をオンオフする、水色をオンオフする、そんな直感的な操作を可能にしたのがLINE6の素晴らしさ。

PODシリーズにもついに導入です!

ちなみにこの4.3インチってのは、

iPhoneSEの画面よりちょっと大きくiPhone6や7の画面よりちょっと小さいくらいです。

音切れないスナップショット


HELIXが他のマルチエフェクターと決定的な差別化を成功させた機能、

それがスナップショットです。

これまでは違うエフェクターを違う設定にするために違うプリセットを読み出していましたが(つまり全部のエフェクトを一度オフにしてから次の新しいパッチの全部のエフェクトを一気にオンにする)、

このスナップショット機能ではひとつのプリセット内で設定を切り替えられます。

つまりは音切れがゼロ!

コンパクトエフェクターをひとつずつオンオフしてるかのような、一斉に小人さんたちが各エフェクターをつまみをグイっと変えてくれてるような、

そんな素晴らしい機能です。

これもついにPODに導入です。

ウレシーー!!

POD Go EditアプリでPCからのプリセット編集


マルチエフェクターの面倒なところは、

色んなことが出来るわりには画面が小さいのとコントローラーが少ないところです。

あっちのメニューに入ってこっちのパラメーターをいじって……

正直面倒。

しかし、USBでつないでパソコンの画面で設定が出来るとなるとその心配は一気に吹き飛びます。

画面がデカいって素晴らしい!

マウスがつかえるって素晴らしい!

キーボードで文字が打てるって素晴らしい!

アプリケーションの初期設定をちょっとだけしないといけないけれど、

そこをめんどくさがるのは絶対に後悔します。

最初にちょっと10分程度、アプリケーションとか入れるだけで、

それ以降の作業効率が爆上がりしますよ!

4in4outのオーディオインターフェイス


POD GO 2
USB端子を備えているため、オーディオインターフェイスとしても機能します。

また、ヘッドフォンアウトやアンプアウトなどを併用することによって、

4in4outの入出力を同時に使えるようです。

これって結構便利なんですよね〜。

特にギタリストにとっては、

一度DAWに録音したギターパートなどに後からエフェクトをかけるというリアンプを行えるってのはとてもデカい。

普通の2in2outのオーディオインターフェイスだったらリアンプのためにケーブルをいちいち抜き差ししないといけません。

本体の裏側にあるケーブルを差し替えるのってかなりストレスで、

次第にやらなくなります。

しかし4in4outとあれば、もうメインアウト用リアンプ用のシールドを両方さしっぱなしにしておけます。

こだわりの音作りがストレス無しにできる、これは作業効率、楽曲のクオリティアップに直結します!


続きはまた今度


POD GO 6
現時点(2020年1月)ではまだ公式から多くは発表がありません。

きっとこれから

「こんなとこもすごい!」

みたいにちょこちょこ情報が出て来るのでしょう。

そして実際に触れるようになったらすぐに実機を使ってみてのレビューも加えたいと思います。

それでは、最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!











sponsored link


  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点
  • Zガンダムを簡単水中ジオラマに!

  • IBanner_Review_02.jpg





















































    他の月もご覧くださいませー!

    2020年1月の活動報告

    2019年12月の活動報告

    2019年11月の活動報告

    2019年10月の活動報告

    2019年9月の活動報告

    2019年8月の活動報告

    2019年7月の活動報告

    2019年6月の活動報告

    2019年5月の活動報告 matome-201905

    2019年4月の活動報告 matome-201904

    2019年3月の活動報告

    2019年2月の活動報告 matome-201902

    2019年1月の活動報告 matome-201901

    2018年12月の活動報告 matome-201812

    2018年11月の活動報告 matome-201811

    2018年10月の活動報告 matome-201810

    2018年9月の活動報告 matome-201809

    2018年8月の活動報告 matome-201808

    2018年7月の活動報告 matome-201807

    2018年6月の活動報告 matome-201806

    2018年5月の活動報告 matome-201805

    2018年4月の活動報告 matome-201804

    2018年3月の活動報告 matome-201803

    2018年2月の活動報告 matome-201802

    2018年1月の活動報告 matome-201801

    2017年12月の活動報告 matome-201712

    2017年11月の活動報告 matome-201708

    2017年10月の活動報告 matome-201708

    2017年9月の活動報告 matome-201708

    2017年8月の活動報告 matome-201708

    2017年7月の活動報告 matome-201707

    2017年6月の活動報告 matome-201706

    2017年5月の活動報告 matome-201705

    2017年4月の活動報告 matome-201704

    2017年3月の活動報告 matome-201703

    2017年2月の活動報告 matome-201702

    2017年1月の活動報告 matome-201612

    2016年12月の活動報告 matome-201612

    2016年11月の活動報告 matome-201610

    2016年10月の活動報告 matome-201610

    2016年9月の活動報告 matome-201609

    2016年8月の活動報告 matome-201608

    2016年7月の活動報告 matome-201607

    2016年6月の活動報告 matome-201606

    2016年5月の活動報告 matome-201605

    2016年4月の活動報告 matome-201604

    2016年3月の活動報告 matome-201602

    2016年2月の活動報告 matome-201602

    2016年1月の活動報告 matome-20161

    2015年12月の活動報告 matome-201512

    2015年11月の活動報告 Imatome-201511.png

    2015年10月の活動報告 Imatome-201510.png

    2015年9月の活動報告 Imatome-201509.png

    2015年8月の活動報告 Imatome-201508.png

    2015年7月の活動報告 Imatome-201507.png

    2015年6月の活動報告 Imatome-201506.png

    2015年5月の活動報告 MayMix

    2015年4月の活動報告 MixApril

    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }