}

【TS系オーバードライブ】EarthQuaker Devices/Plumesのレビュー!

どうも、EarthQuaker Devicesファンの萩原悠です!

新しいオーバードライブがようやく国内でもリリースになりました!

その名も、Plumes

羽毛の意味の名を持つこのペダルはTS系のオーバードライブ。

それでいてとてもノイズレスで気持ちいいです!

早速レビューしていきましょう!

Plumes 8

EarthQuaker Devicesとは


EarthQuaker Devices(通称EQD)とは、

アメリカのオハイオ州にて2004年に立ち上げられたエフェクターブランドです。

ビルダーさんたちそれぞれが本当にエフェクター作りを楽しんでいるのがわかり、

他のブランドには作れない非常に面白いエフェクターがたくさん!

知れば知るほどめちゃめちゃ好きになってしまうブランドです。


Plumes






コチラです!

既に海外では発売されており、

ナンバーガール(再結成!!)の田淵ひさ子さんのボードには既に導入済み。



では、早速動画でPlumesのサウンドを確認してみましょう。




なんともアンプライク!

というか、アンプとギターの美味しいところを盛り立てる仕事人な感じ!

Reverb.comさんの動画も観てみましょう!




このpulmesは公式も

【誰でも一度は通るであろう”あの”音】

【”真空管をスクリーム”させるペダル】

と 言っている通り、

IbanezのTube Screamerを元に作られています。





つまりは1970年代に登場した、

歴史上最も古いオーバードライブのひとつですね。

JRC4558という同じオペアンプも使われています。

そのクセこのノイズレスっぷり!

これはパーツの選定や抵抗の値などはもちろん、

物理的にどのパーツをどこに配置するかも含めてこだわり抜いたために実現した、

エフェクターの変態が集うEarthQuaker Devicesらしい逸品です。

Sponsored Link

3つのクリッピングモード


Plumes 4
pulmesの中央にはトグルスイッチがつけられていて、

このスイッチでモードが切り替わります。

具体的には、クリッピングの仕方が変わるわけで、

クリッピングとはつまり歪ませ方

波形を対照に潰すのか、片方だけ潰す非対称クリッピングか、それとも潰さないかの3択です。

潰さないってことはもはや歪ません。

オペアンプだけ通って増幅されるのみ。

てことはこれもうブースターですよね!

Modeのつまみを真ん中、2に合わせるとオープンなブースターサウンドになります。

Mode1が対称クリッピング

こちらはどうやらLEDダイオードになっているようです!

そしてMode3はシリコンダイオード非対称クリッピング

つまりこっちの方がチューブスクリーマーらしいサウンドってことですね!

このキャラクターの幅もまたPlumesの魅力のひとつです。

抜けるサウンド



このPlumes、トーンの効き幅も広く多彩なサウンドを作れるのですが、

トーンノブを絞っても抜けるような明るい成分は残したままなんです!

貼り付けた動画にあるように、トーンが9時くらいであっても本家チューブスクリーマーのトーン12時に匹敵するような抜け具合!

元々の解像度とノイズレスさ故に実現した、現代のTSって感じしますね!


モーメンタリー機能


Plumes 6
最近のEarthQuaker Devicesのエフェクターには、

フレキシスイッチという機能が搭載されていて、

通常のオンオフ切り替えに加え、

踏んでる間だけオンにする

という機能も備えています!

このワンフレーズだけ歪ませたい、ってことありますよね。

それをいちいち踏んで離して踏んで離してとやるのは面倒。

フレキシスイッチを備えたPlumesなら、踏んでブースト離してオフ、ということが出来ます。

ちなみに、さすがに0.5秒以下だと”一回踏んだ”という扱いになるようで、

約1秒以上踏んでるとこのモーメンタリー機能が発動しているようでした。


まとめ:現代版最強TS

Plumes 3

さすがはEarthQuaker Devices、ただのコピーモデルにはとどまりませんでした。

ヘッドルームを広くとり、

クリッピング切り替えができて、

ノイズも少なく、

モーメンタリー機能も搭載、

そんなPlumes、なんか安いんですよ!

これまでのEarthQuaker Devicesのエフェクターって単純なものでも19,800円とかしてたので、

まぁそこに合わせるか……もしかしたらもうちょいするのかなぁと思っていましたが、

EarthQuaker Devices史上一番安いかな?

TS系と言われるペダルはいろんなブランドから数多く作られていて、

ヴィンテージのTSサウンドの追求とあればもっと古臭い音のするペダルもありますが、

そもそもギターの音は古くないといけないというわけではなく、

結局かっこよければいいんです。

そんな中でTS系の使いやすさや歪み具合を求めたときに、

いやいやPlumesが最強かもしれません。

こんなん絶対流行っちゃう。

EarthQuaker Devicesがもっと知名度爆上がりしちゃう。

是非足元に導入してみてください!


最後まで読んでくれてどうもありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!











sponsored link

  • OVAアニメ 機動戦士ガンダムUCを観た感想
  • 初代ガンダムを見た感想

  • HG,RG,MG,PG,REの違い
  • ガンプラ買いにヨドバシAkibaに行って来た
  • HGUCユニコーンガンダムを組み立てた
  • ガンプラ製作におけるニッパーの重要性について
  • 初めてのスミ入れ
  • トップコートを吹くための準備まとめ
  • トップコートに失敗したという一人反省会
  • ガンプラ1体にトップコート1缶では足りないのか(検証中)
  • お台場の等身大ユニコーンガンダム変型,上映時間のまとめ
  • ガンダムベース東京に行って来たレポート!

  • HGUC 新生-REVIVE- とは 旧キットとなにが違うのか
  • HGUCグフ新生‐REVIVE を素組みで作ってみた
  • TAMIYA スミ入れ塗料ブラックを使ってみた
  • ゲート白化の原因と対策まとめ
  • 新宿でガンプラ買うならヨドバシカメラ!
  • デザインナイフの使い方。カッターナイフとの違い
  • 耐水性サンドペーパーを使おう!
  • スポンジチッピングをしよう!
  • Mr.ウェザリングカラーで簡単汚し!
  • ウェザリングマスターで汚れを乗せよう!
  • TOMYTEC"解体中の建物B"がガンプラとベストマッチ!

  • アンダーゲートのメリットとデメリット
  • 初心者だけどRGバンシィ・ノルンに挑戦!
  • RGの骨組みが折れた!真鍮線で直したその手順と注意点
  • ラップ塗装のやり方と注意点

  • 缶スプレーの振り方は回すのが正解
  • ランナー吹きのメリットとデメリット
  • ズゴックをランナー吹きしたときの手順と注意点

  • IBanner_Review_02.jpg



















































    萩原悠プロフィールブログ

    →︎プロフィールトップへ



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    img { max-width: 100%; height: auto; }