}

Warwick ロックンルーラーで弦高調整とかに便利!

どうも、ギターの講師やら作曲やらをしてます、萩原悠です!

年末ってことで楽器のメンテナンスしてます!

それに合わせてギターの弦高とかも見てるのですが、

どうにも便利な製品があるのでこちらを紹介します!

Warwickロックンルーラーです!

Sponsored Link

Warwick/RockBoard Rock n’ Ruler


Warwick 4
これです!

まぁなんてことはない、フチにメモリがついてるだけですww

でもこれがなかなか便利でね、

Warwick 5
こんな感じのミリ規格と、

反対側を使うとインチでも測れます。

Warwick 6
7.5センチまで測れるので、ナット幅とかも測れます。

Warwick 12
ただ、まぁこんなことは定規ならなんでも出来るんですよ。

便利なのはこっからだぜ!


弦高測るのにめっちゃ便利!


ネックの反り具合やブリッジやナットの高さの調整の際に一番気になるのは弦高です。

弦高次第で弾きやすくも弾きにくくもなるので、こまめにチェックしたいですね。

そんなときにサッと弦高を確認出来るのがこのロックンルーラー。

ホラ簡単。

Warwick 10
ここまで弦高を最速で見やすい定規なんてないでしょ!

ちなみに、ここまで読んで

「でも弦高がどれくらいになってればいいのかわからんし……」

って方いませんか?

安心してください、書いてますよwww

Warwick 8
いや〜便利!

これで6弦側もサクッと測って、それで調整していくのがいいでしょうね!

Warwick 9
JG 55S 27

ピックアップの高さの確認にも


Warwick 11
高さが測れるってことは、ピックアップの高さもこれでチェックできますね!

結構便利!

インチを測るのにも便利


正直日本で生きてるとインチなんて使いません。

というより、世界広しといえどもアメリカくらいでしょインチ使ってるのって。

しかしアメリカ製のギターやアメリカ製のパーツってたくさんあるので、

ちょくちょくインチを測りたいときってでてきます。

そんなときに、わざわざインチ用のルーラーを買わずともこれをひとつ持ってれば解決!

あらやだ便利!

まぁもちろん7.5センチまでしか測れないから、ネックスケールとかは全然測れないんだけど、まぁそんなときは裁縫用のメジャーでも使ってくれwww


まとめ:ひとつ持ってると割と役に立つ


これ名刺サイズなんです!

どんなところにも忍ばせておけますね!

千円くらいで買えます、もし自分でちょっとでもギターの調整をするという方はこれひとつあるとめちゃめちゃ便利です!

ってことで今日はこのへんでおしまい!

最後まで読んでくれてありがとう!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

ご意見ご感想ご質問もこちらからどうぞ!
友だち追加数
更新情報もこちらからお届けしています。







sponsored link

IBanner_Review_02.jpg













コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }