}

専門学校に入学のため 初めてのギターインストを作曲

萩原悠のプロフィールを何万文字もかけてゆっくりと作っているこのプロフィールブログ。

このページは専門学校入学編です。

Sponsored Link

専門学校へ


もともと中学を卒業して高校入試を受けるというときも、

音楽雑誌月刊GIGSに載ってた専門学校に行きたいと行ったわたし。

そのときは親に

「高校は行っておきなさい」

と言われて諦めましたが、あれから3年、

今回は専門学校への進学を許してもらえました。

高校はそこそこの進学校だったので、

学校の先生には、

「音楽で食っていけるのは一握りだからやめておけ」

と怒られましたけどねw


MUSE音楽院


MUSE
それがMUSE音楽院です。

代々木にある専門学校で、

プレイヤーコースギター専攻

というところに入ることになります。

うちから代々木はちょっと遠いけど、

むしろ実家から通えるんだから全国的に見ればめちゃめちゃ近いっすね。


初のギターインスト作曲


入学試験はどういう形態だったんだっけな。

たしか、”3分間でなにか弾け“ってことだったと思う。

あとから聴けばみんなB’zだったりDream Theaterだったりの音源を持ってってそれに合わせて弾いたらしいけれど、

僕はせっかくなので、3分ぴったりのオリジナル曲を作りました。

これが人生初めて作ったギターインストで、

その後もずっとアレンジして弾き続けていく曲になる、”RSPのテーマ“です。

RSPってのは当時僕が個人で活動してたプロジェクト名というか……

ハンドルネームの延長みたいなものでした。

なんの略かは、なんだか恥ずかしいので秘密ですw


こうして入学し、専門学生生活が始まる


RSPのテーマとともに入学することが出来、

一応一番上のクラスに振り分けられました。

ここでの出会いや気付きについてはまた次回以降に書きたいと思います。


次回、授業で初めて”アンサンブル“を意識したというお話。

お楽しみに。







sponsored link

IBanner_Review_02.jpg













コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }