}

台湾の交通事情 信号?なにそれ美味しいの?

こんにちは、萩原悠でっす。日本に帰ってきました!


台湾にいる間に書いてた記事、アップするの忘れてたのがあるのであげます!

今日は台湾の交通事情について!

スリリングな記事になるよ♪






スポンサードリンク

バイクが多い!!


ご存知でしょうか、ホントにバイクが多い!!

中国がチャリ大国だってのは有名だと思うのですが、

台湾はそりゃあもうスクーターだらけです。

YAMAHAのバイク見まくり。


taiwan_bike
職場のホールにYAMAHAのピアノがあってよかった。

それを定期的に見てないとYAMAHAが楽器も作ってるってことを忘れそう。

それくらいにYAMAHAのバイクだらけ、
街中でもYAMAHAの看板は沢山見ます。

当然全てがバイク屋(orバイクの修理屋)ですからね。



バイク事故が多い!!


彼らはなんというか…角度でいうと前方20度くらいしか見てないのでしょうか

めちゃくちゃ危ない!


私も例に漏れずスクーター通勤しているのですが、

一般道を60kmくらいで走ってると遅くて周りのみんなの迷惑になってしまうくらい。

それくらい皆さんぶっ飛ばしてます。

ほんとよく事故らないなぁ…



いや、


そこそこ事故ってます(笑)



笑い事ではないのですが、

ちょくちょくぶっ倒れてるバイクと近くでうなだれてたりおまわりさんと話してる人を見かけます。

頻度としては、2日に1回くらい

1日1時間バイクに乗ってるので、2時間に1回見てるってことかな?

先日は目の前でバイクが車に突っ込んで人が吹っ飛ぶところを見てしまいました……

見てしまったからにはなにかしら助けなきゃと思ったけどこういうときどうしたらいいんだってか俺会話出来ねーぞと思ったら周りの人がせっせとポール立てたり救急車呼んだりで物凄い連携だったので、ここでまた1つ台湾人の人柄を感じました。

また、職場の友達もある日バイクで事故ってそれを境に退職、LINEはたまに送ってきてくれるけど、5ヶ月経った今も外には出られないそうです。

過酷……


ルール上 赤信号ってどういう役割なの?



台湾人はのんびりしているって言いましたよね。

それは本当です。

しかし、バイクに乗ったらそれは別の話。


信号は目安程度に。

赤になったら気をつけて進め。

これが一部のヤバイ方々だけじゃなくて、

みんなの常識なのでびっくりです。

先日、赤信号で普通に減速して止まったら(当たり前のことをしただけさ!)職場の若い女の子に

「急ブレーキ危ないでしょ!そこは行くべき!(in English)」

と言われ、私的には全然急ブレーキなつもりなかったんですけれど、

暫く話していると上記の

<目の前で赤になったら気をつけて進め>

がルールなんだと教えてくれました。


なんだそれー!!

知らんかった。

([目の前]の感覚距離に大きな差があるということを明記しておきます)

たしかに、歩行者さんも赤なのに堂々と

<気をつけて(?)渡って>ます。

まぁ日本人だったらせめて気をつけるときは左右確認しますけどね…



何人乗りしてんの!


日本ってどうなんだっけ、一番小さいサイズのスクーターって2人乗りしていいんだっけ?

こっちはどうやらそういう制限がないようです。

もはや4人乗りしてても全く驚きません。




でも4人て…改めて考えるとすごいよね。

別段デカいバイクじゃないんすよ、普通のスクーター。


[お母さん 娘 お父さん(運転手) 息子> →進行方向


その他にも、やたらデカい荷物持ってるおばさんだったり(物干し竿とかソファとか)、
可愛い犬を乗せてる可愛いお姉さんだったり(ヘルメットで顔は見えんが。)、

もはやそこにルールはないようです。

事故らないように気をつけようねってことで、自己責任!!




教習とか免許とか


ちなみに、バイクの免許を取るのに教習はないそうです。

マジかよ!!

職場のまた別の友人が
ネタとしか思えない話をしてくれました。

「バイクの免許を取りに役所までバイクを運転してる途中に事故った。」




…なにそれ、面白すぎる。

詳しく聞くと全然笑えない話なんですけど、

日本人の私からすると一生使えるスベらない話としてストックしておいてほしいと思ってしまうのですが、

結構あることなのかも知れないねぇ。

このブログを日本で読んで下さる方はくれぐれも事故らないように…ん?

無免許運転もやめましょうね!


ってことでまとめがてらここで一句。

日本にはルールがあってよかったよ。 萩原悠


日本は割とルールが多い国です。

ちょっと大雑把な人とか行動に対して「アメリカンだね」とか言うことありますが、
自由の国アメリカの方々や、ここ台湾の皆さんはそんなに細かいことを気にしません。

ところどころで戸惑うけれど、
お互いがそれを許せる心の持ち方なので結構気持ちいいのだと思います。

僕も少しずつ慣れて来たけれど道路事情に関しては別!




日本の皆さんいいですか?

路上駐車をしないのは駐禁のマークがあるからじゃない。迷惑だからだ!
飲酒運転をしないのは検問をしているからじゃない。危ないからだ!
ルールを守るということはその表面に従うことではなく、
ルールが持ってる意味を理解するっていうことなんですよ!

ラーメンズ 「不透明な会話」より



よく覚えておくがよい。


ってことで今日はここまでです、最後まで読んでくれてありがと!

萩原悠(→@hagiwarau)でした!



【テスト】T

この記事がお役に立ちましたら、シェアして下さると励みになります!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }