}

YAMAHA FG820は初めてでも安心の初心者用アコギ!!

最近改めてアコギについて勉強しています、萩原悠です!

生徒さんや周りの知り合いとかでアコギを初めてみたいな〜という声をちょこちょこ聞いて、
そんな方々にしっかりおすすめ出来るようになろうと思って!!

ということで、今日はYAMAHA(ヤマハ)のFG820という入門アコギを紹介します!

FG820はなんと言ってもカラーバリエーションがたくさんあって、きっと気に入る1本があるんじゃないかな!

FG820fix

スポンサードリンク

ヤマハ FG820の特徴


FG820
▶︎サウンドハウス ¥29,800-


YAMAHAのエントリーアコースティックギターFGシリーズ
木材と装飾のグレードによってFG800,FG820,FG830,FG840,FG850とあるうちの下から2番目です。

3万円をちょっとだけ飛び出る程度の価格で買えるこのギター、とってもおすすめです!

ただ、ひとつランクを落としてFG800にすればお店によっては3万円を切ります。

じゃあそっちでいいかな……

いやいやお待ちください!

FG800からホンの3,000円くらい足せばこのFG820が買えるんです!すごくいいんです!

ってことでFG820のいいところ、紹介していきますね!

シリーズ最多のカラーバリエーション!!


FG820の一番いいところはなんと言っても5色揃ったカラーバリエーション!

あ、これ完全に見た目の話ですからね?

いいじゃない!最初の一本なんてやっぱり見た目で気に入ったのにしないとさ!
▶︎初めてのギターは見た目で選ぶべき2つの理由

現行FGシリーズ最多の5色!

FG830 オータムバースト


まず紹介するのは最高におすすめなオータムバースト



すごく鮮やかなオレンジで、FGシリーズの中で一番おしゃれだと思います!

FG830 サンセットブルー


そしてFGシリーズの中でこのFG820にしかないのがサンセットブルー




青いアコギっていいですよね。

わたしも初めて買ったエレアコは青でした。(Aria Proの安いやつ。それで府中駅前で路上やったことあるww)

FG830 ブラック


なにげにブラックも現行ではFG820しかありません!



引き締まった印象でとてもかっこいい。
やっぱりFG800と違ってバインディング(ボディの淵の白い部分)がありますからね、とてもいいですね。


FG830 サンバースト


渋さを取るならやっぱり安定のサンバースト



大人の魅力があります。
サウンドホールあたりは黒成分多め、お尻の方が明るいというグラデーションです。


FG830 ナチュラル


そしてやっぱりアコギといえばこれ、ナチュラルカラーもラインナップされてます!



このように、割と色によって印象が変わりますね!

どのギターを持ちたいか、初めてのアコギ選びはそんな簡単なことでもいいと思いますよ!


音はさすがヤマハと言うべき


さて、ようやく音に関してです。

これが3万円台前半とかで買えるんだからすごいよなぁ……。
前身モデルのFG700番シリーズと比べてこのFG800番シリーズは段違いでよくなってます!

ボディ内部のブレイシングという加工によるところが大きいようですが、とにかく過去のモデルを持ってる方も慌てて買い換えるべきレベルです。

ワンランク下の現行モデルFG800と比べても、中音域の鳴り具合が結構違いますね。
ちょっと音が暖かく、深みが出た!

マホガニー材ってことで上位機種のFG850とかと悩む方もいるかな、あちらはオールマホガニー故のモッチリとしたサウンドが特徴、それに比べたらFG820はちょっとカラっと乾いた高音が出ます。

でもFG830はもっとカラっとした音なので、それらをまとめると

FG820はFG830とFG850の中間的なサウンド
と言う表現がいいかも!


トップはスプルース材/サイドバックはマホガニー材


トップ板はアコギの定番材、スプルースという木です。
しかもこれ単板と言われる、ちょっと良い感じの作りなんです!

3万円のギターで単板でというモデルは、なくはないんだけどそう多くはないんですよ。
その辺はさすがヤマハです!ありがとうございます!(?)

で、サイドってのはボディの側面、バックってのは背面ですね。
この辺りの木の材料でまた音が変わります。

(というか表面と裏面で違う木を使ってるってことの方がビックリかな?アコギあるあるです)

このサイドとバックはマホガニー材という木です。

この部分がFG800とFG820のサウンドを分ける決定的な違いです!

FG820の音を聴いたあとにFG800の音を聴くと……まぁペラペラに聴こえますね。
“弦だけが鳴ってる感じ”
になります。
FG820はボディが鳴ってるのを感じれると思います!

とてもいいね!

FG820参考動画



FG800とFG820のとてもいい比較動画がありました!



一見FG800の方が明るくていい音のような気がしますが、FG800にはない奥行きというか、暖かさがFG820にはありますね。

FG800とFG820の違い(見た目編)


音はそんな感じで、FG820の方がちょっといい感じなのですが、カラーバリエーションと同じく、もっと大事なのは見た目ですよね!

ってことであちこち見比べてみましたが……
“ホラやっぱりFG820の方がいいじゃん!!”
っていう決定的な違いではない気がするw


ヘッドのツヤ塗装



ちょっとの違いなんですけどね、ヘッド部分の塗装がFG820はツヤ有りになってます。
FG800がマット塗装なんだけど……あ、これはどっちの方がいいって一概に言い切れないな。

マット塗装のFGはFG800だけです。
それ以上のモデル、FG820、FG830、FG840、FG850はツヤあり塗装です!


バインディング(縁取り)に違いアリ!



バインディングってのはボディの縁取り部分、この部分がちょーっとだけどFG820の方が豪華です。

FG800は縁が黒いからなんか重たい印象なんですよね。
それがFG820以上のモデルでは白くなってるんだけど……
うん、個人的には白い方が好き!!

でもこれももしかして個人の趣味じゃないかな?

みなさんはどっちが好きですか??


FG820よりちょっと弾きやすい、FS820というモデル


実は初心者さんにとってもおすすめなFG820ですが、もっとおすすめというか、ちょっとだけ小柄なモデルがあります。

それがコレ!

FS820 ターコイズ
▶︎サウンドハウス ¥31,450-


ボディがちょっと小さくて薄く、ネックも少しだけ短くなっています。
また、ボディのくびれがちょっとだけ深くなっているのも特徴で、膝に乗せたときにボディ全体がFG820よりも下の位置にきますね。

色も同じに見えて……この青はFG820のサンセットブルーなのに対してFS820ではターコイズという色です。

また、サンバーストというラインナップがない代わりに、こちらがあります。

FS820 ルビーレッド
▶︎サウンドハウス ¥29,500-


ルビーレッド!

イイネ!

ズルいな!女の子狙いだなこれは!!
(しかもサウンドハウスだと何故か今安いw)


初心者セットもあるね!


アコギはエレキに比べるとそうでもないけれど、それでも本体以外に一緒に買わなきゃいけないもの、そこそこあります。

でもなにが必要なのかよくわからないし、あれこれ買ってくと結局高くなるんでしょ?

と思ってるそこのアナタ!

とりあえず初心者セットにしましょ!


どこのショップでもそれぞれの初心者セットを作って販売してますが、ぶっちゃけあまり変わりませんww

上のリンクはなんか見栄えがよかったから適当に選んでみたけど、
そうだな〜、7点セット以上だったら十分だと思います!

そうするとだいたいのセットには、
  • ケース
  • チューナー
  • ピック
  • クロス
  • スタンド
  • カポタスト
あたりが入ってくると思います。これで十分!

それ以上のセットにはポリッシュとかストリングワインダーとかそういう一歩踏み込んだものもあって便利だよってだけなので、
出来るだけ予算を抑えたいなら”6〜7点セット”あたりを目安に選んでみてください!



まとめ FG820はとにかくオシャレにアコギを始められる!


いかがだったでしょうか、スプルールトップにマホガニーバックのギターです!
と言ってもあまりピンと来ない人が多いかな?

でもなんとなくこのFG820が欲しくなった方もいるんじゃないかな。

だって初心者さんにも安定安心のヤマハの入門用アコギで、3万円ちょっとで手に入って、しかもこんなに見た目重視で選べちゃうんだから!

もっと安いギターってのはいくらでもあるけど、
YAMAHAのFGシリーズは本当におすすめです!

これ以上安いギターにはまぁ品質面などにおいて色々難ありです。

それに関しては以前まとめたページがあるのでよかったらご覧ください。
▶︎安いギターの注意点、ダメなところまとめ


それでは、あなたのアコギライフが楽しく始められますように!

萩原悠(Twitter→@hagiwarau)でした!

ご意見ご感想ご質問もこちらからどうぞ!
友だち追加数

更新情報もこちらからお届けしています。



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }