}

感想「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

今更ながら、二年遅れですが、

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

を全話観ました。
何故かっつーと、まぁおすすめされたからですね。名作と名高いし。

それに夏だしww



と、確か二年前、とってもお世話になっている尾上一平さんに

「俺ほとんどアニメなんて見ないんだけどよ、あの花ってアニメ見たらもう悠が喋ってんのかと思うくらいだったぜ。喋り方とか考え方とかああこういう世代なのかって。」


と言われ、ほぉそうなのかぁ~と思って気にはなってたのよ。

でこの度DVDを借りまして、がっつり観たわけです。

いや~…泣いたね!がっつり泣いたわけですww

舞台となった秩父の田舎感って、僕が生まれ育った街にちょっと似ていて、
子供の頃感じていた夏の日差しってこんな感じだったなーって思った。


あと、必要以上に説明をしない作りで、主人公の[じんたん](多分悠に似てる人w)の主観的なところしか見せてくれない展開もよかった…ような悪かったような。


だから相手がどう思ってるかってじんたんに話してくれたこと以外はほとんど作中で見せないようになってたし(ほのめかしはいっぱいあったけど)、必要以上の自己紹介もないところが興ざめしないでよかったかな。

ほら、名探偵コナンとかさ、もうとりあえず短時間でメンバー紹介しないといけないから[他己紹介]し合うじゃない。

—case1—
A「さすが、xx商事の御曹司ですな。」
B「そちらこそ、ooで名を挙げただけのことはありますね。」
C「そんなこと言ってるうちにほら、Dさんのお出ましですよ、あの人なんて-」
コナン(なるほど、みんな一流のほにゃららってわけだ。)

—case2—
a「おじさまに恨みがあったと言えばbじゃないか!」
b「なんだと!知ってるんだぞ、aこそ、この前おじさまと揉めてたそうじゃないか!」
a「それを言うならcだ、あいつは遺産相続でごにょごにょ」


もう情報投げたい放題www


そういうしらじらしさがなかったところがすごくよかった。

仲良し6人組の中に視聴者がゲストとして丁重にもてなされてるんじゃなくて、いつのまにすぅーっとお友達になっていけた感じがした。

だからダレも名前の紹介もしてくれないしあだ名の由来も教えてくれないのよ。

おかげで[松雪]のあだ名がなんで[ゆきあつ]になるんだろうってすごく悩んだもの。

[ゆきまつ]だろうと。まぁ子供のあだ名なんてちょっとしたいい間違いとかでもどんどん変わって行くもんだからと思ってたんだけど…どうやら[松雪集(まつゆきあつむ)]だったんですね。

作中で一度もそんな名前出してねーじゃんw

なんでそんな紛らわしい名字にしたんだよ!…ってとこが、親切過ぎる設計じゃなくて好感を持てたところです。

他にも
やどみ じんた → じんたん
ほんま めいこ → めんま
あんじょう なるこ → あなる
つるみ ちかこ → つるこ
ひさかわ てつどう → ぽっぽ

という幼少期にありがちなあだ名がサラッと使ってて、当然のように使うし高校生になった今は当然のように嫌がるし、なんかとってもフランクな付き合いが出来た気がするのです。


まぁ説明しなすぎたせいで「みんなが主人公」的に作ってあるのにそれぞれの悩みや罪悪感の描かれる量に差が出てしまって、
ちょっと残念だったりもしたな。いやそれやっちゃうとまとまりなくなっちゃうのもわかるんだけどさ。

でもぽっぽやつるこに共感する視聴者も絶対沢山いるんだけど…惜しい!

あと、この作品観ようと思ってたきっかけはもう一つあって、エンディングテーマが2001年に流行ったZONEさんの「secret base 君がくれたもの」だったんですね。

サビの歌詞にある「10年後の8月また出逢えるの信じて」にかけてZONEはこの夏になんとなく再結成しましたが、それとときを同じくしてこのアニメも2011年の夏、いやもう狙って使ってるよね、”してやったり”だと思う。10年かけて帰って来たよ名曲が。


そう12年前(=2年前の10年前)の夏、僕フライングV持って踊りながら歌うZONEをTVで見てちょっと気になっていたので、2001年8月8日に発売されるsecret baseも予約して買ったんです。


そしてラジオで応募したら当たっちゃった8月9日渋谷AXで行われるガールズバンドイベント(当時のサイトが見つかったので貼っておきます。クリックで飛んでね)

当時僕はまだ全然おこちゃまだったので親戚のおじさんおばさんに連れてってもらいました。

そこで初めてライブハウスクラスのライブを体感することになり、
初めてステージで歌ってる人と目が合って、
ZONEのsecret baseは夏休みいっぱいかけてキッズウォーのタイアップとして徐々に売れて行ったからこの日はまだ全然有名じゃなくて(上記のサイト見たら、東京でのライブ2回目だったみたいね)、

むしろみんな大トリのwhiteberryを見に来たみたいな空気で、
でもZONEが一番楽しそうだったなぁって思った。

あの日も暑かったなぁなんて思いながら、絶妙なところでかかるエンディング曲に涙してましたね。こんな神曲使うなんて[あの花]ずるいぞ!

おぉぉなんて脈絡のないブログなんだwwww
ちなみに、今これwikiとか見ながら書いてるんだけど、面白いデータみつけた。

一平さん曰く「悠に似てる」というじんたん。
こんなデータでした。

4月16日生まれ、B型、身長165cm、体重55kg、好きな色は赤。
おや…。
えっと、僕のデータも書きますね。
4月14日生まれ、B型、身長167cm、体重51kg、好きな色は青か赤(衣装やギターの色から赤を連想する人が多いと思う)。


えっと……似てましたww
おしまい!


あ、あと、僕あまりアニメみないので、有名な声優さんも知らないんですよ。
だから入野自由さんだって大して知らないので…おかげでじんたんがけだるそうにモノローグしたりすると全部[言の葉の庭]の男の子に聞こえてしまってうわーんでした。でもこっちの方がハマり役だった気がするな。


今度こそおしまい。好き勝手書いただけなのに最後まで読んでくれてありがと。いつも以上に乱文な自覚があるので読み返すこともせずこのままアップしちゃいますね。
↓Web Clapはつまり「イイネ」ボタンと同じ役割、かつ、萩原悠に直接コメントや送ることが出来ます。お試しください。



【テスト】T

この記事がお役に立ちましたら、シェアして下さると励みになります!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }