}

萩原悠Presents 2nd field 今年から企画ライブやります!

こんにちは、萩原悠です!

台湾でのDTM講師、PAの仕事ももうすぐ任期満了です。

もうすぐ日本に帰りますよー!

で、また音楽活動再開しますよー!



スポンサードリンク

萩原悠Presentsは2nd fieldへ


萩原悠Presents
萩原悠Presents、なんだか久々な響きですね。

軽くおさらいします。


2013年7月 萩原悠Presentsというライブパフォーマンスを開始



萩原悠Presents1 4
こちらは数々のアーティストのサポートや楽曲提供を通して、
萩原悠が本当に面白いと思ったステージを誰に遠慮するでもなく自分の身体を使ったパフォーマンス、
まさかの自分でボーカルまで取り行うライブステージでした。

萩原悠Presents Vol.1 君の知らない物語
萩原悠Presents Vol.2 コネクト
萩原悠Presents Vol.3 DESCOTHEQUE
萩原悠Presents Vol.4 BUTTEFLY(未完)


各方面でご好評を頂き(歌はアレやけど)、どのイベントでも会場の皆さんの一体となれることが強みでした。


2014年7月 萩原悠Presents EXTRA アニソンAssemblyをもって、活動休止


初の自主企画イベント、アニソンAssembly

ASSEMBLY特典ロゴ 修正版02 01 2
8月からDTMの講師、PAをするために台湾に行くことが決まっていたので、
最後にみんなでお祭り的なイベントをやりたいという思いで敢行。

あのときは持ってるもの全て出し切って、
グッズも作って、
台本も事細かに書いて、
メドレーも沢山やったし、
ルパンライトカーニバルも初のバンド演奏Ver.やったし、
映像も作って投影したし、
なんか変な茶番もやったし、
チャンネルプランも照明プランも書いたし、
カーテンの開け方まで何度も調整したし、
衣装も8着、ギターも6本用意するし、
自分まさかの63曲参加するし、

なんかそういう大掛かりなことをやっていました。



2015年7月 萩原悠Presentsは次のステージへ


もともと萩原悠PresentsはVol.4まででひとくくりと考えていたので、
次からはまた違った展開の仕方をします。

Vol.4までは自分1人を主体として動いて来ました。
次のステージではもう少し大きくなります。



帰国後、萩原悠企画イベントやります!


もちろん作曲家としての活動は続けていくのですが、
これからは準定期的にライブイベントも主催していこうと思ってます。


それこそ企画イベントといえば、

去年の7月19日に
萩原悠Presents EXTRA アニソンAssembly
を行いました。

あれは台湾に来る前のお祭りとして取り組んだのですが、


今考えてるのはそうじゃなくて、

もう少し日常的なもの。

定期で続けて行くことによってイベントと萩原悠と出演者が相互に成長し合えるイベントを作ります。


じゃあ成長ってなんだ?


これが大きな課題になりそうです。
この言葉だけだと抽象的すぎるよね。
言うだけなら誰にでも簡単に言えてしまいます。


イベントの成長って?


知名度?

集客?

むしろなんのためにイベントがあるのだろう。




出演者の成長って?


歌唱力?

表現力?

むしろなんのために出演するのだろう。


萩原悠の成長って?


つまりなんのために企画するのだろう。

 


沢山考えて、ようやくいくつかの答えが出たとこなのです。

これからそれを実現していきたいと思います。


もう1つ大事なのは、お客様です。


4 11
萩原悠がいて、出演者がいて、イベントがある。

もちろんスタッフの存在もいわずもがな。

それだけではイベントは出来ないんです。


お客様です。



お客さんなくして僕らはステージに立てません。

お客さんのいないステージはもはや豪華なリハスタです。

出演者をステージに上げてくれるのはお客さんなんです。


僕はそんなお客さんに満足してもらえるイベントを作ります。

じゃあお客さんの満足ってなんだ?


これについてを一番何度も何度も考えました。

人の満足ってなんだろう、
ライブってなんだろう、
この超インターネット時代にわざわざ時間とお金かけてライブハウスに行く理由ってなんだろう、

それでいて定期的な開催を約束出来るもの、
そして萩原悠のやりたいことにも合っていること、

難しいですよねぇ。

そう、結局は萩原悠のやりたいことはなんなのかってとこなんですよ。

それがブレるとクオリティも上がらないし継続出来ないわけですね。


何ヶ月も考えて、ようやく固まってきましたよ。

まだ秘密だけどな!


今後の展望


実は既にいくつか日程を抑えてあります。

が、今はまだまだ公開出来る状況ではないので、
もう少し準備が整ったら必ずここで発表したいと思います。

これでようやくウェブサイト萩原悠.comも本領発揮できそうですね。

これからも萩原悠(→@hagiwarau)をどうぞ宜しくお願いします。




【テスト】T

この記事がお役に立ちましたら、シェアして下さると励みになります!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

img { max-width: 100%; height: auto; }